お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2013年9月29日 - 2013年10月5日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

2013年10月6日 - 2013年10月12日に作成された記事

2013年10月 9日 (水)

ドコモ機以外でspモードメールアプリの送受信をするには

10月1日からドコモのiPhoneでspモードメールの送受信ができるようになった。

Androidのそれとは異なり、iOS標準のメーラーで送受信可能だという。

docomoのサポートサイトから、「spモード利用設定」というプロファイルをインストールすることで標準メーラーで対応させている。

このプロファイルはspモードで接続しないとダウンロードすることができないのだが、なんと10月1日のサービス提供開始直前直後には、spモードでテザリングしているauのiPhoneからもダウンロードできてしまった。

ちなみに今やろうとしても、「警告 6032 ご利用の機種またはブラウザからはアクセスできません。」とのメッセージが表示されダウンロードできない。

この設定を見るとiPhone用spモードメールは普通にSMTP/POPを使用していることがわかる。

もともとspモードメールは、POP3SとSMTPSを使用し、アカウント設定をユーザーにさせる必要が無いように、サーバー側で生成したメールアカウントを用いて認証、さらに有効期限を持たせ、強制的に変更を行うことでセキュリティを保っている。(その辺りの話はこちら

iPhone用spモードメールは、普通のメーラーを使用しWi-Fi環境でも普通に利用できる。そして今回、SMTPとPOPを普通に使用しているということで、Androidのspモードメールのようなクローズドなシステムでは無さそうだ。IDとパスワードがわかってしまえばspモードメールアプリ以外からでもアクセスできそうである。

そしてそのIDとパスワードはユーザーに設定させていない。ということは、「spモード利用設定」のファイル内にありそうである。

同じようなことを考える人はやはりいるようで、既に先人達が実験してくれていた。

まずはspモードに接続できるAndroid機でUser-Agentを変更できるブラウザを用意し、

Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11A465 Safari/9537.53

と設定。ドコモのサーバーにドコモiPhoneからのアクセスだと思わせる。

ドコモのサポートサイトに接続し、「spモード利用設定」のファイルをダウンロードする。

このファイルをエディターで開くと、

IncomingPasswordという文字列があるはずなので、その直下にある「string」と「/string」の間に挟まれた長い長い文字列をコピーする。

使いたいメーラーを開き、

POPサーバーは mail.spmode.ne.jp SSL使用の995ポート
SMTPサーバーは mail.spmode.ne.jp SSL使用の465ポート
ユーザー名はspモードメールアドレスの@マークより前
パスワードは先ほどコピーした長い文字列
メールアドレスはxxxx@docomo.ne.jp

と設定する。

auやSBM、SIMフリーのiPhoneなら先ほどダウンロードしたspmodeprofile.mobileconfigのファイルをメールに添付して送信、受信したら添付ファイルをインストールすればOK
これで、spモードメールアプリ、Communicase以外のメーラー、spモード以外からの接続、docomoから発売されていない機種からでもspモードメールの送受信が可能となる。
なお、spmodeprofile.mobileconfigのダウンロードをするたびにパスワードの文字列が変わるようだ。

これは、先にも書いたようにパスワードがサーバー側から払い出しされる仕組みになっているので、払い出しをするたびに変更になってしまうのだろう。ドコモサーバーから見るとおそらくspモードメールアプリでマイアドレスの更新を行うのと同じ動作なのだろう。

したがって、せっかく設定した情報も、いったんAndroid側でマイアドレスの更新を行ってしまうとパスワードが変更になってしまい認証が通らなくなってしまうようだ。

逆に言えば、一度設定してしまったら、spモードメールアプリを使わなければずっと使い続けられるのかもしれない。払い出しアカウントに有効期限があるのでいずれ使えなくなるような気もするが。

ただ、受信はダメでも送信については通ってしまうようだ。これいいのかなぁ。

なお、POPを使用しているのでPUSHには対応していない。ただメールに紐づいた回線のSIMが挿入されていればWAP PUSHは来るので、それを検知してメーラーを起動させ受信させるなんてこともプログラムを作れる人にならできるのではないだろうか。

今回はPOPサーバーだが、imap.spmode.ne.jpというサーバーが存在しているようなので、近々サービスが開始されるはずの、本物の「ドコモメール」というサービスではIMAPを使うのかもしれない。

その他の注意点としては、spモードメールアプリで受信するとサーバー内のメールは削除され、他のメーラーでは受信できなくなるので、spモードメールアプリの自動受信はオフにしておく必要がある。

複数のspモードメールアカウントの設定はできないようである。

メッセージS、メッセージRについても受信可能。
なおこの方法はドコモが公開した正規の方法ではないので、メール受信に失敗して、大事なメールがサーバーや端末から消えてしまっても当方では一切責任は持てない。

試してみる人は自己責任で。

2013年10月 7日 (月)

「空の日」エアポートフェスティバル2013に行ってきました。

大阪国際空港の空の日」エアポートフェスティバル2013に行ってきた。


小学生対象の親子バスツアーに申し込んであったのが当選していたので参加してきたのである。(もっとも落選していても行くことには違いないのだけれど)

到着したのは集合時刻の1時間前。時間が余っているので、大阪モノレールがやっていた鉄道模型の運転や、豊中警察署がやっていた、子供の制服着用等に並んでいると、時間が近づいてきた。

集合場所となっている大阪モノレールの駅下に行って受付を済ませ、リムジンバスに搭乗。いよいよ出発である。バスではは国交省のおじさんがガイドをしてくれる。

ゲートを通り中に入ると、まずは北方向、出来たばかりのANHの格納庫の前を通り、新聞各社、兵庫県警の格納庫である。これは朝日新聞と兵庫県警のフェニックスである。

1
Photo
ツアーバスと言えども、空港内を走行するからには管制の許可が必要であり、離発着の便があるとバスは一時停止させられ、安全になるまで走行の許可が出ない。また滑走路のエンドを横切ることもできないので、待たされる。

滑走路エンドを横切り、14Rの横を南へ向かい消防庁舎へ行き、消防車、消防服等の見学。消防車両の放水を見せてもらう。

Fire
次はB滑走路と、伊丹スカイパークの間を抜けて、32Lエンドを横切りVOR/DMEのすぐ横を通りちょうど32Rをほぼ正面に見ながら全日空の格納庫へ。

Ana_2
Ja10an
DHC-8-Q400やB737-781ER(JA10AN)を間近で見る。やっぱり737と言えども目の前で見るとさすがにでかい!

親子バスツアーが終わると、次に向かったのは普段は絶対に入ることができない第二フィンガー。元々は開放されていたのだが、警備上の理由で閉鎖され、今日だけしか入ることができない場所で、これまた身近に飛行機を見られる絶好の場所である。

Ja8981
737もでかかったが777-200(JA8981)はもっとでかい!

そうこうしている間にANA25便が到着する時刻となった。ANA25便はいつもB787-881特別塗装機が使われている。こいつを目の前で見られると思っていたら、なんと10月から使用機体がB777-200に変更になってしまっていた。

Ja81992
こちらはJALのB767-300(JA8399)
Ja8399
フィンガー開放は14時まで。それから遅めの食事を済ませ今度は展望デッキへ。

そして16時、もうひとつのB787-8、羽田行ANA32便がプッシュバックを始める。

Ja811a1
そして、32Lには沖縄からのANA106便B777-300(JA751A)がランディング
Ja751a
着陸してきたB777-300と離陸のため滑走路に向かうB787-8、それからスポットに駐機中の767の3ショット

7877771
と、ここで異変が。

これまでRWY32だったのが風向きが変わったようで、RWY14へ変更となった。

32Lに向かっていた787が14Rに向かうためにUターンを行う。周囲で見ていた人の中には、「あれ、何で反対に向かってるの?」と言っている人もいる。

ということで、32Lからスポットへ入ってくる777-300と14Rに向かう787-8がもう一度すれ違うこととなる。

7877772
そして、RWY14Rから「RWY14R cleard for take off」
787takeoff
これまで空の日のイベントと言えば、南紀白浜空港のイベントには何度か行ったことがあるが、大阪国際空港は初めてである。

やはり国内便専用とはいえ西日本最大の空港だけあって見どころは多く、ましてや普段は絶対に入れない場所へ行けるとあって、子供も「来年も絶対に来よう」と大喜びではあったのだが、それ以上にお父さんが大喜びであったのだ。

この他にもいっぱい写真があるので、それについてはこれまでに撮影したものも含めて、ぼちぼちとアップしていこうと思う。
 

« 2013年9月29日 - 2013年10月5日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー