お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日に作成された記事

2014年10月 9日 (木)

Androidにも搭載してほしいiOSの新機能

自分のメイン環境はこれまでも書いてきているようにAndroid機のXPERIA Z1fであるのだが、サブ機としてiPhone5sなんかも使っていたりするのは、既報のとおりである。

iPhoneシリーズに関しては、iOSとAndroidのデュアルブートになっているiPhone3Gだとか、無料機種変更でおかわりをしたiPhone4が3台、そして5、5c、5sが手元にある。

このうち先日リリースされた最新のiOS8に対応しているのは5以降の3台である。

仕事柄iOSについても、触ったことないからまったくわからないというのは困るので、5以降の3台については2、3日様子を見た後でアップデートを実施した。

iOSがアップデートするたびに言われるのは、「Androidではずっと前からできていたことがようやくできるようになった。」という言葉である。

特にここ最近のiOSのアップデートはその傾向が強いように思うのだが、今回のiOS8のアップデートでは、「おぉっ!これはAndroidにも真似してほしい」と思われる機能があることを知ったので紹介しておきたい。

まず一つ目は、Instant Hotspot機能である。スマートフォンを使ったテザリング機能自体をOSがサポートしたのはAndroidOSの方が先であったと思うのだが、AndroidやこれまでのiOSでは母艦となる端末を操作してテザリング機能をONにする必要があった。

iOS8では、母艦側も子機側もiOS8を搭載し、同一のApple IDでiCloudにログインしている端末であれば、子機側はデータ通信契約をしていなくても、SIMが挿入されていなくても、そもそもiPhoneでなくiPod Touch等であったとしても子機側のWiFiをオンにすると、母艦側のインターネット共有がOFFになっていても母艦側の名称と電波状態、通信回線の種類、バッテリー残量が表示される。その表示をタッチするだけで、母艦側のテザリング機能は自動的にONになり、インターネット接続が可能となるのである。

例えばLTE接続されているiPadを持っていてかばんの中に入れたままだとする。ズボンのポケットにiPod Touchがあったとすると、テザリングでネット接続するためには、従来はかばんの中からiPadを出して、テザリング機能をONにするという作業が必要であったのだが、iOS8同士であればiPod Touch側から「設定」→「Wi-Fi」と選択していくだけでiPadをかばんから出す必要もなく、テザリングがONになり接続できるのである。ただしいったんONになると自動でOFFにすることはできず、ONのままとなるようだ。

二つ目の機能は、FaceTimeの機能を用いた「iPhoneでの通話(iPhone Cellular Calls)」を用いた2以上の電話番号の同時待ちうけ機能である。

本来電話というものは、それぞれに電話番号があり、その電話番号宛に発信された電話が着信するというものである。

このiPhone Cellular Callsは、複数のiOS端末を全て同一のApple IDでFacetimeの設定を行う。さらに「設定」→「一般」→「Handoffと候補のApp」で「Handoff」をONにする。

この状態で、同時着信したいiOS端末がWiFiに接続されており、同じネットワーク内に接続されていれば、一台のiPhoneに着信があると、FaceTimeの機能を使い、近くの他の端末でも呼び出し音が鳴る。

これ、複数のiPhoneでそれぞれ設定しておけば、どのiPhoneに着信があってもどの端末ででも電話を取ることができるということ。ちなみにSIMの有無は関係ないので、機種変更で使わなくなった古いiPhoneを着信専用として使うこともできる。

今日、職場で3台のiPhoneを使ってデモしてみたところ、「えっ、何これ?」状態になってしまう人もいた。確かにこれまでの常識ではありえない。

ドコモの2in1サービスだと、一台の電話機に2番号を入れて発信番号を切り替えられるし、どちらの番号でも同時待ち受け可能なのだが、さらにそれを複数台で同時にやってしまう感じである。

ちなみにこの待ち受け機能、Appleの説明では、「iCloudアカウントに登録されているデバイスが近くにありWi-Fiに接続されている場合に、あなたのiPhoneのモバイルデータ通信ネットワークを利用して、そのデバイスで通話を発信/着信します」とある。この近くの定義がよくわからない。VPNを張って自宅と出先のモバイルWi-Fiルーターを接続して同一ネットワークに接続した場合はどうなのだろう?

ちなみにこれ、SMSの利用なんかも同じようにできるようで、他の端末でも受けちゃうようだ。(Appleのサイトに紹介されている)

ってことはSMSを使った認証とかどうなんだ?

Android機もGoogleアカウントを使っているので、同一のWiFiネットワーク内で同一のGoogleアカウントを使っている端末があれば同時着信とかできるようになると非常に便利でおもしろいと思うのだが。

PS. この記事を書く際にあたりもう一度動作確認をしようとしたら、Instant Hotspot機能がうまく動作しない。どうもiOS8から8.0.1or8.0.2へのアップデートに伴いできなくなってしまったようだ。Appleのサイトでは機能として紹介されているので、現時点使えなくなってしまっているのはアップデートに伴うバグなのだろう。来週予定されていると噂されているiOS8.1へのアップデートではバグフィックスしてほしいものだ。




« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー