お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年2月16日 - 2014年2月22日に作成された記事

2014年2月21日 (金)

初めての引き留めポイント、しかし・・・

My docomoのサイトでMNP手続きを進めていくと、長期契約者に対してMNPせずに機種変更してもらうための「引き留めポイント」をくれることがある。

MNP手続きの最終段階になると、「これまでのご愛顧に感謝をこめて、お客様に今だけお得なお知らせがございます。」と表示がされれば、ポイント発行の対象者である。

ドコモインフォメーションセンターに電話をかけ、「WEBで特典の案内をみた。」と言うと機種変更に使えるポイントがもらえる。

試しに自分の回線でやってみたところ、契約期間3年2ヶ月、端末利用1年の回線がポイント発行の対象だったが、16年、端末利用3ヶ月回線や契約1年11ヶ月機種変更履歴なし回線では無理だった。

発行される基準がよくわからん。

早速インフォメーションセンターに電話をかけて確認すると5000Pくれるという。

このポイントDSでの手続きだと何も言わずともアラジン上に表示が出るので適用されるが、量販店ではドコモから機種変ポイントが出ているので確認してくれという必要があるらしい。ドコモオンラインだと最後の決済のところでポイント利用として表示されるという事だ。

さて、5000Pを一体どうするか。最近はDSや量販店で5000円くらいで機種変できる案件に出会ったためしがない。事務手数料だってかかるし。

ポイントは3月いっぱいまで有効なのだが、この先FOMA端末の格安機種変更がでてきそうな気配もないし。

ということで、ドコモオンラインショップを見てみると、在庫があるのはF-03D Girl'sとMEDIAS PP N-01Dしかない。

どちらもAndroid2.3でICSへのアップデートすらなく、端末レビュー等を見てもどうしようもない酷評だらけの機種である。

う~ん、いくら持っていない端末コレクションとはいえどうしたものか。

Qiのチャージャー目当てにガチピンクだと結構得かもしれないけれど、我が家にはQi対応端末はSH-06Eくらいしかないからあまりメリットもない。

せっかくもらえた5000ポイント、どうしたものか。

今まで最初から転売することを目的で端末入手したことって無いんだけど、今回ばかりは売りに出して現金化するか、それを元手にジュニスマの白ロムでも買うかなぁ。

N-01DやF-03DよりかはWi-Fi有効化したSH-05Eの方がはるかにいいよね。

ちなみにSBMだと最大5万ポイントくらいくれるとか。

2014年2月18日 (火)

月サポ終了、料金プラン変更とプラスXi割、どうすればいいの?(3月1日結論)

二年前のドコモMNP月サポ盛り盛りキャンペーンの時期に契約している人はそろそろ更新月を迎えるころだ。

自分の保有回線について調べてみたところ、
契約日 2012年3月11日(今年3月満了)
FOMAタイプシンプルバリュー
パケ・ホーダイダブル2
月サポ 3045円、今月末満了

というFOMA回線と、

契約日 2012年5月7日
Xiデータプランフラットにねん(今年6月満了) これは、もともとタイプXiにねん、Xiパケ・ホーダイ ダブル契約したものをいったんデータプラン2にねんへ変更、7月からデータフラットにねんへ変更しているため
月サポ 4095円、4月満了

という2回線でプラスXi割を組んでいる。

現在の請求額は FOMA 132円、Xi 182円となっているのだが、
今月でFOMAの月サポが終わるということは、来月から単純に3045円増えるということだ。

これを安くしようと思うと、パケホダブル2をパケホシンプルに変えるとFOMAの請求額は1077円となる。

パケ定額が無くなるとプラスXi割が外れるので、Xiの請求額が2188円で合計3265円

ちなみにFOMAのプラン変更もしくは変更予約を入れるとその時点でプラスXi割は外れるのだが、これって3月1日にパケダブル2を外すのが一番いいんだろうか?

FOMAの更新月が4月なのでここで解約orそのまま継続なのだが、もしFOMAを継続するんなら、パケダブル2のまま温存しておけば、プラスXi割はそのまま継続となり、Xiの月サポが切れる5月1日から2か月間データプラン2にねんとし、Xiを7月1日に解約。

FOMAを解約するのなら。3月1日にパケホシンプルに変更し、4月解約。XiはプラスXi割が無くなるので、3月1日にデータプラン2にねんに変更、3月4月は3円維持、5月6月は2783円で7月解約。

これでいいのかなぁ?

日割りだとか1日とほかの日だとかいろいろ条件があってよくわからん。

どこのキャリアもそうだけど申し込むのは簡単だけど、外すのは複雑すぎる。

誰か詳しい人、教えてm(__)m

※2月27日追記

2月27日付け「ドコモ、2台持ちでiPhoneの維持費を安くする」を踏まえて再考察。

パケホダブルがXi割の適用を受けるということで、月サポが無くなったFOMA回線はパケホダブル2からパケホダブルにプラン変更することで1469円となる。

XiについてはプラスXi割がそのまま継続されるので、182円のまま。この状態で3月は過ごし、4月に解約orそのまま継続。この方が最初の考察より維持費が安くなるはず。

※2月28日再再考察

タイプシンプルとパケホダブルは組合わせられないということがわかったので、まず基本料金をタイプシンプルからタイプSSバリューに変更、これで基本料金が934円にアップするが次にパケホダブル2からパケホダブルに変更でパケット料金が2100円が370円に変更、spモードを付けて1604円となり、税込みで1684円となる。月サポがなくなって3000円以上になる料金がここまでで抑えられる。これでプラスXi割は継続なのでXiの金額は-2005円となりXiの請求額は182円のまま。二回線合計で1866円となる。

これで合ってる?

※3月1日追記

パケホダブルへの変更を3月1日適用予約で2月中にすると、予約を入れた時点で月々サポートが外れる。3月1日にパケホダブルへの変更をしても4月1日適用となり3月中はパケホダブル2のままとなることが判明。結局3月分だけはプラン変更なしで使わざるを得ないということがわかった。4月1日適用予約でタイプシンプルバリュー、パケホダブルへの変更をすれば3月中はプラスXi割が適用されたままとなり、4月解約が一番安上がりとなる。(4月1日適用予約でタイプシンプルバリュー、パケホシンプルとすると3月中のプラスXi割が無くなってしまうため)

2014年2月16日 (日)

iPhoneとアイホン、iPadとアイパッド

Apple社が日本国内でiPhoneの発売を始めるにあたり、日本での片仮名表記・発音について、それまでから国内でインターホン業界でトップシェアを誇るアイホンという会社名と酷似していることから、国内においての表記・発音を「アイフォーン」とすることで双方が合意し、「iPhone」の商標についてもアイホン株式会社が商標登録したうえで、Apple社に対して使用を許諾、アイホン株式会社が商標使用料を受け取る形で合意がなされていることはある程度有名な話である。

iPhoneのカタログ等々にも必ず、「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。」との断り書きが記載されている。

さて、iPadについても実はAppleのiPadが発売されるはるか以前から日本には「アイパッド」という名前の商品があったことを知っている人はどれくらいいるだろう。

この「アイパッド」が売られているのを自分が初めて知ったのは今から18年も前、1996年である。

ではその「アイパッド」何するものかと言うと、当時ようやく一般に普及しつつあった携帯電話機やPHSのLCD部分を保護する、今でいう液晶保護シートである。

材質はポリエチレン、ひっかき傷等に強くできており、電話機のLCD部分に貼りつけて保護する。厚みは約5mmあるが、パネルが見にくくなるという事は無かった。

サイズについては、当時の携帯電話機のパネルに合わせ、Sサイズが横30x縦18mm、Mサイズが37x18mm、Lサイズが35x24mmの3タイプ、カラーはクリア、ブルー、レッドの3タイプ。

カーアクセサリ売場等で売られており定価は800円、売値は580円程度。

残念ながらパッケージも残っていないのでどこが発売してたのかまでは不明。

当時使用していたツーカーのSO(TH241)の1台目の液晶を破損したこともあり、2台目(これもTH241)の液晶に張って使用していたのだ。

その後ツーカーからドコモのP101に買い替えた後も買いなおして使用していた記憶がある。

当時は95年に携帯電話業界が自由化され、ツーカーやデジタルホンと言ったデジタル携帯電話の会社が新規参入し、また家庭用のデジタルコードレスホンが外でも使えるといったコンセプトでPHS3社が新規参入、またWindows95の発売とインターネットの一般への普及が始まったころである。

自分は当時はまだパソコン通信のNifty-serveを始めたころであった。実はこのアイパッドに関する件も当時Nifty-serveに書き込んだ過去ログからの抜粋なのである。たまたま過去ログを見つけて、懐かしいなぁと目を通していたら、アイパッドという単語を発見したのでネタにした次第である。

あれから18年、こんな時代になるとは思ってもいなかったが、今から18年後にはどんな世の中になっているのだろう。

まぁメディアがパソ通からインターネットへと変わったものの、やってることの根本は変わってない気がするので、今から18年後も相変わらず今と同じようなことをやっているのかもしれない。

« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー