お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月に作成された記事

2014年4月26日 (土)

間違い探し

家にあるiPhoneを並べて撮影してみた。

Iphone
ひとつ変なのが混じってる。どれでしょう?

2014年4月21日 (月)

Portable Wi-Fi DWR-PGを入手

よく行くハードオフ、と言っても大阪市内にハードオフはないので今日は伊丹池尻店での話。

大阪市内の自宅から一番近いのは西宮店なのだが、イオンモールの隣にあるためか伊丹池尻店に行く機会のほうが多い。

今日、のぞいてみるとなんとバッファローのモバイルWi-FiルーターDWR-PGがひっそりと売られていた。周りに売られていたのがフォトフレーム等の大き目の箱ばかりで、その間にひっそりと小さな箱のDWR-PGが隠れるように置いてあった。

このDWR-PG、docomoのFOMA網、無線LAN、有線LANによるインターネット接続を自動切り替えでき、最大6時間の利用が可能なWi-Fiルーター。

この商品が出た当時、ちょうどP2401が巻取りで、どれでも好きな端末に交換してくれるといった施策をやっていた時に登場し、ほしかったのだが、あいにくドコモ製品では無いということで交換の対象外となり、もらえず仕方なくL-05Aと交換してもらったこともあった。

その後、ドコモブランドでBF-01Bという型番でも発売になり、さらにはNTT東西からもPWR-100D、PWR-100Fといった型番でレンタルされている。

同時接続数が6台なので、これ一台あれば持ち歩く端末はカバーできる。

DWR-PG、BF-01B、PWR-100DはドコモSIMのみのロック機なのだが、PWR-100Fのファームを焼けばSIMフリー機になるという話も以前から知っていたので、機会があれば入手したいと思っていたルーターであったのだが、やはり価格が高く、一時期和歌山のハードオフで見つけた時も15000円程度の価格がついていたし、新品購入だとさらにその倍くらいはしていたのではなかったろうか。

今日見つけた品は、価格3500円(税別)、ヤフオクでの落札価格を調べてみるとこれよりもまだ高い。しかもハードオフの3カ月保証付。

これは!と思い衝動買いしてしまった。

とりあえず、先日購入してSC-05Dに入れてあるイオンSIMをこちらに入れて使ってみることとする。

イオンでもらってきたルーターは出番がなさそうだ。

イオンSIMなので、SIMロック解除はせずとも使用可能である。しばらくの間はノーマルで使ってみて、いずれSIMロックを外したりして遊んでみたいと思う。

ちなみに中身はAndroid 1.6で動作しているらしいとか。ますますいじれそうである。




2014年4月20日 (日)

喘息と流行性角結膜炎

月初めから続く咳、4月から異動となり勤務先が変わり、業務内容が変わり、勤務形態も変わり、通勤経路も家を出る時刻もと生活のパターンがまるっきり変わったこともあり、最初は体調を崩して軽く風邪にでもかかったのだと自分で思って、家にある咳止め等を飲んでいたのだが、いつまでたっても席が収まらず、むしろひどくなってきた。おまけに激しく咳き込むと胸のあたりが痛くなってきてしまった。夜などとても寝ていられない状況である。

おまけに昨日の午後から左目に異物感を感じ目やにが出始めた。夜に帰宅するころにはますます目やにはひどくなり、左目だけだったのが両目に、しかも眼球は充血して真っ赤である。

過去にも結膜下出血で目が真っ赤になったことはあるが、その時とは感じが異なる。昨夜は寝ている間にも3度ほど起きて目を洗ったのだが、それでも朝起きたときは大量の目やにで瞼が開かないといった状態である。

これはまずいなと思って、いつも家族全員でお世話になっている耳鼻咽喉科で診察をしてもらってきた。

この耳鼻科、近所ではなかなか評判がよく、先生がまた若くてイケメンでわかりやすく説明してくれるので若い女性やお母さんたちにも人気があるようで、子供の患者が特に多い。また受付や助手のお姉さんたちも綺麗な人やかわいい子ばかりなので男性患者からも人気がある。携帯電話やインターネットで診察予約ができるのだが、予約開始時刻になると一斉に予約が入り、一歩出遅れると予約が取れた時には30番代~50番くらいになってしまうのはざらで、ひどいと予約開始後数分で80人待ちとかになってしまうらしい。(妻談)

予約もせずにいきなり行けば、必ず1時間以上は待たなければならず、昼休憩もなくぶっ続けで診察し、終了時間も3時間オーバーってのがざらにあるようなところである。

今朝も予約開始時刻と同時に妻が予約を入れてくれたがそれでも24番だった。

そして診察してもらった結果、なんと「喘息ですね。」ってことで、その場で喉と鼻のネブライザーによる吸入のあと、咳止めと吸入の薬が出された。

過去にも軽い気管支炎とかになったことがあったのだが、まさか喘息だったとは。

この耳鼻科、花粉症等でアレルギーも診てくれるので目薬の処方などもしてくれる。眼科へ梯子するのも面倒だったので、ついでに眼の相談もしてみると、診察してくれて、まず疑われたのが「アデノウイルス」だった。空咳が出て目に異常が出てるというのが該当するらしい。

すぐに検査をしてくれて、しばらく待たされると結果が出たが、アデノウイルスでは無かったようで、「アデノウイルスによるものじゃない流行性角結膜炎」ということだった。

こちらも目薬を処方してもらい帰ってきた。

診てもらって処置してもらったことで、その後の咳は激減、もちろん夜にはまた薬を服用した。眼についても充血はまだかなり残っているが、目やにの量もかなり減った。

自分の場合、ここのところ数年に一度、目に何らかの異常が生じ眼科のお世話になることがある。

おととし、職場の検診で眼科の精密検査を受けるよう言われて、心配になって慌てて眼科に行って結果を見せ話をして、精密検査を受けたのだが、その時の結果は「こんな健康な目はない。この先10年、何の心配もない。」と言われ、安心していたのだが、さすがに感染性のものだと関係ないようだ。

喘息についても眼についても一週間様子を見てもう一度診察を受けることになった。

家に帰ってから流行性角結膜炎についてネットで調べると、確かに書かれている症状に合致していた。非常に感染力が強く、症状がひどくなると視力の低下、最悪の場合失明の危険もあるとかで早期に治療が必要だとか。昨日の今日で診てもらってよかった。

子供の場合は、学校保健安全法上の学校感染症の一つで、感染の恐れがなくなるまでは出席停止となるそうだが、やっぱり成人でも出勤しないほうがいいよね、これ。

2014年4月10日 (木)

ドコモ、6月から新料金プラン開始

報道数社に先行報道され、その日のうちに「ドコモから発表したものではない。さまざまな料金プランを検討しているが、現時点で決定した事実はない」とコメントを出し、その翌日になっての正式発表。まぁNTTグループではよくある話である。

新たな料金プランおよび割引サービスを提供開始

まだ詳しく目を通してないんだけれども、同業他社が先行発表している新料金プランよりはかなり良心的な感じがする。

確かに、過去のサービスイン時代からずっと続く、一人が一台の携帯電話機を使用した音声通話といった利用形態から、現在はスマートフォン、タブレットを中心としたデータ通信、モバイルルーター、組み込み機器等々と音声通話以外にも、一人が複数の契約回線を使用し、どんどん多様化している。

また近い将来始まるであろうVoLTEサービスを見据えて、これまでの新サービス開始に合わせて追加されてきた料金プラン、オプション料金で、複雑になってきた料金。これらを一新し、シンプルでわかりやすい、シェアできる新料金プランとなったのだろう。

さっきも書いたが、まだ全然詳しい内容に目を通していないのだが、概要だけ見る限りでは、これまで販売店の言われるままに契約し、その後の見直しもせずに「難しいから、プロの販売員が薦めてくれるプランが一番いいに決まってる。」とか「携帯電話の料金なんて別にけちけちせんでもいいねん。」と料金を払い続けている人には、おそらく今後の新プランで安く得になるんだろう。

反面、検索サイトでこのブログにたどり着いてきた人(全員とは言わないけど、最近の傾向ではそんな感じ)や、契約約款や提供条件書等を隅から隅まで目を通し、複雑な料金プランジグソーパズルを組み合わせ、いかに安くなるようにと工夫して運用してきた人や、いわゆる転売屋さんにとっては、あまり得なプランではないのかなという気がする。

最近、ある意味社会問題化している、高額キャッシュバックによるMNP客獲得などもこのプランが普及すれば沈静化するのかな。(まぁ、また別の手法が出てくるのかもしれないけど) 少なくとも3月までの明からな転売目的みたいな契約はしにくくなり、健全(?)な契約になるのかもしれない。

新しい料金プランの開始に伴い、従来のXiプランは廃止になるらしい。提供開始は6月1日から。

6月はちょうど、Galaxy NoteとMEDIAS TABの更新月にあたる。もう解約してしまうか。それとも辞めずともうまくシェアして安く維持できる方法があるのか?

2カ月半の間に、新プランについても勉強して、よく考えて行動したいと思う。


2014年4月 7日 (月)

isai LGL22を入手、そしてSIMロック解除

2年前に初めてのMNPで契約したXPERIA NX SO-02D

今月が更新月であり、またまた他社へのMNPを考えていたのだが、4月に入ってからはご存じのとおりである。なかなか一括0円ですら見つからない。

KDDI(au)で何かいい端末が無いか探していたのだが、iPhone5c/sは今や実質0円ばかりである。

そして関西資本の家電量販店で見つけたのが、22シリーズのいくつかの一括0円。URBANO、XPERIA UL、HTC J One、ARROWS Z、isai、DIGNO M等々である。店舗によって既に在庫切れの機種もあるようで、置いてない店はほとんど置いてないようだ。

XPERIA ULかなぁとも思っていたのだが、関東などでは既に後継機のXPERIA Z1でも格安で出ている。セリーヌな店やドリフな店で4800円くらいにまでは下がってきているようだが。

少し調べてみると、isai LGL22がなかなかいいらしい。なんでもNexus 5のベース機種となったLGのフラッグシップ機G2をベースにしているという。

しかも、なんとSIMロックが簡単に外せるだけでなく、KDDI、docomo、SBMいずれのSIMでも認識して使用できるようになるという。これはNexus 5でもできない芸当である。

これは一台持っておくといろいろ便利そうだということで、今回はisai LGL22をターゲットとする。そういやL-07C以来のLG機である。

5日に一度条件を確認してみると、LTEフラット、誰でも割、通話定額24、きほんパック、スマパスのみ。有料コンテンツも無いし、必要のないオプションは翌日にはずしてもいいと言われる。ちなみにMNP一括0円は今月いっぱいの予定だが、在庫限りで、今日も二週間ぶりにやっと入荷したと言われた。ちなみにポイントは16200P。

6日、同一ショッピングモール内にキャリアショップ、量販店、核店舗の携帯コーナーと3か所の売り場があるところへ行く。

まずキャリアショップへ。値段を見てみるとキャリアショップでもMNP0円をやっていた。さっそく店員を呼んで条件を確認するとMusic.jpともう一つ月額無料の書店サイトへの登録。CB等はなし。

核店舗の携帯コーナー、同じくMNP0円だが、ここはコンテンツが少し多い。そしてポイントやCBは無し。さらに在庫切れ。

最後に量販店、昨日確認したとおり。在庫有り。

なお、この量販店でXPERIA Z1も0円と大きな声で宣伝していた。「えっ!」と思って確認したら2台で0円とのことで、残念ながら1台のみでは0円にはならなかった。

結局当初のとおり、isai LGL22をMNP0円、16200Pで入手、条件は昨日確認したとおり。1月にauからdocomoにMNPして空いていた息子の名前で利用者登録して学割で基本料金無料となったので、後は明日以降にすべて外せば3円回線の出来上がり。

自宅に届いてたDMの抽選で100P当選していたのと、別に届いていたDMに入っていたインターネット、携帯電話に関するアンケートへ回答すると貰える200P、さらにいつもおなじみのこの店舗で実施の乗り換えサポートの旧機種回収でジャンクのPHSを1台持ち込んで2000Pで合計18500Pをもらったので、いいとするか。

帰宅後、さっそくSIMロック解除手続きをする。

利用したのはebayのphone.marketというサイト。日本円にしてわずか170円。注文してわずか8分ほどでSIMロック解除コードが届いた。なお、注意点としては機種をLGL22ではなく、G2として注文することくらい。

これであっさりとSIMロック解除完了。

ここで初めてLGL22がnanoSIM機であると気が付いた。あらら、先日のイオンSIM、SC-05Dで使うためにmicroSIMサイズにカットしちゃった。

とりあえずiPhone5sのnanoSIMで認識するか確認。

Lgl22docomo
無事、認識を確認。

あとはrootを取るくらいか。

なお、今回のSIMロック解除だが、同じくLGL21や23でも解除可能らしい。

そういや、先日ポイントでもらったSony Tablet P、無線LANの設定とアカウントの設定をしただけで、まったくセットアップできてないし、F-09D ANTEPRIMAにいたっては箱から出すことすらしてない。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー