お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月に作成された記事

2014年5月18日 (日)

XPERIA AX(SO-01E)バッテリーパック交換

メインで使用しているXPERIA AX(SO-01E)、最近電池の持ちがかなり悪い。元々この機種は電池の持ちが悪いのが発売以来最大の欠点なのだが、それでもいろいろ工夫して使えるようにしていた。

ところが最近は、全く使用していなくとも発熱していたり、使用中に突然再起動したりということがよく起こる。もちろんアプリの問題等もあるんだろうけど、残量表示もあてにならないようになってきた。

そんな中、2ちゃんねるのSO-01Eのスレッドを見ていたら、なんとSO-01Eの電池パックに不具合があったという書き込みが。

515 :SIM無しさん:2014/05/03(土) 11:29:21.58 ID:rmmRq5Rp
再起動病と電池持ち悪化の為1000Pで電池パック貰いにDS行ってきたんだが
電池パックの初期不良で無償交換になりました。
今年2月に発覚してSONYから連絡有ったらしい。
最初のロットで充電を繰り返すと内部仕切り板が劣化するとのこと。
電池パック交換で不具合改善するのは、そのせいでしょうか?

こんな書き込みがされていた。

その後151で確認したけれど、そのような事実は無いと否定されたという人もいたが、この515番の人の書き込みはその後も具体的な話が続いてこのロットの何が不具合という事まで書かれていた。

自分の電池のロットを調べるとスレに書かれたロットのひとつ前のロットである。

駄目ならそれで仕方ないし、もし本当なら自分の電池も交換してもらえるかもしれないので、とりあえず近所のDSに行ってみた。

相変わらず激混み。軽く1時間待ち状態である。近所のauショップは客が待っているのを一度も見たことが無いくらい閑散としているのとは対照的である。

受付をして、1時間も待つのかととりあえず新製品のモックを弄り、カタログを眺めていたら店員さんが声をかけてきたので、「SO-01Eの電池が最近全然持たなくなってきた。もちろんアプリとの相性だとかがあるのは知っているが、それにしても発熱もするし、突然再起動とかも多い。ネットで見ていたら、同じような症状の人がいて、DSに行ったら電池パックの特定のロットに不具合があったとかで今年2月以降に対策品が出て、無償交換してもらえたと書いている人がいた。」と説明したところ、店員さんが「確認しますので、もう少々お待ちください。」と電話をかけに行った。

実はこの電池パック、DSに相談するのは二度目である。別件で何かの手続きをしていた時に、雑談の中で電池の持ちが悪いという話をしたことがあって、その時はテスターにかけてもらい異常がないのでアプリのせいだと思うというようなことを言われた。またXDAにあるSony Mobile Battery Testing Appにかけても特段異常なしで返ってくるので、今回も同じようになるのかと思っていたのだ。

戻ってきた店員が改めて電池パックのロットを確認してきた。その後の電話のやり取りで交換対応という声が聞こえてくる。

やはり電池パックに不具合があり対策品が出ているという話は本当だったようだ。

店員が戻ってきて、「お客様のお持ちの電池パックについて交換対象であると確認できましたので、交換させていただきます。ただ在庫が無いので取り寄せ対応となりますので、入荷次第、今お使いの電池パックと交換とさせていただきますので。」ということになった。

ちなみに2ちゃんねるに書かれていた電池パックのロットはDVL、自分の電池パックはDVK。新発売当日の購入である。

やはり電池パックに不具合があったのは本当だった。

これはdocomoやSONYからしかるべき広報をして対応すべきじゃないのかなぁ。
そこまでして交換に応じるほどの不具合ではないってことなんだろうか。

発売当初からSO-01Eを購入して使用している人で、電池もちが悪く新しい電池パックの入手を考えている人、プレミアクラブの特典で1000P交換も可能だが、ひょっとすると交換対象で無償交換してもらえるかもしれない。

一度DSで確認してみてはいかがだろうか。

なお、auの姉妹機SOL21が同一電池パックを採用している。こちらの方はSO-01Eスレには、auショップへ行ったがあっさり否定されたと書かれてあった。SOL21スレにも今のところこの手の話は出ていない。型番が違うからとか書かれていたが、物自体は同一品であるので、docomo版がそうならau版でも同じ対応になりそうなものだが。

誰かauショップで追試した人がいればコメントで情報お願い。

2014年5月14日 (水)

ドコモ2014夏モデルが発表

本日、ドコモの2014年夏モデルが発表になった。

あらかじめわかっていたとはいえ、今回はXPERIA A2には少しがっかりである。前モデルの時はZ1があってそれをそのまま小型化したZ1fって感じだったが、ネーミングから見ても明らかなように、Z2とA2は完全に別物。Z1fのマイナーチェンジ機である。

ちなみに月サポを見てもわかるように、今回はGALAXYの一押しのようだ。

個人的に今回目に留まったのは、フィーチャーフォンのF-07Fである。久々のフルスペックフィーチャーフォン。以前ならPRIMEシリーズに分類されるべき全部入りケータイである。

無線LAN内蔵がうれしい。APがあればケータイのブラウザでWEBサイトの確認ができてしまうし、またテザリングモードも備えている。しかもこいつはFOMA機である。パケホダブルで安く維持できる。

テザリング中は定額対象外ってのがちょっと気に入らんが・・・。

さらにトランスミッタやBluetooth、Felica、ワンセグ、防水防塵、至れり尽くせり。

個人的に不満なのは富士通端末だという事だ。願わくば、Wオープン、ワンタッチオープン機能を付けてパナソニックから出てほしかった。

過去に一度だけカタログスペックが一番だった富士通端末に浮気して、えらい目にあったことがあって、その機種以外はドコモを契約して以来、フィーチャーフォンはずーっとパナソニック端末を使い続けているのだ。

それともう一つ気になる端末があった。

TV BOX、Androidを搭載したワイヤレステレビチューナーなのだが、何と簡易ルーター機能があるそうで、新料金プラン「デバイスプラス500」で、月額500円+spモード300円で下り最大112.5MbpsのLTEルーターとして使うことができる。

新料金プランのデータプランがそれほど魅力的ではなかったのだが、まさかこんなものが提供されようとは。

MVNOの格安データ通信プランが数多く提供されているが、同程度の金額で112.5Mbpsである。ドコモからこんなプランで提供されてはMVNOはたまったもんじゃない。

さらに3560mAhのモバイルバッテリーとしても使えるとか。

販売価格は1万円台前半だとか。

Xi対応ルーターとして大売れしそうな気がする。っていうか欲しい!

2014年5月 7日 (水)

NW-M505を入手

4月以降通勤時間がそれ以前より3倍以上にもなったので、通勤のお供のアイテムが欲しかった。

以前に使っていて、最近使用していなかったネットワークウォークマンNW-S705Fを久々に出してきたのだが、さすがに7年も前の製品だと本体に問題はないのだが、Windows8.1に対応していない。

一度ノイズキャンセルを味わってしまった身としては次もぜひノイズキャンセル機能付きをと以前から考えていた中で、最近気になっていたのはソニーのNW-M505

スマホと連携させてハンズフリー通話も可能となるスティックタイプのウォークマンである。

メモリは16GBしかないが、16GBもあれば自分にとっては十分であるし、足りない場合はスマホのメモリに入れてということなのだろう。この機種は本体メモリ内の音楽とスマホ等のメモリに入っている音楽の再生に対応している。

とりあえず、ずっと和歌山市内にいたので、5日、和歌山市内で家電量販店をいくつか回ってみるが、どの店も申し合わせたかのように同じ価格である。試しに価格コムを見てみると3千円ほどの開きがある。これは大きい。ヨドバシでは12400円(税込)だ。

そういやジョーシンは他店徹底対抗だとか安さ一番とかうたっていたよなぁ。どこまで安くなるんだろうと思って試しに店員に聞いてみることにした。(ちなみに、ずっと以前であるが高井田店で一度、「うちはヨドバシさんの値段が安ければ、合わせますよ。」と言ってもらっていたことがある。)

今回はジョーシンのポイントで支払うことを考えていたので、実は他店で買う気は全くない。

いくら特価とプライスカードがあってもそこは一度は値切ってみるのが関西での買い物の仕方であるし、店側もそのつもりで価格設定している。価格交渉もせずに買う客はカモなのだ。

早速店員を捕まえる。いくらになるのか聞いてみると、ちょうど創業祭をやっていてNW-M505は創業祭の対象商品なのだという。期待したのだが、POPの値段(税抜き14500円)から税込14000円が限度と言われた。目の前の天井から「徹底対抗・競合他店より安くします。」とあるのは何。大阪のジョーシンではヨドバシカメラに合わせるって言ってくれてるんだけど、ダメ?」と食い下がるも「ごめんなさい、大阪とは違うので」と言われてしまう。確かジョーシンってどこの店でも大阪日本橋価格で買えるってのが売り文句だったよねぇ。

次に和歌山国体道路店へ。今度は店員が捕まらない。声をかけてきたのは別のメーカーから応援に来ているバイヤーさん。実は・・・と話をすると、店員さんを呼んできます。と言ってくれた。しかし待てども店員は来ない。ようやく戻ってきたのは先ほどのバイヤーさん。「ジョーシンの店員さんに聞いてきたんですけど、これはこれ以上安くはならないみたいです。」と言われる。和歌山北店と同じように頭上のポスターを指さし、「徹底対抗・競合他店より安くします。って書いてるのに」と食い下がる。「もう一度聞いてきます。」再びどこかへ行くバイヤーさん。数分後戻ってきて「商品によって安くできるものとできないものがありまして、ソニーのウォークマンについては値下げできないそうです。」と来た。

同じ市内のジョーシンでも多少は安くしてくれる店と全く値引きできない店という結果になった。

ポスターには、日替わり商品や特別価格品等は無理というような記述があったが、ヨドバシカメラは日替わり特価でもなくそれが平常価格で、それより3千円高いのがジョーシンの特価であるが、他メーカーから応援に来ているバイヤーさんを責めても仕方がない。

ちなみに店員はいないのではなく、このとき隣のテレビ売り場に3人いて何やら話をしていた。別に接客中だったわけではない。見ているとバイヤーさんが話を聞きに行っていたのもその店員達。

この店の店員は接客までも応援バイヤーにやらせて自分たちは接客する気もないのか。

日が変わって6日。価格コムをまた見てみると、価格掲載店の上位の店舗が軒並み値下げしていてさらに安くなっているではないか。

万が一の奇跡を期待して、再び和歌山北店へ。昨日とは別の店員を捕まえる。「NW-M505がほしい。徹底対抗・競合他店より安くします。って書いてあるけどどこまで安くしてくれるの。競合他店の範囲ってどこまで?」と聞いてみる。店員は逆に「いくらくらいまでを考えておられますか?」と聞いてくる。ストレートに聞いてきたのでこちらもストレートに「ヨドバシは昨日まで税込12400円、今日は税込み11600円、ポイント10%。大阪のジョーシンではヨドバシに合わせてくれるって言ってたけどできますか?」と答える。

明らかに店員の表情が変わる。「無理です。ヨドバシの値段にするって市内の近くの一部の店だけでしょ。」明らかにそっちで買えよという表情が読み取れる。

ヨドバシは全国にその値段で無料発送してくれる。しかも翌日配達だ。ジョーシンのオンラインショップはは14500円で翌日発送。

これだけネットショップと物流が整備されたご時世に、地域が違うからと言われても。せめてオンラインはもう少し安くしてくれないかなぁ。

やっぱりヨドバシという化け物には太刀打ちできないのか。梅田のジョーシンもヨドバシができてすぐに閉店しちゃったしなぁ。

結局和歌山での購入は断念。

大阪へ戻ってきてから大東店へ。

店員を捕まえて、全く同じように聞いてみる。「安い店はどれくらいですか。」と聞かれるので、画面を見せてヨドバシ価格を言う。「うわ、ヨドバシさんはやっぱ安いですね。」 「昨日はもう1000円ほど高かったんだけど、今日からさらに値下げしたみたいですけど。」と答える。「う~ん、ちょっと調べてきますね」

おっ、今度は無理と言われない。「期待して待ってます。」と答える。

しばらくして戻ってきた店員さん、笑顔で「同じ価格でいいですよ。」キター。

「でもポイントだけは勘弁してください」。

まぁ1000ポイントくれるクーポンがあったし、全額ポイント払いなのでこれくらいいいか。

ってことでここで購入決定。

同じ関西地区のジョーシンでもここまで違うか。
明日朝の出勤から使用予定。

レビューは今後掲載予定。

2014年5月 6日 (火)

HarmonetのHE-WR01を売ろうとしたけれど・・・

3年ぶりにゴールデンウィークにまとまった休みが取れた(と言ってもカレンダー通りだけど)ので、4日間和歌山に行ってきた。

いつもは近畿道・阪和道を使って行くのだが、今回は阪神高速湾岸線を利用し、渋滞で詰まっていたので泉佐野北から下道を走行。

いつも通りHARDOFF泉南店へ。子供たちは二階のOFFHOUSEへ、自分はHARDOFFでいろいろ物色。

やはり西宮や伊丹昆陽に比べると価格設定が高めか。もう何年も前から見たことがある品物があったりもする。需要と供給の関係もあるのかもしれないが、しばらくして売れないものは思い切って価格を安くしたほうが品物の回転が良くなって、よりいいものが買取に出され、買われていくと思うのだが。

今回はあまりめぼしいものが無かった。とりあえず先日入手したHarmonetのHE-WR01の買取りがいくらになるか聞いてみた。

結果、思っていたよりもあまりにも安すぎる価格が提示された。まぁそんなものなのかもしれないけれど、これが売りに出される際は10倍くらいの価格になるんだろうなぁ。

そのまま26号線を南下、和歌山市へ向かう。第二阪和国道の工事が淡輪ランプから更に南へ進んでいる。予定ではさらに南へ進み、深日、孝子、平井の各ランプが作られ、和歌山市の大谷まで続く。2015年度には全線開通するらしい。これができれば信号はなくなるし、みさき公園やイオンモール和歌山の渋滞をかわすことができるので、かなり早くなるはず。

次にHARDOF和歌山次郎丸店へ。しょぼい、さらにしょぼい。しかも依然来た時よりも明らかにジャンク売場とかが狭くなって、カード類(バトスピとかのカードね)やフィギュア等の売り場が増やされている。

買取売場へHarmonetのHE-WR01を持っていく。「これはルーターですか?」と聞かれる。箱の表にワイヤレスルーターって書かれてあるやん。側面にFOMAデータ通信で無線LANでパソコン等をインタネットに接続って書いてあるやん。

数分待たされて呼ばれる。「お客様、こちらの製品、どうやって使うものですか?」と来た。箱に書いてある通りなんだけど。

「FOMA回線ということなので、ドコモのサイトを見たんですがちょっと載ってないので。」

そりゃそうだ。

一応auとsoftbank、docomo3社とも確認したんですが、確認できないので。

だって事業者から発売された端末じゃないもん。

「これはSIMフリー機ですか?」

SIMフリーじゃなく、docomo回線用に作られていて認証もとってるけど。

「支払い状況とかがわからないので、調べてるんですが各社のネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトで情報が出てこないので買取できません。」

いやだから、事業者が発売した端末じゃないんだから事業者の利用制限携帯電話機確認サイトで支払い状況なんて出てくるわけないでしょ。

「うちではここで確認できる端末しか買取できないので、申し訳ありません。」

以下、心の叫び

ってことは何かい、NEXUSをはじめとするSIMフリー機は買い取れないってことかい!ずっと前にバッファローブランドのdocomo回線用ルーター、DWR-PG売っとったやんか。
もうこの店では駄目だ。

結局売ることもなく、また何も買うこともなく店を出た。

西宮か昆陽へ持っていくかなぁ。

誰か買い取ってくれる人います?


2014年5月 3日 (土)

再びワンクリック110番が出回っているらしい

一昨夜あたりからLINE上でこのようなものが出回っているらしいので注意をというツイートがTwitterのTLで流れている。

Line110

画像は一部加工済み。
このリンクをクリックすると勝手に架電してしまうのだとか。

ちなみにこのリンク先は既に404となっているが、同様のものがまた出回る可能性は否定できないし、LINEだけでなくTwitterやFaceBook上等他のSNSでも出回るかもしれない。

今から14年ほど前にも同様のものが出回ったことがあった。

当時流行しだしたiモード携帯電話上で特定の110番へのリンクを貼ったメールを流し、そのメールを見てリンクをクリックするだけで110番へ発信してしまうというものだった。

この時は110番への偽計業務妨害罪で専門学校生が逮捕されている。

事件後、iモードブラウザの仕様に変更があり、電話番号へのリンクをクリックした際は発信を確認するメッセージが表示されるようになった。
悪用されるのを防ぐために詳細は書くのをやめるが、iモードのときも今回も基本的なやり方は同じでhtmlのタブを使っている。

今回の場合は短縮urlを使い、アクセス先が見えなくなっているのもiモードのときと異なる。

不用意にむやみやたらとTL上のリンクをクリックするのは避けたい。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー