お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2018年5月6日 - 2018年5月12日 | トップページ | 2018年8月26日 - 2018年9月1日 »

2018年5月27日 - 2018年6月2日に作成された記事

2018年6月 1日 (金)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」 少しネタバレと感想、そして今後の妄想 #yamato2202

5月25日より公開されている「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」」、今回は金曜日初日ということと、水曜日から土曜日まで3泊の出張へ行っていたので公開初日に見に行くこともできず、振替休日となった28日になんばパークスシネマで観てきた。

Yamato5_01

上映一週間経ってるので、少々ネタバレありの感想と今後の妄想を。
冒頭10分で公開されているように、前半はデスラーの物語。

一族の声優さんが豪華。最初の一言でわかるあのお声は「永遠に終わることない時の流れを旅する少年の日の青春の幻影」ではないか!
キーマン中尉、第三章で「あのお方」と呼ばれていたその謎が解ける。やはり「あのお方」だったのだ。
旧作では触れられていながら2199では触れられていなかったガミラスが地球を侵攻した理由が、というかガミラスの背景が描かれる。
やっぱりデスラーは単なる悪人ではなかった。
これで、「彗星帝国に身を寄せていたとはいえ、私の心ははるかに君たちに近い」か「侵略と略奪に明け暮れる彼らに比べれば私の心は、私の心は…遙かに地球人類に近い。……もう、ヤマトへの恨みは消えた。」ってセリフが来そうだ。
これ、過去に構想だけ発表されていた「デスラーズウォー」制作への布石と考えるのは考えすぎ?でも実際ガミラス側を描くだけでも一作品作れるでしょ。
そういえば2199でメルダを診察した佐渡先生が肌の色以外は地球人と全く同じって言ってたはずなんだけど、2202で設定変わって、旧作に準じてるし。
そういや、ヒスやギムレーまで出てきたのに、ユリーシャ、メルダは?
ノルの新たな幼生体の誕生、そっか先代ゴーランドは生きてるんだなぁ。先代から見たらひ孫的なポジションのノル。きっとザバイバルも新たな幼生体が生まれてるのだろう。
ガトランティスに対する地球側の戦力も相当な数。時間断層で艦艇は準備できるとはいえ、対ガミラス戦で地球の人口は1/3に減少してるはずなんだけど、3年であれだけの戦闘艦の乗組員が養成できるのか? ガミラスから技術供与されたオルタでも使ってるんだろうか。
11番惑星で250万隻もの大艦隊を投入したガトランティス、そのガトランティスが土星沖海戦で地球戦力の多さに驚いてたんだけど、地球戦力ってどれくらいあるんだ?
今回初登場のアポロノームの安田艦長、さらばのアンドロメダ艦長の代わりに死んじゃったのかなと思う。


山南さんをアンドロメダ艦長にしてしまった以上、この戦いで死なすわけにはいかなかったんだろう。脚本の岡さんが山南は将来ヤマト艦長になる日が来るかもしれないって言ってるくらいだし、でも誰か犠牲にならないといけない。それで安田艦長。それなら安田艦長がアンドロメダ艦長で、山南さんは司令部でもよかったのかなとも思う。それなら安田艦長にももっと見せ場が増えるし、あれではささきいさお氏のむだづかい。
で、山南艦長。「力は力によって滅ぼされると知れ!」「彗星内部に潜むガトランティスの拠点を殲滅する!」かっこいいなぁ。旧作には出てこない山南艦長の姿。
時間断層の制御艦にプロメテウスってのが出てきた。プロメテウスという名を聞くとどうしてもあの巨大艦の左舷にドッキングされてるのを思い浮かべてしまう。


ほんと復活篇と2202のヤマトにはマクロスとの類似点が多い気がしてならない。ラストはテレサが愛を歌い出し、ガトランティスが愛に目覚めて終わったりしないだろうな。
第4章の波動砲発射の時の「駄目だ!」のセリフ以降そうなんだけど、キーマンも立派なヤマトクルーなんだなぁって思ってしまったのと、独房でのキーマンの言葉を外で聞いていた山本玲の表情(実際には顔は描かれてないんだけど、感じ取れる)が実によかった。
で、ガトランティスから加藤とデスラーに向けられた選択。
デスラーはもう一度ヤマトを襲うってことか。
独房に入ってる桂木透子は加藤にどうやってメールを出せるんだ?さらに反波動格子の制御装置はどうやって手に入れてるん?
彗星帝国のデザインがガラッと変わったけど、あの頂上部が最後にあれになるんだよね、おそらく。さらになんか復活篇のSUSとのデザインとの共通点を感じてしまう。
2202のオープニング映像で旧作都市帝国の下部での戦闘シーンみたいのがあるんだけど、あれは別物ってこと?月面なの?
白色のガス帯が取り払われた後の音楽はやっぱりこれ。旧作でいう「都市帝国」この曲が流れた時の絶望感たるやもう・・・
以下、今後の妄想
加藤によってトランジット波動砲発射直前に反波動格子がエンジントラブルを引き起こしてるけど、一度あんな目にあって真田さんが黙ってるわけないと思うんだよね。きっとトランジット波動砲を整備する際に「たぶんこんなこともあろうと思って~」と何らかの対策を施してるに違いないと思うんだ。
なんかC.R.S.はヤマトから銀河に移設されてるってネタばらしされてるんだけど、どういうことなん?
なんばパークシネマには、そんな銀河と思われる謎の艦の模型が展示されていた。
Yamato5_03



第4章の波動砲発射シーケンスで真田副長の席が映るときに波動砲非武装化状況モニタってのがあって、コスモリバースがあるんだよね。「C.R.S. STAND BY PHASE」って表示されてるけどなぁ。
まさか、まさかさぁ、今後余命わずかのガミラス星をC.R.S.で再生させるんじゃ?でC.R.S.を再起動させるためにキーマンが・・・
次章あらすじにヤマトは沈没するとか書いてるけど、時間断層で再生されるんじゃ?これまでのヤマトが「ヤマト型一番艦ヤマト(第一次改装型)」ってなってる。イスカンダルから帰ってきての改装が第一次で、今後第二次改装型になるんだろう。予告の画を見ても主砲塔の上にパルスレーザーらしきものが増設されているし。
加藤にフラグが立ってるんだけど、案外死なないんじゃないかな。で、その代わり旧作での四郎は無かったことにされる。山本も明生は2199以前に死んじゃってるから玲は死なない。代わりに本来山本のキャラデザインだった篠さんか沢村あたりが・・・
山南さんは先にも書いたように、山南という名前である以上死なない。徳川さんは残念だけど。
デスラーはあの名セリフを残してヤマトの前から去る。
運命を受け入れるイスカンダルは滅びるんだけど、2199でスターシャがヤマトを見送るときにお腹に手をあててたよね。あれってやっぱり・・・そして、山南さんは第三代ヤマト艦長に就任する。主砲三式弾は波動カートリッジ弾に進化する。そういやデザリアムは出るってネタバレもあるし。
2199で既に登場してしまった古代アケーリアス文明の謎も解かないといけないし、雪の記憶喪失問題もあるし。
やっぱり完結編まで行くんじゃないか、これ。
第六章は11月2日から!(また金曜日か)
Yamato5_02

でも、そのころにはテレビ放映も始まってるよね、ワクワク

« 2018年5月6日 - 2018年5月12日 | トップページ | 2018年8月26日 - 2018年9月1日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー