お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

カテゴリー「XPERIAアンバサダー」の記事

2017年3月10日 (金)

ジャンクで買った #XPERIA AとZが修理から帰ってきた #XPERIAアンバサダー

先月末に購入した2台のジャンクのXPERIA

1台目はXPERIA Z(SO-02E)、SIMカードを認識しないというもの。

2代目はXPERIA A(SO-04E)、タッチパネル不良というもの。

先日ドコモショップ経由で修理見積に出していたものが返ってきた。

結果は・・・

SO-04Eについては当初の予想通り無料修理。

修理結果票を見ると、タッチパネル不良に伴いフロントケース(液晶、タッチパネル一体となった部品)の交換。さらに通信通話系ICの故障を確認したのでメイン基板の交換、USB接続口カバーの故障による防水機能低下が確認されたのでUSB接続端子カバーの交換、修理都合によりリアケース交換となっている。いや、これって修理結果票を見る限り製造番号も変わっているので丸ごと交換となっているようだ。丸ごと交換したという都合のためにリアケース交換となったということなのでは?

SO-02Eについては、メイン基板交換が必要で21600円という見積もり結果だったので修理については断念。Wi-Fi環境ではそのまま使えそうなのでWi-Fi専用機に。

SIMを認識しないので毎回言語設定とか初期設定が立ち上がるんだけど、あれってrootとって初期設定ウィザードのapkを凍結しちゃえば止まるよね?

ジャンクで買ったXPERIAが無料で新品同様に生まれ変わったのはZ1に続いて2度目である。

なお、XPERIA Aの修理受付期間は今年の9月までである。それまでの間にタッチパネル不良が起こった場合は無料修理してもらえるはず。タッチパネル不良のジャンクを見つけた際はお買い得かもしれない。もっともドコモオンラインショップでは現在一括1080円で処分されているけれども。(こちらで買った場合でも修理受付は9月末までとなるので注意)

どちらの端末もグローバル環境ではLollipopまでアップデートが提供されているし、Aの場合は初音ミクモデルのROMを焼くということもできる。さらに154氏のカスタムROMを焼けばマシュマロ環境まで動作するというではないか。

とりあえずこの2台のカスタマイズでしばらくは遊べそうである。

2017年3月 1日 (水)

ジャンクでXPERIA Z(SO-02E)とXPERIA A(SO-04E)を入手してきた

2月末、一気に2台のXPERIAを入手

今回入手したのはZとA、Zシリーズの初代モデルと当時のドコモ2トップのひとつである。

ZはヤフオクでSIM認識できないというもの、Aはポン橋でタッチ不良のもの。ともに水没無し、液晶表示問題なし、外観Zは多少の使用感、Aは美品である。

Aの液晶タッチ不良、実はドコモで無料修理対応してもらえるらしい。例え保証期間が過ぎてようが、ドコモとの回線契約がなかろうが。ZのSIM認識不可って修理したら高いんだろうか?とりあえず見積もり中。

というわけでミッシングリンクの一角がまた埋まった。

以下、所有しているXPERIA

All_xperia

XPERIA(X10)、SO-01B、ThGO2、2.3.3

arc、SO-01C、LT18iROMで01C偽装、4.0.4

acro、IS11S、2.3.4

ray、SO-03C、ThRay、4.0.4

Play、SO-01D、2.3.4

NX、SO-02D、LT26iROMで02D偽装、4.1.2
acroHD、SO-03D、4.0.4

acroHD、IS12S、モック

GX、SO-04D、154ROM、4.1.2

SX、SO-05D、154ROM、4.1.2

AX、SO-01E、LT25iROMで01E偽装、4.3

AX、SO-01E、4.1.2
AX、SO-01E、4.1.2

VL、SOL21、4.1.2

Sony Tablet P 4.0.3

Z、SO-02E、4.4.2

Tablet Z、SO-03E、SGP321化、5.1.1

Z1、SO-01F、C6903化で01F偽装、5.1.1

Z1、SOL23、4.4.2

Z1f、SO-02F、Z1Compact(D5503)化で02F偽装、5.1.1

Z1f、SO-02F、4.4.2

Z Ultra、SOL24、C6833化でSOL24偽装、5.1.1

Z2、SO-03F、モック

ZL2、SOL25、モック
ZL2、SOL25、モック
ZL2、SOL25、モック
Z3、SO-01G、5.0.2

Z3、SOL26、5.0.2

Z3、401SO、モック

Z3 Compact、SO-02G、SO-04G化で02G偽装、6.0.1

Z3 Compact、SO-02G、6.0.1

Z4 Tablet、SO-05G、6.0

Z5 Compact、SO-02H、6.0

Z4TとZ5C、AXとZ3Cの各1台のみノーマル、他はROOT化もしくはカスタムROMとなっている。

ここに無いXPERIAでもう要らないからあげるよっていう神様は連絡ください。

2016年12月 4日 (日)

Xperia タッチアンドトライイベントin西宮に参加してきました。 #XPERIAアンバサダー

XPERIAの新製品が発表されるたびに実施されていた XPERIAアンバサダー タッチアンドトライミーティング。

当然冬モデルが発表された後も実施されるだろうと思って、そのつもりでいたのにまさかの10月31日をもっての終了である。

しかし、その後も引き続きタッチアンドトライイベントは継続して実施されるということで、XPERIAタッチアンドトライイベント2016WINTERが12月3、4日の二日間、阪急西宮ガーデンズで行われるということを知ったので見に行ってきた。

001
会場では高速カメラの体験、水洗いできる防水体験、カバーやEarの体験、moraによるハイレゾ試聴、Z5のアンバサダーミーティングで登場し受けていた一人映画館体験等々、そして各コーナーを回ってスタンプを4個もらうと参加できる抽選会で構成されていた。

中央の大画面モニターは現在CMで流れている「VOICES Piano ver. ~featuring 大井 健」が流れている。

まずは防水体験、XPERIAを水の中にドボンとつけてしまい、取り出しても何ともないことをアピールしているのだが、さすがにここではお姉さんは水着でプールにってことはやってない。

うちの次男「パパのも入れよう」とZ3を同じく水中に投入しようとする。「おぃっ、それはあかん!」お姉さんが笑ってみてる。

続いて高速カメラ体験、XZと手持ちのスマホで同時にLCDオフの状態からカメラを起動して写真を撮影するまでのタイムトライアル。Z5C、Z3、Z3CとXZで比較。なぜかZ5Cの方がZ3Cより遅いという結果に。もちろんXZがぶっちぎりの速さ。

一人映画館、XPERIA Z5のアンバサダー タッチアンドトライミーティングで初お目見えした頭からかぶる箱が今回は何個も並んでて4K動画を見られるようになっていた。しかも子供用まで用意されていた!

ちなみにここだけはZ5 Premiumでの体験。

002

003
自分の両サイドで子供用をかぶる二人の息子。

いい感じです。ものすごく引き込まれる。ただちょっと蒸し暑くなってくる。アンバサダーミーティングでも言ったけど、今はやりのVRと絡めて、これぜひオプションで出してほしい。

子供に一番受けてたのが、ARエフェクトで撮影した子供の顔をTVモニターに映し出したとき。

顔認識で目や口から光線を出したりで大うけ。撮影しているお姉さんもニコニコしてずっと撮影している。そしてその様子をバシバシとデジイチで撮影している記録係のスタッフのお兄さん。そのほかのコーナーでもやたらと撮影されていたうちの息子たち。WEBに掲載とかされるのかなぁ。それともスタッフ内の記録として残るだけ?

抽選会は家族4人で、C賞ばかりでXPERIAロゴのボールペンが3本と初音ミクとのコラボのクリアファイルをもらった。A賞だとXPERIAロゴのタンブラーとかトートバッグ、B賞がポーチだったかな?ポーチってXPのアンバサダーミーティングでもらったやつと同じもの?

自分たちの後にやっていたカップルだか若夫婦だかは二人そろってA賞、うらやましい。

あと、XPERIAユーザー限定のアンケートってのがあって、500円分のQUOカードがもらえるということで、家族全員にXPERIAを持たしていた(妻はもともとユーザー)んだけど、アンケートの量が半端なくて結局自分だけが参加。

今お持ちのXPERIAは?なんて質問があったりで、書くの大変だったわ!

アンケートが終わったらスタッフさんにインタビュー撮影させてほしいと頼まれる。いったん断ったけれども、社内でスタッフが見るだけで公開されるものではないと言われたので答えることにした。

質問は、XPERIAをどれくらい使っているかとか、どういう使い方してるかとかいったごく普通の内容なんだけど、ついつい熱が入ってしまい、ray、SXクラス、Z Ultra、タブレットの後継機を熱望してしまった。あとやっぱり言ってしまったのがアンバサダーミーティングの再開。

スタッフの方は、今また違った形でユーザーの方に参加していただくものを考えているといわれていたので、今後に期待したいなと思う。

アンケートとインタビューに答えたのでQUOカード(XPERIAオリジナルデザイン)2枚をもらった。

004
このQUOカード、もし使ったとしても、使い切ったときに返してもらわなきゃ。

なお、このイベント4日も阪急西宮ガーデンズで行われているし、10、11日はイオンモール福岡、年明け1月7、8日はイオンモール名古屋で実施されるので、XPERIA好きな人はぜひどうぞ。

2016年11月14日 (月)

XPERIA Z3 Compactに続いてZ1f、Z5 Compact、Z1を修理した #XPERIAアンバサダー

バッテリー膨張を起こしたXPERIA Z3 Compactをドコモの修理に出したら無料で修理してくれた話は以前にこちらで書いた。

Z3、Z3 Comapctについてはその後ドコモから各販売店に対して無料修理対応という話が降りてきているとのことで、今ではすんなりと無料で修理してくれるそうである。

自分の場合は実はその後にもいろいろとXPERIAを修理しているのでその話を。

9月、妻のZ1fのリアパネルが浮いてきた。状況的には以前の自分のZ3 Compactと同一である。内蔵電池が膨張しバックパネルを押し上げている状態であり、このままではいずれメイン基板を圧迫しフロントパネル側にまで異常をきたすかもしれない。

ちなみにこの端末で契約した回線は既に解約済みで購入から2年以上たった白ROMである。

ドコモのサポート情報によるとこの機種の電池交換費用は8,800円。Z3 Compactと同額だがひょっとしたらZ3 Compactみたいな対応になるかもしれないということで、ドコモに修理見積もりを依頼した。なお預かり時の受付内容はケースが破損している。

10日程たって見積もりが完了、そこには修理費用として税込みで6,192円の金額が。

あれれ、無料にはならなかったか、でも正規の電池交換より安いやということで、余ってるdポイントを使って修理。

修理内容はリアケースの故障を確認、リアケースの交換、他にもmicroSDカード挿入口の破損、電池の故障を確認したのでメイン基板、該当部品を交換。

となっていた。これっていわゆるリフレッシュ品との交換じゃないのかなぁ。

続いてZ5 Compact。現在使用中のメイン機種なのだがこちらも電池膨張による背面パネル浮き。まだ一年たってないのに。

DSに持ち込み話をすると電池交換をすると8,500円。補償サービスを使えば7,500円なので補償サービスを使った方が安くなるし、電池以外にも悪くなっているかもしれないけれど丸ごと交換されるから、こっちのがいいと説明される。

まだ一年もたってないのにって言うと電池は保証対象外だからと言われる。いやいやZ3やZ3 Compactは2年以上たってても無料対応してるやんと食い下がるが、代理店サポートにも問い合わせしてもらってZ5シリーズではまだ何も話が降りてきてないと言われる。今後Z3系のように多発すればまた対応が変わるかもしれないが今はできないと言われ、仕方なく補償サービスを使って交換。翌日にリフレッシュ品が到着。

最後に9月にゲオのオープニングで買ってきたジャンクのZ1。過去記事では「見た目、特に異常なし。液晶表示は正常なるも1mm弱の傷がひとつあり、注意しないとわからない程度。操作も正常。IMEI判定○。WiFi正常。SIM認識正常。」と紹介してるだが、まぁそれなりに使用感はあったのだが、その後使用していて電池が全く持たないことが判明していた。

満充電してもだいたい30分程度でシャットダウンしてしまうのだ。完全初期化を行って素の状態でもそうなのでソフトウェアの問題でないことは明らか。xdaで公開されていたXPERIA専用のバッテリーテストアプリを使用すると電池が劣化していると判定されていた。

Z1はドコモで交換すると9,400円。ebayで電池だけ購入して自分で交換すれば3,000円もかからないのだが、ジャンク品だったのもあり、電池だけが悪いのかどうかの判断ができないので、とりあえずこれもドコモにも見積もり依頼してみた。

DSでは電池交換で預かろうとしたので、とりあえず他にも悪いところがあるかもしれないので修理見積もりで依頼。受付内容は「電源が落ちる、再起動する」

2週間ほどしてメッセージRでドコモから検査・修理完了のお知らせ連絡「検査の結果、修理対応が不要と判断させていただいた場合には、確認試験を実施した上でご返却させていただいておりますのでご了承ください。」とあるし、代金が0円となっている。

少し早とちりしてしまい、修理不要で返却と捉えてしまい、即リペアセンターに問い合わせ。

「どういうことなの?」、お姉さんが詳細を確認してくれて「検査をした結果、電源が突然切れたり再起動するといった現象を確認できずに、修理をする必要がなかったということです。」

何だって!「あのぉ、電池がへたってたりとかで電源が落ちてしまうということじゃないんでしょうか?」と問い合わせるとお姉さん「はい、メイン基板は問題なく修理は不要とのことですが、電池の故障とmicroUSB接続口のカバーの破損、フロントケースの故障が確認できたとのことですので、こちらの方は交換させていただいて返送させていただいたとのことです。

「えっ、そうなんですか。ありがとうございます。」

メッセージRで届く検査・修理完了のお知らせの文面が不親切なんだよ。

というわけで、連絡の二日後には修理完了品が手元に届いたのである。製造番号は変わっていないし、サイドパネルにあった細かな傷等は確かにそのままであるが、フロントにあった1mm弱の傷ももちろんなく、って言うかこれ書いてないけどリアパネルも交換されてるよね?

ってことで、バッテリーがらみの修理でZ1とZ3 Compactは無料、Z1fとZ5 Compactは有料修理という対応だった。

どういう基準なの?ひょっとして受付時の申告内容とかにも左右される?





2016年9月24日 (土)

ゲオモバイルで買ってきたジャンクスマホをセットアップ

先日、ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店で入手してきたジャンクスマホ5台。

早速初期設定をしてみた。

XPERIA GX SO-04D
 まず見た目、落下傷と思われる傷が液晶の縁に少しある程度

 電源を入れてみると何ら問題なく起動してくるし、液晶表示、操作も正常っぽい。
 何がジャンクなのかわからない。IMEI判定は○。WiFi接続も問題なし。
 それなりに古い機種なので、付属品等が全くないという理由でジャンク落ち?
 OSを最新ビルドに更新後rootkitでroot化しCWMをインストール。
 オリジナルからドコモアプリ等を削除してカスタマイズされた154ROMに入れ替え。

XPERIA Z1 SO-01F
 見た目、特に異常なし。液晶表示は正常なるも1mm弱の傷がひとつあり、注意しないとわからない程度。操作も正常。IMEI判定○。WiFi正常。SIM認識正常。
 OSを最新ビルドに更新してroot化しようとして失敗。
 ひとつ前のファームウェアに入れ替えてroot化&TWRPインストールし、prerootedを使って最新ビルドへ。

XPERIA Z1 SOL23
 充電端子キャップ欠損、他は異常なし。液晶、操作正常。IMEI判定○。WiFi正常。
 当初、充電中に定期的にバイブレーターがブルブル振動する状況が見受けられるも、充電終了後は正常動作。SIMも認識。
 SO-01F同様にroot化&TWRPインストール。

XPERIA Z Ultra SOL24
 充電端子キャップゆるゆる、液晶表示、操作正常。WiFi正常。IMEI判定△、これがジャンクの理由?
 Z1同様にroot化&TWRPインストール
 いずれSIMロックを外してグローバルROMを入れる予定。

XPERIA Z系スマホはこれまでZ1f、Z3(SO-01G、SOL26)、Z3C、Z5Cと所有していたが、今回Z1を2台入手し、Z1系とZ3系はいずれもドコモモデルとKDDIモデル+コンパクトの3台という形になった。

MEDIAS W N-05E
 これも外観問題なし、液晶、操作、WiFi正常、IMEI○
 本体のみで古い機種だからジャンク?
 NECのスマホといえば、一番初期のN-04Cが当初酷評だったにも関わらずOSアップデートで意図せずテザリングが可能になったり、SIMフリーになってしまったりで一気に神機に化けたりもしたのが懐かしいが、この機種は2画面ってこと以外に何か売りはあるのかなぁ?root取るのも大変そうだし本当にコレクションか。
 変態端末も一部のガジェオタにだけ受けて、一般人には売れなかったんだろうなぁ。
 結局NECはこの次のモデルN-06Eを最後に国内スマホから撤退する。
とりあえず、現状はこんなところである。

ちなみに後で知ったのだが、Z3CやSOL24が1,880円とかいうのもあったらしい。

2016年9月21日 (水)

ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店でいろいろ買ってきた。 #XPERIAアンバサダー

ゲオモバイル大阪駅前第3ビルの地下二階にゲオモバイルが本日オープン

ほんとにたまたま休暇を取っていたので、覗きに行ってきた。

オープンは11時、数分前に到着したらすでに開店していて、何人もの人がジャンクを漁っている。

とおりがかりの人が、「ジャンクって何?」って連れの人に聞いていて、もう一人の人が「ジャンクってのは故障してるとか、保証なしやけど、ほら今やったら壊れてても1万円とかで下取りとかしてくれるやん。」「じゃあこれいっぱい買って持っていったら儲かるやん。」

もう、こんなやつらがいるから純粋にその機種が欲しい人が入手できないんだよ。

というわけで、人だかりの中に潜り込む。とりあえず狙うは持ってないXPERIA系である。

オープン記念セールでかき集めたのか、少なくとも自分はこれだけのジャンク携帯電話を見たことはない。

この近くだとゲオのジャンクは日本橋、三ノ宮、くらわんか、八尾辺りで売られているけれど、量的には三ノ宮が一番だろうか。で、今日の駅前第3ビル店は三ノ宮の10倍近くのジャンクが揃っていた。

狭い通路を大の男が何人もジャンク漁りをしているのだが、早い人はすでに十台以上ものジャンクをかごに入れている。

ほんと転売ヤー、勘弁してよ。

XPERIA系ジャンクで確認できたのは、SO-01C、SO-02C、SO-03D、SO-04D、SO-01E、SO-02E、SO-04E、SO-01F、SO-02F、SO-04F、IS11S、IS12S、SOL21、SOL23、SOL24、SOL25くらいかな。

ジャンクワゴンを物色すること約一時間で、キャッチアンドリリースを繰り返し、最終的に確保したのはこれ。

Geojunk

左上からZ1(SO-01F)、Z Ultra(SOL24)、Z1(SOL23)、下左からMEDIAS W(N-05E)、GX(SO-04D)の5台。

このうちSOL23とSO-04Dは\2k以下。SOL24はイオシスの最安中古より約\15k安、SO-01Fはイオシス最安中古より\4k安、N-05Eはイオシス最安とそう変わらないけど、普通に中古だとたぶん倍くらいするかな?これはXPERIAじゃないけど、この変態端末は思わず衝動買い。

これで未所持だったXPERIAがまた揃った。これでSONY機は22台?

ジャンクにしては少し高めで中古よりは安いってのも買ったけど、まぁ開店記念のご祝儀ってことにしとこっと。

見た目、SOL23は充電端子のカバーが欠損、SOL24の充電端子のカバーがゆるゆるくらいで、後の3台も特段大きな傷もなく、その場で電源を投入して液晶表示にも問題がないことを確認できた。

Z1もZ UltraもグローバルROMでロりまでは行けるし、GXもカスロムが開発されているからいろいろ遊んだり実験したりするのによさそう。

屏風(N-05E)は、純粋にコレクションかなぁ。人に見せびらかすためってところか。

ちなみに他にも充電器だとかケーブルだとかいった周辺機器なんかも100円~といった破格値で売られてた。エレコムのタブレット用スタンド型ハブ(U2HS-S401SBK)なんかも100円だったので確保してきた。

とりあえず今は自宅に帰って充電し、全機Wi-Fiが問題なく接続できているところまでは確認できている。

あの量だと、もうしばらくの間は在庫はあるだろうと思う。

梅田という便利な場所にあることだし、興味のある人は一度覗いてみては。

あ、そうそう。ジャンク漁りもいいけど冷静にならないと、同一機種でガラスケース内の中古より高い値段が付いてるものもあるので要注意。

2016年8月20日 (土)

SO-05Dは5GHzでステルスのAPに接続できない?  #XPERIAアンバサダー

先月末にSO-05Dを買って、先日ようやくLink2SDが動きとりあえず使える環境が構築できた。

機種に関する情報を入手しようといろいろ探していて、とりあえず掲示板2ちゃんねるの機種別スレッドを見てみた。

docomo Xperia SX SO-05D Part49 [無断転載禁止]©2ch.net

このスレの中で、SO-05DはSSIDステルスを有効にした5GHz帯のAPには接続できないとか書かれていた。

ん?うちは5GHz帯のAPでステルス設定だけどつながってるよなぁ。と思っていたら他にも同じような人がいたらしい。「うちは普通につながる」と書き込みをしていたのだが、その後もみんなから「SSIDステルスってのが解ってない」だとか、「2Gと5Gの区別もついてないんじゃないか」とか言われてさんざんである。

ちょっとかわいそうになってきたので、援護射撃というか我が家の環境で再確認。

我が家のルーターはNECのWG1800HP、2ちゃんねるに書き込んだ人と同じNEC製だ。


Router2
これがルーターの設定画面、SSIDステルスになっているのがわかると思う。ちなみに設定している「SSID」は「001D*******A-2」、画面にはないが2.4GHzの方は同じSSIDで末尾が「-1」となっている。
なんでSSIDがバッファローのIDなんだってのは、もともとバッファローのルーターを使っていたのをNECに買い替えたからで、端末台数が多かったので端末側の設定を変更するよりルーター側の変更のほうが手っ取り早かったからという理由である。

そして、こちらがそのAPに接続されているSO-05Dの画面

05d5ghz
SSIDを見てもチャンネルを見ても明らかにルーターの設定と同じ5GHzのAPに接続されているのがわかると思う。BSSIDを見てもNECのルーターに5GHzで接続されているのが明らかである。
ちなみに我が家は固定IP運用である。

というわけで、何の問題もなくつながることの証明は終わり。つながらない人たちとは何が違うんだろう?

問題はスレの中の人たちがここを見てくれるかどうかだけど・・・(自分で2ちゃんねるに書き込むのは気が引けるので)

2016年8月15日 (月)

XPERIA Z3/Z3C/A4がOSアップデートでFM補完放送にも対応した #XPERIAアンバサダー

以前、「XPERIAでFM補完中継局を受信する」という記事を書いた。

90~108MHzを使って行われている中波放送の中継波を受信するという内容でZ5 CompactのFMラジオは切り替え無しで76~108MHzを受信可能だが、ほかのXPERIAでは地域設定を変更すれば可能、ハードウェアは対応しているんだからソフトウェアのアップデートで対応してほしいということを書いた。

さて、先日OSアップデートが配信されたXPERIA Z3/Z3 Compact/A4であるが、FMラジオが地域設定なし(日本のまま)で76~108MHz受信可能になっていることを確認した。

5.0.2のまま行われた充電最適化アップデートの時にはFMラジオアプリはそのままだったので、OSアップデートで対応されたようだ。

これ、アップデート情報のなかにも記載されてないっぽい。

これでFM補完放送が簡単に受信可能となった。

ちなみにZ4 Tabletも今確認したら対応していることを確認した。どうもこちらもMashmallowアップデートで対応したようだ。

XPERIA SX(SO-05D)を入手 #XPERIAアンバサダー

もう先月の末の話になるけれど、XPERIA SX(SO-05D)の中古を入手した。

世間的に今の時期に入手となるとドコモオンラインで売られていたZ4ってところなのかもしれないけど、今回はSXである。

SO-05Dといえば、SO-04Dとともに発売された国内XPERIA初のLTE対応モデルで、XPERIA ray(SO-03C)の直接的な後継機種。

そのサイズは115 × 54 × 9.4 mm、ディスプレイは3.7インチ、重量95gという小型サイズで、rayを愛用していた自分としてはSO-04Dよりもこちらのモデルのほうが欲しかったのだが、当時は部品調達の関係からかなり製造台数が少なかったようで品薄で、また製造期間もかなり短かったようですぐに市場から消えてしまった。

そのSXであるが、先日大阪の某家電量販店の中古機売り場で安く売られているのを発見した。その店にはSXが3台売られていたのだが、そのうちの一番安いものは程度Cランクとなっていたのだが、外観を見る限り特に傷は見当たらない。POPの注意書きを見ると本体とはこの製造番号が異なるとなっていた。

とりあえず店員を呼んで、ガラスケースから出してもらい見せてもらう。

やっぱり外観上の傷は全くと言っていいほどない美品である。電源を入れてみてもディスプレイも正常。店員が使うには影響ないが、箱と本体の製番が違うのでと説明をしてくれる。

これって、何らかの理由で本体が交換処理されたものらしい。ひょっとしたら売る前に端末補償を使って交換したのかもしれない。ってことは本体はほとんど未使用?

ランクCの理由はどうみてもそれしかなさそうである。

次の瞬間には「これください」と言っていた。

ちなみに量販店のポイントと楽天ポイント、さらにauウォレットのポイントを使ったので一円も払わなかった。

これで、ray、acroHDとAX/VLの間の隙間がひとつ埋まった。

SXって電池もちが悪いという印象があったのだが、OSアップデートでその辺りもかなり解消されているらしい。電池もrayのパックと共通でよし。

ray同様に本体メモリ容量が少ないので調べたところ、154氏がカスタムROMを作られているということを知り、早速入れ直し、これで煩わしいドコモアプリが消えた。

あとはLink2SDを使ってSDカードにアプリを退避させればいいかな?SXやrayを常用している人ってどうしてるんだろう?

Nexus 5Xに入れてあった0simをSXに移動し現在使用中。

やっぱり小さいのはいい!

そういや兄弟機種のGXにはCM13まで動くらしいけど、SXとGX、AX、VLってSOC同じだったんじゃなかったっけ、このCM13って動かないのかなぁ?

ちなみに先週末にau版iPhone4sの16GB(これもほとんど傷なしの美品だった)が\3k以下だったので、これまた衝動買いしてしまった。(4s持ってないんだよね。)

2016年7月16日 (土)

XPERIA Z3 Compactの電池がご懐妊、まさかの無料修理 #XPERIAアンバサダー

ここ最近、Twitter上でXPERIA Z3及びZ3 Compactのバッテリーが膨張しガラスの背面パネルが浮くというトラブルが立て続けに報告されているようだ。

詳細はこちらのサイトにまとめの記事が紹介されている。さらにはこれが原因なのかタッチパネルの不具合も出ているようである。こちらの記事

実は自分が持っているZ3 Compactも先月始め頃にふと気が付いたらリアパネルが浮いていた。

普段はハードカバーをはめているので気が付かなかったのだが、何かの機会にふと外してみたところ、明らかに浮いていたのである。

よくよく見ると電池パックが膨張してバックパネルを押して浮いていた。現在だと妊娠3か月ってくらいだろうか

このZ3 Compact、購入は昨年の春でとっくに一年以上が経過。もちろん補償サービスにも入っていない。購入した回線もすでにZ5 Compactに機変している。

調べてみるとZ3 Compactの電池交換は有料で7950円。ebay等でバッテリーパックだけ買って自分で交換するという方法もあったのだが、時間的余裕もないし、防水処理にも少し不安が残る。既にメイン機はZ5 Compactに移行しているし、Z3もZ1fもあったし、7月に入ってからはXPERIAアンバサダーでX Performanceも借りていたので、さほど不便を感じることもなくそのまま自宅に放置してあったのだ。

そして先月26日、やっぱりきちんと修理しておきたいなという気持ちが大きくなり、ドコモポイントもたまってきていたので思い切ってDSに修理に出してみた。

この時にDSで聞いた内容は、修理費はいくらかかるかは調べてみないとわからない。最低880円から53460円の範囲内となるので、いったん見積もりを出してその結果修理するかどうかの判断をしてほしいということであった。

そうして待つこと11日、7月7日にメッセージRが届く。見積もり結果 22572円!(税抜20900円)

ちょお~っ、なんでこんなにするんだ?電池交換にバックパネルの交換くらいで10000円程度だろうと思っていたのにこれは高すぎるだろ。

14日までに意向を回答しないとキャンセル扱いで返品されるという。

しかしドコモリペアセンターの受付時間は平日の10時から18時までの間のみ。なかなか連絡をすることができないまま日だけがどんどん経っていく。

そうこうしている間に最初に書いたネット上でも同様の不具合が最近目立ってきていることを知る。

仕方ないな、2万の出費は痛いけれど、きちんと修理してもらおうかと思い始めたのが12日の朝。そしてその日にドコモからZ2、Z3、Z3C、A4のいたわり充電機能追加のアップデートが開始される。

とりあえず修理するにもこの金額はちょっと納得いかないので、見積もりの詳細を聞いてみることにして、13日の昼休み慌てて食事をしてからリペアセンターに電話をかける。

かなりの時間待たされ、いったんは切られ、二度目の電話でお姉さんにつながる。

見積もりをもらったけれど、電池の交換だけで済むと思っていたのにあまりにも高い。なんでこんなに高いのか詳細を教えてほしいとお願いすると、調べてくれた。

そこで聞かされた内容は「電池交換は無料、メイン基板の交換が必要とのことでこちらの部品代が10500円、技術料その他もろもろで10400円の合計20900円」

えっ、メイン基板が障害なのか、そりゃ仕方ないのか。使ってて壊れてるようには感じなかったんだけど、内部でおかしくなってたのか?でも電池は一年以上たっているのに無料交換なんだ。ここで先のブログの記事を思い出す。ん、まてよメイン基板の故障原因は電池の膨張に起因しているのではないのか?

お姉さんに聞いてみる。「電池交換は無料なんですね、それはわかりました。今回もともと電池が膨張したみたいで、バックパネルが浮いてきたために修理をお願いしようと思ったんですが、バックパネルが浮き上がるくらいの電池の膨張なら、前面にも圧力がかかってそれが原因でメイン基板に障害が出ている可能性は考えられないのでしょうか?」と聞いてみた。

お姉さんいわく、ここではそこまではわからないので見積もりをした部署に詳細を確認するといわれ数分待たされる。

結果、「お客様のおっしゃった通り、電池の膨張が確認できましたので、今回はメイン基板の損傷についてもこちらが原因であると判断いたしまして、無料対応させていただくということでよろしいでしょうか。」

キター!まさかの無料修理。 「では、一円も支払いはないのですね。」「結構でございます。この電話をもって修理受付とし、無料修理させていただきます。」

というわけで、20900円覚悟したのが無料になったのである。

13日に正式に修理依頼ということになるので、実際に端末が手元に戻ってくるのはさらに1週間から10日後くらいになりそうである。

メイン基板と電池が交換され、おそらくバックパネルも交換。ほとんど新品交換じゃないか。

先に紹介したブログでも書かれてあるが、今回のいたわり充電のアップデートといい、この対応といい、これはやはり設計ミスってことで、ソニーもドコモも内部では認めているってことなのかな。

記事の最後では、
一方、対応については発売からこれだけ時間が経っているので、修理の場合はほぼ間違いなく有償だと思われます。
ただ、ソニーもこういう時こそ潔く非を認めてバッテリー無料交換+背面パネル直しますよ!とでもアナウンスすれば一気にアフターケアが良い!と評判上げるんですけどね。

まあ、しないでしょうね。
と書かれてあるが、無料対応してもらえるケースもあるということで、ここで大々的に無料修理対応しますよってアナウンスできれば、さすがドコモ、ソニーと言われるのになぁ。

同一症状の障害が出ている方は一度DSに見積もり依頼をしてみて、リペアセンターと相談(交渉)してみてはどうだろうか。

より以前の記事一覧

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー