お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

カテゴリー「恋愛」の記事

2011年5月 3日 (火)

docomo カタログで3機種のAndroidアップデートを予告

先月30日、よく行くショッピングセンターの携帯電話機売り場に行くとdocomoの5月号カタログが早くも置いてあったのでもらってきた。

docomoのカタログでも完全にスマートフォンがメインの扱いになり、HT-03Aの現役時代からは想像できない変化ぶりである。

さて、そんなスマートフォンの各機種の紹介のページを見てみると、

P11にはMEDIAS N-04C 2011年夏、Android OSバージョンアップ予定(2.2→2.3)

P16にはREGZA Phone T-01C 2011年5月以降、Android OSバージョンアップ予定(2.1→2.2)

P17にはLYNX 3D SH-03C 2011年5月、Android OSバージョンアップ予定(2.1→2.2)

と3機種のOSバージョンアップ予定が掲載されている。

海外では既に実施されていて国内でも噂になっているGALAXY S/Tabの2.2→2.3への予定などは掲載されていない。もちろん現行機種ではないXPRTIA SO-01Bの2.3へのアップデート情報など載るわけ無い。海外では公式2.3の載ったX10の画像などが流出しているので、そう遠くない日に実施されそうな気がするけれど。

なお、BlackBerryの2機種については「spモードメールを受信する場合、最大15分程度メールが送れて届く場合があります」という注意が記載されている。

そういやBB以外のspモードメールの遅延は最近は無くなったのだろうか。

ちなみに現在のdocomoスマートフォンのラインナップはAndroid機が8機種、BlackBerry機が2機種、WindowsMobile機が1機種となっており、SC-01Bは現行機種扱いである。

さて以前にも書いたが、P19にはspモードの紹介がなされているが、相変わらずPOINT4として「Wi-Fiを利用したメール送受信が可能に!」と案内されているが、WindowsMobile機が対応していないことは一言も触れられていない。

また電話帳バックアップについては対応機種が明記されているにもかかわらず、コンテンツ決済サービスについては、Xperia SO-01B1、LYNX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01CおよびOptimus Pad L-06Cは対応していないということは書かれていない。WEBには記載されているのに。

相変わらず、何とも中途半端な紹介である。

2011年3月 7日 (月)

iPhone 3GにAndroid 2.3.2をインストール

以前にiPhone 3GにAndroid2.2をインストールした話を書いたことがある。

当時に使ったのはiPhodroidというもの。R13を使用していてR14は秋頃にリリースと言われていたのだが、出る出ると言い続けられ未だに出てこない。

実はiPhoneにAndroidをインストールするプロジェクトというものがもうひとつある。こちらはiDroidと呼ばれている。

iPhodroidのインストールにはPCが必要なのだが、iDroidのインストールはなんとPCが不要でiPhone単体で可能。

iPhoneから直接ダウンロードしてインストールするだけでiPhoneがiOSとAndroidのデュアルブート環境になることから非常に導入の敷居が低い。

もう数ヶ月も前にiPhodroidからiDroidに入れ直していたのだが、今回iDroidがアップデートし、Androidのバージョンが上がったとのことだったので早速アップデートしてみた。

USBで認識させることができないので、ADBによる画面キャプチャが無いのだが、インストールされているAndroidのバージョンは2.3.2にあがった。

とりあえず黒SIMにより音声による発着信と無線LANによるブラウジングについては確認できたが、相変わらず電池の消耗が激しく、またボタンが一つしかないので、電源ボタンも併用となり操作性も悪く実用にはつらい。

しかし人に見せてびっくりさせるくらいには十分である。

これで我が家で稼働しているAndroidはiPhone 3GとHT-03Aが2.3.2、GALAXY Tabが2.2、XPERIAが2.1となった。

そういえばHT-03Aで動くHoney Comb(Android 3.0)のカスタムROMが公開されている。こちらも近いうちにテストしてみるつもり。

あとは以前にも書いたかもしれないが、YoutubeだったかにあがっていたHT-03A同等機種で動くiOS4。これってROMイメージは配布されていないのだろうか。

2008年3月12日 (水)

DoCoMoでLOVE定額もどき

LOVE定額というと旧ボーダフォンのサービスで、月額315円(税込)で指定したソフトバンク回線1回線に対する音声通話、メールの通信料金が無料になるというサービスで、新規申込は2007年2月28日、既存ユーザーの申込も5月31日をもって終了となったサービスである。

もっとも現在はWホワイトとかホワイト家族24の定額サービスが行われているので、21時から1時までの間を除けばそんなにサービス内容は変わらないのかな。

ちなみにこのLOVE定額、一応恋人同士向けサービスということになっていたが、申込には関係なく、一方的な片思いでもはたまた同性の相手に対する指定も可能であったので、実はもっとも多く通話する箇所を指定するとかいう使い方も出来たし、ストーカーが勝手に好きな相手の番号を登録してとかいうのもあったのかもしれない。

さてドコモの2in1のサービスが拡充されて、更に4月からファミリー間通話が無料になることが発表されたわけだが、この2つのサービスをうまく使うと、LOVE定額的な使用が可能になる。

まず、自分の携帯に相手名義で2in1(B番号)契約をする。でもってB番号は相手の番号を親としてファミ割MAX50に加入。料金プランはタイプSS 2in1の月額\2100をファミ割MAXで\1050。もちろん相手の親番号自身もファミ割MAXに加入する。

こうすれば、自分のA番号と相手の番号との通話は従来通りだが、B番号(相手の子回線)と相手の番号(親回線)との通話は家族間通話で24時間無料となるのである。

月に\1,050の負担になるが、この2in1の料金はまるまる無料通話分となるので、親回線で分け合って使うことができるので実質無料という考え方もできる。

ちなみにPHSサービスがあった頃は、携帯電話の基本契約のプランが高い場合にPHSを子回線で一番安いプランで契約してファミ割を適用すると、割引率の関係で携帯電話一回線の基本料金よりも二回線分の料金の方が安くなるという逆転現象なんかもあったりして、ずっと活用させてもらっていた。

ドコモって法の規制でいろいろとできるサービス内容とかに縛りがあったりするんだけど、実はうまく使うと他社には出来ないことが出来たりしてしまうのが面白い。

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー