お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »

2014年2月9日 - 2014年2月15日に作成された記事

2014年2月10日 (月)

ドコモ版スマートバリュー始まるか

本日の日経新聞の記事

総務省、NTT「セット割引」解禁を検討 シェア低下で見直し

KDDIが好調な理由の一つに、固定回線と移動回線のセット割「スマートバリュー」の提供があると思われる。

NTTグループにはNTT法のしがらみがあり、市場を独占し他の企業活動の妨げにならないように、KDDIやSoftbankには認められていても提供できないサービスがあったのだ。

この辺の事情を知らない人が、ソフトバンクやauは斬新なサービスを次々とやるのにドコモは遅れているとかドコモは頭が固いと言って批判してきた。実はドコモが先手を打って実施できないのは企業の体質とかいったジャンル以外にまず法的な事情というのがあるのだ。

ちなみにこの手の割引はもともとドコモが開始したファミリー割引が最初だったような気がする。

当初は携帯電話だけのサービスだったのが、98年の12月1日からNTTパーソナルグループのPHSについてもファミリー割引の対象になったことで、PHSのDDIポケット電話グループとアステルグループが郵政省に対してクレームを出したことがあった。

この時の言い分が、携帯電話で圧倒的なシェアを握るドコモが携帯とPHSで一括割引すればPHSの顧客はドコモに流れ、携帯電話事業をしていない当社が著しく不利になる」という内容であった。

この当時、DDIグループもPHSのDDIポケットがあり、セルラーグループ、ツーカーグループ等の携帯電話事業があり、遠距離固定回線のサービスだって手がけていた。NTTは確かにNTT法のしがらみがある中でサービスを開始したのだが、しがらみのないDDiグループなんてその気になればどんなサービスだってできるのに、何文句言ってるんだろうと思っていた。

他にも、ドコモが地域会社制でauが全国一社体制だった時代にもドコモは大きすぎるから分社化しろとか某キャリアの社長だとかITジャーナリストに言われたり、知っている人からするとドコモかわいそうってな感じもしたりしていた。

ちなみに当時のこのファミリー割引、2000年6月1日からさらに割引率がアップし、主回線も副回線も15%引きになったので、

当時のドコモ携帯を「おはなしプラスBIG」で契約すると、8,800円/月

PHSをプラン135で契約すると1,350円/月

  合計 10,150円/月

  これをファミ割にすると

  8,800x0.15 + 1,350x0.15 = 1,320 + 210 = 1,530円割引

  と言うことで、10,150 - 1,530 = 8,620

となり、PHSを一回線追加した方が、携帯1回線の時よりも安い!

という状態になり、自分もファミ割のためにPHS契約して料金を安くしていた覚えがある。

今でいう寝かせ回線の走りみたいなもんだ。

今回の解禁が実現するとフレッツ光とXiパケホとのセット割りなんかが始まるんだろう。

量販店での客引きがまた一層激しくなることが予想される。

セット割りなんかよりも、サービス提供エリアを広げる等もっと力を入れてほしいことはあるんだけどなぁ。

っていうか、今のドコモの状態で仮にスマートバリューみたいに引いちゃうと、月サポとあわせると維持費0円になってしまうので、そこまではやらないだろけど、ひょっとすると月サポが減額されたり、他のキャリアみたいにフラット必須になっちゃたりしないかってのが気になる。

ドコモ、Xi総合プランからデータプランに変更した回線は、プラスXi割は翌月適用

ドコモiPhone5sのデータ化をしてきた。の続き。

まずは、先月契約したiPhone5cの利用料金、正確にはまだ未確定だが、My Docomoで確認すると、先月分は
5c1
となっており、Xiパケ・ホーダイ for iPhoneの料金が丸々引かれて、Xiパケ・ホーダイ ダブルが日割り適用となっている。これって月末に変更していればめちゃお得だったのか。
2段階定額が廃止された今となってはと思ったのだが、データプランならどうなんだろ?
月サポの対象となる請求額が月サポの金額より小さいので、月サポが最大限適用されないってなんか損してる感じ。

こちらが今月分
5c2
プラン変更してWi-Fiが無料じゃなくなったのに外し忘れてたのと、コンテンツが解除忘れがあったみたいで577円の金額が発生してしまっているが、これがなければ-17円となるのがわかると思う。

そして、こちらが先日データ化してきたiPhone5sの利用料金である。
5s
Xiパケ・ホーダイ for iPhoneからXiパケ・ホーダイ フラットへ変更し、さらにXiデータプランフラットにねんへ変更してあるので、Xi総合プランのパケット定額料金は全額請求されないこととなっているのがわかると思う。
で、問題なのが同日にこの2回線で申し込んだプラスXi割が適用されていないことだ。

これについて調べてみたがわからなかったので、ドコモに問い合わせてみた。

朝一0900を回ってすぐに157へ架電、データ回線の番号、自分の名前、ネットワーク暗証番号で本人確認をして契約状況を確認してもらう。

確かにXi割の申し込みは行われているとのこと。ではなぜ適用されていないのかというと、Xi総合プランからXiデータプランへ変更をした今月は二重課金をされないための減額措置がなされているためプラスXi割は適用されていないのだという。

確かにこの利用料金を見てもわかるように、今月はXiパケ・ホーダイ フラットとXiデータプランフラットにねんとの間の契約変更にかかる二重課金の減額が行われている。

ちなみにXiパケ・ホーダイ for iPhoneからXiパケ・ホーダイ フラットへの変更については、契約約款の料金表、第3 通信料 1 適用 (8) データ通信モードにかかる定額通信量の適用等 シ に、「同一料金月においてXiパケ・ホーダイフラット及びXiパケ・ホーダイforiPhoneの両方の選択があったときは、当該料金月におけるXiパケ・ホーダイforiPhoneに係る定額通信料の支払いを要しません。」と記載されている。

つまり、元々データプランの回線をプラスXi割に申し込めば当月適用なのだが、Xi総合プランからデータプランに変更した回線をプラスXi割に申し込んだ場合は当月は適用されず、来月から適用ということだ。

ってことは、減額措置がなされず二重課金されるようなプラン変更をした回線での申し込みなら当月適用されるのだろうか?
ちなみに、プラスXi割はタブレットだと更に料金が安くなるため、「お客様は、どういった機器でこちらの回線をご利用になられますか?」と最後に聞かれたのだが、「あ、えーっ、iPhoneをデータプラン契約して使います。」と言ってしまったところ、「お客様、iPhoneにつきましては専用料金プランのためデータプランではご利用になられませんので、他のXiタブレットやスマートフォン等でご利用いただくことになりますので・・・」と説明を受けてしまい、「あ、あの他のXiスマホやタブレットで使います。」と言い訳してしまった。

う~ん、お姉さんが見ているそのモニター画面に表示されている契約内容にはiPhone5sでデータフラットにねんと出ているはずなんだけどなぁ。

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー