お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月に作成された記事

2015年3月28日 (土)

iPhoneなのに「あなたのAndroid4.2が感染しました」だと

先日、職場の同僚が「こんな画面が出たよ」といってXPERIAの画面を見せてくれた。

もちろん、決してこんなのにひっかかるような人ではないので、慌てて助けを請うてきたのではなく、ネタとして見せてくれたのである。

なになに、「ご使用の携帯に致命的なトロイの木馬が検地されました。OKをタップして今すぐ除去してください。」だって。

これって、10年ほど前にPC向けに流行った不安をあおっておいて、偽セキュリティソフトを買わそうとするやつのスマホ版だ。

早速自分のスマホでもアクセスしてみたのが次の画面。

Screenshot_20150327085110

OKを押してみると、
Screenshot_20150327085115
となり、すべのウイルスを除去ってのをクリックするとどこかのサイトへ飛ばされるんだろう。(まだそこまでやってない)

ご丁寧に機種の判定もきちんとやってるようで、しっかりとXperia Z3 Compact と表記されているのだが、ちょっと詰めが甘いというか、これをiPhone5sからアクセスしてみると
Img_0298
OKをクリックすると
Img_0299

こう表示される。iOSからアクセスしてるんだけど「ご使用のAndroid4.2が感染しました」

10年前のPCのときもMacからアクセスしても「あなたのWindowsが・・・」と画面が表示されていたのだが、まったく同じである。

ちなみにPC(Windows7)からアクセスしてみても同じく「Android4.2」と表示された。

Android2.3が動くiPhone3Gなら持ってるが、Android4.2が動くiPhone5sなんて知らんわ。っていうか動くんならネタとしてぜひやってみたい。

このブログを見にこられる方は、こんなしょーもないものに引っかからないように。

2015年3月24日 (火)

L-01Gはいきなり一括0円?

今日は、いつもより少し早めに仕事を終われたので、そのまま家電大手量販店を覗きに行ってきた。

帰宅途中で容易に寄れるところは、ブラック企業大賞といわれるところと、関西資本なところ、セリーヌ(あれ、最近はなんて言うんだろ?)、あとは売り上げ日本一といわれる化物なところくらいであるが、そのうちの一店舗に行ってきた。

フラフラと携帯電話機売り場に行くと、先日までドコモのWi-Fiルーターが一括で安売りされていたのが無くなっている。

つい先日までHW-01Fが1円、5000P、L-02F、HW-01Gが1円で売られていて、少し心が揺さぶられていたのだが、今日見たらHW-01F、L-02Fともに無くなり、HW-01Gも9720円になっていた。

ドコモは3月31日まで「Xiルーター割」で月々サポートを毎月1026円増額している。このおかげでL-02Fなんかは毎月の維持費が54円ということになってしまっている。

どうもこの店の施策は終わってしまったのか、HW-01GもDOSと同じ価格に戻ってしまっている。明日発売のL-01Gについての価格POPはまだ出ていないが、HW-01Gの価格を見る限り同額っぽい。

完全に買い時を誤ったかなと思っていたところへ、店員が寄ってきた。

「Wi-Fiルーターはもうこれ(HW-01G)しか無いんですか?」

「はい、他のものは全部売り切れて在庫無しですね。」

やっぱり買っておいたらよかったと思いながらも、だめもとで「ちなみに明日新しい機種が出ますよね?」と聞いてみる。

「はい、LGの新製品が明日出ますね。」

「これっていくらなんですか。」

「機種変ですか新規ですか?」

「一応、新規で考えてるんですけど。」

「まだ、価格出してないんですけど、明日から施策が入ってますので、一括1円+5000ポイントです。」

「えっ、いきなりですか。」

「はい。」

ということで、なんとこの店ではいきなり一括1円でかつ5000ポイント付与だそうだ。

「これって今月いっぱいですか?」

「そうですね、ドコモのキャンペーンが4月以降どうなるかわからないのと、月サポの金額も変わるかもしれないので、なんともいえないです。あ、店の施策は一応27日までです。売れ行き次第で延長もありえますけど、とりあえず3日間だけの施策ですので、金曜日までです。今のところ土日はやりません。」とのこと。

「明日、明後日は来れないんだよなぁ。」

「金曜日も夜9時半くらいまでに受け付ければ、審査がスムーズに通れば大丈夫ですよ。」

「じゃあ一台取り置きお願いします。」

ということで、予約完了。

0円ではなく1円と書けば、勘のいい人ならどの店かはもうわかっていただけると思う。

ひょっとしたら他の量販店でも一括0円でいきなり出てくるのではないだろうか。

ちなみに維持費(税込み)は、

基本料金 データプラン(ルーター) 1296円
mopera U  216円
シェアオプション 540円
月々サポート 810円
Xiルーター割 1026円
ユニバーサル料 2円
eビリング
合計 198円
いちきゅっぱ!

一年前に契約した「BIGLOBE for LTE for イオン」、こちらは、他社が一月あたりの通信量を増量しているのに、増量ではなく余れば繰り越しだと。足りてないのに繰り越しなんかできるわけないやろ!もう解約じゃ!

2015年3月21日 (土)

ドコモ XPERIA Z3とiPhone6 or iPad で一括0円(大阪)

3月も後半に入り、少し前から量販店でもドコモのiPadやiPhoneの一括0円が出始めたようで、大阪市内および周辺の量販店をちょっと見てきた。

Z3ipad_air2
Z3ipad_mini3
ドコモのZ3にMNPして、iPad Air2もしくはiPad mini3を新規でともに0円。更にポイント付き。
Z3iphone
こちらは、Z3とiPhone6ともにMNPで0円
Z3が端末購入サポートなので、維持費がかなりかかるのが悩ましいところだが、既にシェアパックの回線を別に持っていればシェアオプションですむので、月々の維持費は抑えられる。
25歳以下の子供がいる家族で、U25応援割の適用を他に受けていないならば、ここでU25応援得割を適用させれば、基本料金2916円、spモード324円、シェアオプション540円に月サポ810円と応援得割-1850が来るので月の維持費は1120円でかけ放題となる。
iPadだと基本料金1836円、spモード324円、シェアオプション540円に月サポがiPad Air 2 16GBで3105円、iPad mini 3 16GBで2619円でそれぞれ、-405円、81円。
iPhone6の16GBモデルは基本料金2916円、spモード324円、シェアオプション540円、月サポが3078円で702円だが、Z3にU25を付けていればこちらもU25の家族割で-1350円で-648円、iPhoneをデータプランにしたら1836+324+540-3078=-378円
データプランの場合の余った月サポは、シェア回線の親回線にまわせるので、マイナス分が更に引かれることになる。


これなら端末購入サポートのZ3を抱き合わせられても、FOMAタイプシンプルバリュー並みの価格負担で追加することが可能である。
欲しい人、早めにどうぞ。

あ、この料金計算、適当なので間違ってても責任は取れないので、購入前に確認して納得してからにしてね。

2015年3月19日 (木)

端末をリセットするとauお客様アプリがダウンロードできない。

auから「auお客様アプリ」なるアプリが提供されている。

これは、利用料金の確認、オプションサービスの申し込み等々ができるアプリで、au MarketもしくはApp Storeからダウンロードが可能である。

利用するには、au IDもしくはauのサポートIDが必要。

ちなみに利用する端末はauの端末に限らず、サポートIDを使えば他社から販売された端末でも可能である。

というわけで、自分の場合はdocomoのAndroid機やiPhoneにもインストールしてあるし、逆にMydocomoのアプリもau端末にもインストールしてあり、どの端末でも料金確認等ができるようにしている。ドコモのアプリはGoogle Play Storeからダウンロード可能である。

ところが、先日Android版のアプリがアップデートされた様で、起動できなくなってしまった。

起動するとアップデートが必要といわれるようになったのだ。

ちなみにAndroid版はau Marketからしかダウンロードできないのだが、ダウンロードには端末にau IDの設定が必須である。そしてau IDの設定にはパケット通信が必須である。

もちろんau IDは持っているのだが、先日端末を初期化してしまいau IDがリセットされてしまっている。いったんau IDを設定してしまえば後はパケットを解約しようがWi-Fi接続しようがダウンロードは可能で、これまでそうやって使ってきたのだが、いったんリセットしてしまったがためにau IDの設定ができなくなってしまった。

au IDも持っているし、アプリ自体はau IDが無くても利用できるにもかかわらず、ダウンロードする際にau IDが設定できないと(パケット通信できないと)ダウンロードできない。

なんと理不尽な。

これ何とかならんのか!

誰かapkファイル下さい。

2015年3月 8日 (日)

久々にdocomo機種変一括0円発見

今日、久々にdocomoスマホの機種変一括0円を発見した。

ひとつは、ドコモ取扱店モバイルプラザイオンモール神戸北店、AQUOS ZETA(SH-01G)、GALAXY S5(SC-04F)の2機種が今日から機種変一括5,000円。

家族一緒に複数台なら一括0円。この2機種って端末購入サポート機種だけど月サポも810円付いてる。

実際に店舗で確認したわけではなく、LINEのトークでショップが書いていたものである。

次に見つけたのは、「新製品が安い!」なドリフのお店。こちらは店舗で確認。

MEDIAS U(N-02E)、スマートフォンforジュニア(SH-05E)、ARROWS Kiss(F-03E)、XPERIA A2(SO-04F)、Disney Mobile on docomo SH-05F

以上の5機種が機種変0円、ちなみにMEDIASとジュニスマ、ARROWSは新規でも0円。

いずれの機種も月サポはなし。調べたら、MEDIASとARROWSは月サポあるようだ。MEDIASは1836円、ARROWSは2376円らしい。9日、別のドリフの店に行ってみたら、ARROWS V(F-04E)も一括0円で売られていた。こちらは月サポ2808円。端末購入サポート機種はXPERIAとネズミーだけなので、他の機種はひょっとしたら旧プランのままでもOKなのかも。(甘いか)
いじって楽しいのはジュニスマとXPERIAかな。
2ちゃんねる情報だと、店舗によって在庫機種が異なるようで、MEDIAS Wが一括0円な店があるとか。この機種は店舗購入だと月サポあったはず。オンラインショップの方では維持費が高くなるので手出ししなかったけど、実店舗でなら欲しいなぁ。

どこの店舗だろ?いつも覗きに行く店だったら機種変してしまいそうだ。明日は幸い(?)にして先日の休日出勤の振替休日である。ちょっと覗きに行ってみるか。

今まで旧料金プランに拘ってきていたのだが、先週機種変とともに新料金プランに変更になってしまった。

でも新料金プランって、回線数が増えれば増えるほど維持費がどんどん安くなることに気がついた。(今頃かよ、遅いなって声が聞こえてきそうだ。)

月末とか来月くらいになったら大阪でもiPhone6の一括0円が出てきそうな感じ。iPhone6って新料金プランだとめちゃくちゃ安いよね。

Wi-Fiルーターだって月の維持費54円になるとは。L-02FとかHW-01C辺りなら一括0円やってるし。

ドコモiPhone6のMNP一括0円、見つけたら教えてね。(端末購入サポの機種とのセットは勘弁)

XPERIA Z3 Compact(SO-02G)に機種変

2月のいつだったかの週末、近くのショッピングセンターへ行ったらドコモ光の勧誘イベントをやっていたので、ちょっと覗いてきた。

残念ながら@niftyは6月からの対応なのでまだ申し込むこともできず、簡単なアンケートにだけ答えてきたのだが、そのときに例によってクーポンをもらうことができた。新規5400円引きか機種変3240円引きが選べたので機種変クーポンをもらったのだが、家族まとめて割とかの施策をやってるくせにクーポンは1世帯に1枚だけ。もちろんクーポンは1枚1回線でのみ使用可能。

せめて2枚配ってくれればなぁ。

最近はドコモのクーポンってなかなか手に入らない。少し前まではプレミアクラブのアンケートで1回線5枚まで配るなんて大振る舞いだったので、持ってる回線数x5枚のクーポンが手に入って、職場でも何枚か配ったりしたのだが。

一応、最近も一部の客に対して郵送されているようだが、配付基準がわからない。少なくとも我が家にはまったく送られてこない。

KDDIは回線契約するとMNPに使えるクーポンを送ってきたり、端末利用期間が2年を迎えようとする回線に機種変クーポンを送ってきたりということをちょこちょこやってるようで、我が家にも未使用クーポンが何枚かあったりする。

せっかくもらったドコモのクーポンなのだが、有効期限が3月末日まで。

どうしようかなと考えていたのだが、Z3Cの機種変の月サポが増えたこと、10年超え回線で更に上乗せされること、家族まとめて割等々で実質価格はマイナスになることも含めて先週1日に2台まとめて機種変してきた。

関西資本の家電量販店だと機種変でもポイントが付くこと&手持ちの古い機種持込で2000P付くこともあり、この店で契約、12機種目のXPERIAとなった。
ちなみに家族まとめて割の特典2について、以前はドコモは1日契約というのは月サポの適用だとか、料金プランの変更だとかで、他の日と違って特別な日だった。今回1日契約なので特典2の2ヵ月後の1日がいったいいつになるのかという疑問が沸いたのだが、3月1日に契約しようが3月31日に契約しようが3月中の契約なら5月1日となるそうだ。今回シェアパック10で契約しているが、4月になってから翌月適用でシェアパック15を予約しておけば10,800円還元されるとの事。
さてZ3Cであるが、高さと幅はZ1fと同じなのだが、Z3Cの方がわずかに薄いので、クレードルはそのままでは使えない。

CPUがパワーアップしているので、Z1fでもさほど不満は無かったのだがZ3Cにしたとたんやはりサクサク度が上がっているのが実感できる。おまけにバッテリー容量も300mA増加していることや、より省電力になっているのだろう、今まで以上にたっぷりと使えるようになった。
VoLTEも早速試してみた。確かにリングバックトーンが出るまでの時間が早い。音質もいい。

ちなみに、その日のうちにいったん海外ロム焼いてroot化し、prerootedを作成、純正に戻してroot化完了。
Z1fからTitanium Backupを使いアプリとそのデータをバックアップし、Z3Cに復元。あっという間に環境構築完了。

root化する理由のひとつがこれ。ほかにはXposedを使ってのカスタマイズかな。

これでZ3とZ3Cの2台が仲良く並ぶこととなった。

Z3はパケットを解約しているのでWi-Fi使用。Wi-Fiルーターやテザリングでの通信となるのだが、ここでXPERIA TabletシリーズにインストールされているXPERIA Linkを使えるようにすると、親機のXPERIAのテザリングをONにせずとも子機側からONにできるようになるので、ぜひZ3にも入れたいところ。

XDAにアップされているClientをダウンロードしたのだが、バージョンが古いとかでZ3Cとの間で通信できなかった。ここは何とかZ3 Tablet CompactやZ2 Tablet辺りに入っているクライアントソフトが入手したいところ。
ググッて見たが、どうもそれらしいものは見つからない。そこでFTFファイルをダウンロードしてきて、SYSTEMファイルを取り出してみたのだが、それらしきファイルが見つからない。

このファイルさえあれば自由にZ3から通信できるんだけどなぁ。

2015年3月 6日 (金)

XPERIA Z3をroot化

1月の末に人生発のインフルエンザ感染をしてしまい、職場を5日間出勤停止、自宅内でも隔離されていた。

5日間、PCやスマホ、タブレットをほとんど触ることもなく過ごしている間に世の中ではbootローダーunlock状態のXPERIA Z3およびZ3 Compactの2機種のroot化が可能になっていた。

rootの取得方法はこれまでのZ1fと同じで、rootが取れる海外バージョンのROMでroot化した後で、国内版のsystemとkernelを焼きなおすというもの。

以前は、海外romを探したりするのも大変だったが、今はFlashtoolやXperiFirmがあれば感嘆にftfファイルを入手することができるので、これらを用いてグローバルモデルD6603のビルド番号23.0.A.2.93のftfを準備、更に国内版の最新版のftf、root化ツール、カスタムリカバリー、prerootファイルを準備する。

次に、国内版からsystem、kernelを抽出し、prerootedなromを作成。

海外版ftfを焼いた後でroot化、次にカスタムリカバリーをインストールし、リカバリーモードで起動したらprerootedを焼く、その後もう一度カスタムリカバリーを焼くという順序で国内最新版rooted環境の誕生

今回は、SOL26のROMでrootedにした後で、リカバリーでバックアップ。更にSO-01GのROMでもrootdの後リカバリーでバックアップ、同様にSO401環境でもrootedでリカバリーを作成した。

これでいつでもカスタムリカバリー上からSOL26、SO-01G、401SOを切り替えて使うことが可能となった。

本当は、電源投入時にブートメニューが出て、起動するROMを選択できればいいのだが、bootローダーがアンロック状態のZ3ではそれはできない。(ちなみにlookedなZ3ならマルチブートは可能である)

最近のXPERIAは、以前ほどにroot化する意味が無くなってきているとは思うのだが、それでもTitaniumやカスタムリカバリーを使ってのバックアップや、カメラのシャッター音の無効化、ワンタッチでの再起動あたりはroot化しないとだめで、今はそのためのroot化となっている。


« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー