お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

カテゴリー「ニュース」の記事

2016年9月 5日 (月)

平成28年度880万人訓練を受信して

今年で5回目となる9月5日の大阪880万人訓練。

今年もいくつかの端末で受信テストを実施した。ただし、今年は自分自身が大阪府下にいなかったので朝の出勤時に電源を入れっぱなしにした端末を自宅に置いておくという方法での確認となったので、どの端末が一番早く鳴動したかとかはわからない。

まずau、音声契約のK006とSOL26、普通に受信している。解約済みのSIMが入ったままのiPhoneも受信成功。

ドコモのデータ契約のSO-01GとSO-05Fについても受信、音声契約のiPhone6ももちろん受信。

ドコモ契約のiPad mini3、受信できていない。よく調べたらiOSってiPadでは緊急警報の受信設定がそもそもできないのか。ダメダメやん。

SIMを抜いたままのNougatのNexus 5Xも受信不可。nexusシリーズってSIM抜きでも受信できるだろうと勝手に思い込んでたけど、今みたらこちらも緊急警報の設定がどこにもない。検索したら出てくるのでSIMを入れれば出てくるのかな?

0simを挿したエリアメール以外のドコモアプリを凍結&無効化したSO-02Fは正常に受信。ドコモ基地局をつかんでいるから当たり前か。

同じく0simを挿して154romをインストールしたSO-05Dも正常に受信を確認。

FREETELのKATANA01はどこにも受信している気配がない。一応調べてみたら、どうやらFREETELの端末は全機種未対応らしい。

Windows 10 Mobile自身は受信できる仕組みはあるらしいのだが、ビルドする際にそれを有効化しておかないとだめだそうで、今後Windows 10 Mobile端末を購入する人はチェックポイントの一つかも。

実は今年は準備不足で、朝の出勤前に慌てて何台かの端末の電源を入れていくことしかできなかった。

年に一度の大事な受信確認できる機会、来年はしっかりと準備して備えることとしよう。

ちなみに鳴ったり鳴らなかったりする理由は端末の種類と送られてくる信号の種類の組み合わせで受信できるかできないかが決まるし、ドコモとKDDIは一定の期間再送をしてくれて、再送電波を受信したときに端末内に受信した履歴があると破棄、なければ新着として受信する仕組みがあるらしい。(この辺はポケベル受信の仕組みの応用技術なのかな)

なお、ソフトバンクに再送の仕組みはないらしい。

詳しくはこのブログでも過去に取り上げているので興味のある人は読んでほしい。

そういや、この手の緊急警報ってマナーモードにしていても鳴動するのだが、フィーチャーフォンの一部機種でマナーモードではなく、メール着信音を0にしておけば鳴らないんだそうだ。

2016年3月 2日 (水)

XPERIAでFM補完中継局を受信する。 #XPERIAアンバサダー

FM補完中継局とは中波ラジオ(AM)放送の外国等からの混信対策やノイズ対策、さらに災害対策等のため、FM波を使って放送を行う中継局のことである。内容は中波ラジオ放送と同じサイマル放送であるが、当然FM変調で音質もよく、かつステレオ放送である。(そういや以前は中波ラジオのステレオ放送ってのもあったな。Wikipediaによると現在でもステレオ放送を実施している中波ラジオ放送は4局が行っているらしい)

このFM補完放送は地上TV放送のデジタル化に伴い空いたVHF-LOWバンド(旧1~3ch)である90~108MHzを用いて行われている。

大阪では昨日に在阪民放のラジオ大阪、朝日放送、毎日放送にFM補完中継局の免許が交付され、なんと生駒山上から7kWもの出力で放送が開始された。

ちなみに本来のFM放送局であるNHK-大阪FM、FM大阪、FM802などは当初NHKとFM大阪が生駒山から放送していたが、NHKが県域でFM放送を開始するにあたり、生駒からだと電波が飛びすぎるという理由から、海抜高度が約半分の大東市飯盛山に送信所が変更になったという経緯がある。その後新たに開局したFM802も同じ場所から送信されている。

飯盛山からの送信出力は10kW、約倍の高さの生駒山からのFM補完放送は7kW。

実際に確認してみないとわからないが、ひょっとしたら生駒からの電波の方がよく飛んでいるのではないだろうか?

さて、そんなFM補完放送を受信するには、90~108MHzを受信できるFMラジオ等が必要である。

今から5年以上前、かつ昭和52年ころ以降だとFMラジオでテレビ音声を受信できるようにFM放送の受信周波数範囲が76~90MHzになっているものが多かった。

しかし地上テレビがデジタル化して以降は90~08MHzを受信する需要がなくなったことから、再び76~90MHzが受信範囲となっている製品が多いようで、これではせっかくのFM補完放送が受信できない。

FMラジオ機能が搭載されているスマートフォンでも同じであるが、なんとXPERIA Z5シリーズに搭載されているFMラジオアプリは76~108MHzをそのままカバーしている。

FMラジオアプリを起動したら、そのまま90MHz以上にもチューニング可能であり、今すぐにでも受信可能である。

なお、Z5以前のXPERIAではどうなのか?Z3で確認してみる。

FMラジオを起動するとメニュー内に「ラジオの地域を設定」という項目がある。これを日本にすると76~90MHzが受信範囲、「イタリア/タイ」を選べば88~108MHzを受信範囲として設定でき、FM補完放送が受信できる。

また、もっと古いXPERIAではメニューによる切り替えは無く、日本のSIMが挿入されていれば日本の放送帯(76~90MHz)にセットされるというものもあるらしい。

つまりハードウェア的には十分カバーしているのであり、ソフトウェアで受信周波数範囲を制御しているのである。

これからますます増加するFM補完放送、スマホ製造メーカーにはぜひFMラジオアプリのアップデートを実施してほしいものである。

PS.試しにZ5CのFMラジオアプリを抜き取り、そのままZ3にインストールしようと試してみたが、普通にはインストールできなかった。また日を見てテストしてみたい。

2014年1月14日 (火)

大阪・伊丹空港のB747-400里帰りフライトを見に行ってきた。

1月12日、全日空のジャンボジェットB747-400が1日限りの伊丹空港への里帰りフライトを行ったので見に行ってきた。

詳細は既にいろいろなサイトで紹介されているので割愛。

この日のB747は朝6時に羽田発、7時20分に伊丹着のフェリーフライト。ちょうど同じ時刻に羽田発伊丹着のANA961便というのがあるので、おそらくこれの前後に飛んでくるはずとまずは羽田タワーを聴いてみる。

しばらくするとANA961が離陸していった後に、ANA9005というコールサインが聞こえた。聞いたことないなと思ってググってみるが、やはり定期便にはそういうのはない。おそらくこれがB747なんだろうなと推測。

タワーでなく、デリバリーを聴ければ確定できるのだが、あいにくこの時に聴いたのはタワーのみであった。

ANAのB747はFlightradarでは見えないが、幸いにも数分前に離陸したANA961、B787はFlightradarで位置を見ることができる。

しばらくして、東京コントロールから関西APPを経て大阪TWRに引き継がれ、大阪空港までの直線進入路に入ったころ、大阪市から南東の空に朝日を浴びるB787のシルエットが確認できた。

B7871

B7872


大阪市内を通過していくB787、B787の後から来るのがB747かと思っていたら、やはり先ほど羽田タワーで受信したANA2005便がAPPからTWRへハンドオフしてきた。やっぱりこれがB747か。そう確信した次の瞬間、明らかに先ほどとは異なるシルエットが!遠目にもエンジンが4基付いているのがはっきりと確認できる、間違いなくB747である。

B7471
B7472
大阪市の上空を真っ直ぐに大阪空港に向かって飛んでいくB747。

大阪市内からの撮影は終わり、そのまま伊丹市へ向かう。

伊丹スカイパークかスカイランドHARADAへと思ったが、朝の開園時にはすでに駐車場が満車だったという情報を入手していたので、空港へ向かうこととした。

空港へ着いてみると確かにすごい人である。展望デッキも人人人!

B747はちょうどANA格納庫で見学会を実施中でターミナルデッキからは見えない。天草エアラインが着陸してきたので撮影してみたが、向こう側のスカイパークの人の多さが確認できる。

Amx1
そうこうしているうちに遊覧飛行の客を搭乗させる時刻が近づいてきて、B747が出てきた。

B7473
B7474

トーイングカーに引かれ、13番スポットへ向かう。

B7475
見に来てくれた人々に手を振ってこたえる機長。ちなみにこの日の操縦士は2名とも関西出身の方だったそうだ。

しばらくすると、スタッフがぞろぞろと出てきた。これは歴代CAさんの制服だ。

B7476
B7477

B7478

スタッフが一列に整列して、手を振っている。この日特別開放されたフィンガーからもスタッフが手を振っている。

プッシュバック時にはスタッフ一同が深々とお辞儀。

B7479
B74710

今度は、ANA2051便として、RWY32Lに向かって進んでいく。

B74711
Cleared for take off

B74712
ちなみに遊覧飛行は東京湾付近まで行って、富士山などを見て帰ってくるコースだったそうだ。

B747が離陸して、今度はANA27、羽田発のB787が到着する。

飛行機大好きの次男(ちなみに幼稚園児)は、いつもタブレットでFlightRadarの画面を眺めていて、最近は伊丹発着のB787だとかB777が何便で何時発着なのかをある程度記憶しているらしい。タワーの交信も便名と「Cleared for take off」だとか「Cleared for land」だとかくらいは聞き取れるようだ。この日も、展望デッキで、タブレットでFlightRadarを立ち上げて、位置を追跡し、イヤホンでタワーを聞いていて、「パパ、もうすぐ27、787が降りてくるで」と自分に話しかけてくるのを、周囲にいた人が驚いて見ていた。

B7873

B787が降りてきてしばらくすると、空港消防の消防車が2台やってきた。

B74713
さらに、先ほどB787が着いた9番スポットと、B747が着く10番スポットの間には取材陣が大勢カメラを構え始める。

B74714
帰ってきた!

B74715
スポット入り口で消防車の放水による歓迎。ちょうどこのとき、747の後方をボンバルディア機が走行していて、スカイパークの方見ている人たちにははげしく邪魔になっていたようだ。

B74716

B74717

そして、出発時と同じくスタッフが一列に整列してお出迎え。なおこのとき、「ありがとう」と一文字ずつ書かれたプラカードを持って並ばれている。

B74718

B74719
B74720

お疲れ様でした。一同礼。

今度は32便羽田行のB787がプッシュバック開始

B747b787
B747b7872
ANAの新旧の主役の入れ替わり。「約40年もの長い間、お疲れ様でした。これからは任せてください。」そんな声が聞こえてきそうだ。

B7874
これはおまけ。阪急西宮ガーデンズの屋上から捉えた、離陸後左旋回していくB777-200である。

B777
なお、B747は3月31日の羽田-那覇の往復便をもって完全退役となる。


2013年5月 6日 (月)

着陸後にエンジン火災を起こした日本航空の小型ジェット機を偶然撮影していた。

NHK大阪のニュースによると、5月6日午後0時15分頃に、ジェイエアが運航する大分発大阪(伊丹)行きの日本航空2362便、ボンバルディアCRJ200型機が着陸後に駐機場に向かっていたところ、エンジン火災の表示が出たとのこと。

火災表示は右側エンジンの一つ、パイロットが消火装置を作動させすぐに消し止められ、乗客52人と乗員3人はけがなし。

とのことである。

ちなみに今日はなんと偶然にも伊丹に飛行機を見に行っていて、エアバンドを聞きながら写真を撮ったりビデオを撮ったりしていたのだが、このニュースを見て慌てて撮った写真を見返したら、何と当該機体の着陸を撮影していた。

Ja2060Ja2061 Ja2062 Ja2063 Ja2064 Ja2065
本写真はちょうど空港の西側にあるスカイランドHARADAから撮影したB滑走路(32R)に着陸してきた日本航空2362便(JA206J)の写真である。

ニュースでは着陸後、駐機場へ行く間に右側のエンジンの出火となっている。この写真は左側からの撮影からなので、異変は全く分からない。ちょうど最後の写真の頃以降に火災が発生しているのだろう。

エアバンドもTWRを聞いていただけだったので気が付かなかったのだが、とにかく負傷者が出なくてよかった。

2012年9月 5日 (水)

携帯電話の緊急地震速報訓練を受信して

本日実施された大阪880万人訓練、大阪府下の携帯電話機に一斉に地震速報のメールが配信されるとのことで、大阪府下ではこれまでに一度も配信されたことがないので、受信テストを行うにはいい機会だと、確認をしてみた。

ちなみに滋賀や和歌山では実際に配信されたことがあるようだ。

とりあえず、自宅に転がっている端末のうち、使用頻度の高い端末を選択、ありったけのSIMカードを挿入しておく。

試した端末はXPERIA ray (SO-03C)、XPERIA arc (SO-01C)、XPERIA NX (SO-02D)、GALAXY nexus (SC-04D)、GALAXY note (SC-05D)、MEDIAS TAB (N-06D)、XPERIA acro (IS11S)、iPhone4 (SBM版)、AQUOS Phone (SH-11C)、REGZA Phone (IS04)、mamorino2、P-01Aの12台

うち、何台かは自宅に放置して、残りは鞄の中に放り込んで買い物へ。

午前11時が近づき、店内アナウンスでも訓練に関する広報が始まる。

しばらくすると自分だけでなく周囲の至る所からエリアメールの受信音が鳴動。周囲の人が一斉に携帯電話の画面を見始める。

鞄の中を覗き込むと、nexusとray、iPhone4、更に確認してみるとIS04も受信できていないようだ。rayについては先日海外ROMに入れ換えてしまったのが原因なのは明らか。一応国内ROMからエリアメールのアプリだけ抜き出してインストールしておいたのだが、それだけでは動作しないようだ。確かOSのファイルを少し弄って再コンパイルし直さないといけないはず。

iPhone4が受信してない理由は不明。SBMだから?IS04についてもIS04だから?

ブログを読んでいただいている人たちはどうだったんだろう、うまく受信できたのだろうか。

nexusについてはrootこそ取っているが、そのまま使っているので何故受信しなかったのだろうか。

ちなみに携帯電話の緊急地震速報については過去にここここここここ等で取り上げているが、通知にパケットは使用していない。つまりspモード等の契約は不要で受信できる。

今回のメールについてもarcやNX、acroはパケット通信はOFFの状態で受信している。またGALAXY noteとMEDIAS TABについてはデータプラン契約の回線で受信している。

確かに携帯電話機の通信網を利用した地震速報の通知という仕組みは素晴らしいが、同じ場所、同じキャリアの回線でも受信できたり出来なかったりがあるとなると、これだけに頼ってしまうのはやはりまずそうだ。

2011年3月15日 (火)

計画停電カレンダー #jishin #teiden

東京電力と東北電力の計画停電をGoogleのカレンダーで公開してくれている人がいるので紹介

東京電力はこちら

東北電力はこちら

当該エリアに居住されているスマホユーザーの方は同期させておくと便利かも

作者さんに感謝

日本人のモラルに世界が驚く

ここへんJAPANに、twitterの地震関連のTLより、ちょっといい話がまとめられている。古き良き日本が失われ、人と人とのつながりが希薄になったとか言われるけれど、ここを読んでいるとまだまだこの国にはすばらしい精神が残っている。日本人ってすばらしい。

国連の事務総長は「日本は世界中の困っている人を援助してきた最も寛大で強力な援助国の一つだ。今回は国連が日本国民を支援し、できることは何でも、すべてやるつもりだ」といった趣旨のコメントを発表しているし、外務省発表によると、94の国・地域及び9つの国際機関から支援の申入れがあったとのこと。

見たか○○人、これが日本人だ。

日本は必ずよみがえる

Googleの避難情報サイト

携帯電話やスマートフォンでアクセス可能で見やすいGoogleの避難情報サイトの紹介

地震や津波に関しての携帯電話事業者各社の災害伝言板や安否情報の登録確認、ニュースなどのWEBサービスのリンクがわかりやすくまとめられている

Google避難情報

停電エリア時間検索システムについて

昨日、東京電力の輪番停電についての記事を書いて、本日の当ブログへのアクセス数がこれまでの約15倍に急増し、またいくつか個別にも問い合わせをもらったりと、こんなブログでも人々の役に立っているのかなと思うとうれしいのだが、昼間は自分自身が働いていることもあり、なかなかタイムリーな情報の更新ができないのがつらい。

そして東京電力の公式発表はPDFで掲載されているので、見づらい。

というわけで、以前このブログでも紹介したことがある無料アクセス解析ツール「なかのひと」やTwitter解析ツール「TwiTraq」などを提供している株式会社ユーザーローカルの@itomasaさんが実験的に個人で開発された「停電エリア時間検索システム」を紹介したいと思う。

これは自分が知りたい市町村が停電の実施エリアに該当するかどうかやどの時間帯に停電があるのか等を簡単に検索できるシステム。

ただ、あくまでの実験的につくったものであり、正確な情報はやはり東京電力の公式な発表を参照してほしいとのこと。

2011年3月12日 (土)

USTREAMによる各放送局のライブ配信

各放送局がUSTREAMによる放送波のライブ配信を実施中(一部公式のものではないものもあるけど)

ワンセグのないスマートフォンやPC等でも視聴可能

NHK

http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv2

テレビ朝日

http://www.ustream.tv/channel/annnews

TBS

http://www.ustream.tv/channel/tbstv

フジテレビ

http://www.ustream.tv/channel/japanhelpchannel

日本テレビ

http://www.ustream.tv/channel/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-nnn%E5%9C%B0%E9%9C%87%E7%89%B9%E7%95%AA-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC

より以前の記事一覧

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー