お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013年3月31日 - 2013年4月6日に作成された記事

2013年4月 5日 (金)

dtab 到着

先日注文していたdtab、配達予定日は6日だったのだが、3日にドコモオンラインショップから発送通知が来ていて、4日には最寄りの郵便局に届いた。

2日も郵便局に寝かせておくのもなんだったので、多くの人がやっているようにドコモオンラインショップに連絡して、前倒しで受領できるように手配してもらい、前倒しで入手した。

思ったよりもサクサク動く。OSのバージョンのおかげか。

docomo Palette UIのおかげか、まるでdマーケットの各サービスを使うための専用機みたいに見えてしまうが、中身は普通のアンドロイドタブレットなので、自由に使うことができる。

docomo Palette UI の画面は慣れないからか使いにくい。提供元不明アプリのインストールを許可にしてから、XDAから落としたXPERIA ZのHomeを入れようとしたのだが、何故かインストールボタンが押せない。何で?

とりあえず、ADWを入れてdocomo Palette UI と切り替えながら使っていくとする。

dtabの液晶サイズは10.1インチ、とりあえずセリアへ行って汎用の液晶保護シールの中で12.1インチTablet端末までというものを買ってきて、カットして使おうと思ったのだが、何と保護シールのほうが小さい!

12.1インチまで対応の保護シールが何で10.1インチに足りないんだ?

動画の再生については、とりあえずdビデオストアでアニメを一本視聴してみたが、ひっかかることもなく非常にきれいに視聴できた。

どこかよくわからない中華タブが1万円前後で売られていることを思えば、docomoのブランド名でサポートされるタブレット(これも中華だけど)がキャンペーン価格とはいえ1万円でお釣りがくる価格で売られていることは、非常にお得なんじゃないだろうか。



2013年3月31日 (日)

SmartTV dstick 01 に当選、早速使ってみたが、リモコンアプリのできが・・・

先日来、twitter等でドコモのSmartTV dstick 01に当選した人の声が多く流れていて、中には一人で何台も当選した人がいたり、ブラウン管テレビに外付け地デジチューナーで普段テレビを見ていて、dstickをどうやって接続するのかもわからない(ってかそもそも接続できないんじゃ)って人に当選してたりと、いったいどうなってるんだ状態の中、自分には送られてこず、てっきり今月は落選したと思っていた。

なんでも最初の一か月で40万件ほどの応募があったとかで、半年間で7万台の当選なので、一人複数回線で応募している人も含めると、一回戦でしか応募していない自分は無理だと半ばあきらめていたのだが、一昨日になって飛脚さんが届けてくれたのだ。

パッと見は大きめのUSBメモリに見えなくもないが、実はCPUにCortex A5 800MHz、メモリが512MB、内蔵ストレージの容量が4GBのAndroid端末である。

Android端末といっても、ドコモのdビデオ、dアニメストア等の専用カスタマイズが行われており、Google Play等からアプリのインストール等はできない。この点はKDDIのSmart TV Stickとは大きく違う。

さて、箱から取り出して接続しようと思ったのだが、あいにく我が家のリビングのTVのHDMI端子は3つなのだが、既に全端子埋まっているというか、HDMIを使う機器は5台ほどありセレクター機能付のAVアンプを経由して賄っている状態だ。

仕方なく、動作確認のためにHDDレコーダーを1台外しのだが、dstickは別途電源にUSB端子からの供給が必要である。我が家のテレビにはUSB端子は無い。そこで100円ショップセリアでUSB延長ケーブルを調達。テレビサイドにあるDLNAサーバーのNASから電源供給を行った。

次にGoogle PlayからdstickリモコンアプリをAndroid端末にインストールする。アプリを起動してTV画面に表示されたQRコードを読み込ませるとBluetoothの認証が完了しAndroid端末からdstickが操作できるようになる。

リモコン操作できるAndroid機は1台だけなので、複数台の機器を所有している人は、どの端末で操作するのかを考えてインストールする必要がある。

何度か躓いたのが、無線LANの設定。我が家のネットワークは固定IP環境で使用しているのだが、dstickのWiFi設定の固定IPアドレスの設定がわかりにくい。正確にはリモコンのユーザーインターフェイス、デザインの出来が悪いのでTVに表示されている画面を下にスクロールさせるのがなかなかできなかったのだ。無料だからなんとか許せるものの、早急に改善が必要だと思う。

とにかくこの画面スクロールのさせ方は、非常に使いにくい。誰がこんなインターフェイスをデザインしたんだ。これはぜひアプリのアップデートで改善してほしい。リモコンアプリのど真ん中にある無駄なスペースは一体なんなんだ。ただたんにカーソルを動かすためだけのスペースとして使ってるだけ。これを長押しでスクロールモードとかにするだけで使い勝手は格段に向上すると思うのに。

まぁ、操作性の悪さはともかく、これまでスマホやタブレットの画面でしか見ることのできなかったdビデオのコンテンツを自宅リビングの大画面で見られるというのはうれしいことだ。

dビデオのコンテンツを見てみると、昔見た懐かしの番組等もあり、しばらくは楽しめそうだ。

さてdtabについても、早い人はもう届き始めているようだ。掲示板などに転載されていた情報によると、「配送の日時指定を取消し、前倒しで発送実施する」とオンラインショップに書かれていたとかで、実際に6日午前中配達希望だったのがもう届いている人とかがいるらしい。ところが自分の場合は、オンラインショップにログインしてみると、逆にdtabが好評のため、すべての商品の配送に遅延が生じている旨の案内が掲載されていた。

一体どうなってるんだ、自分の場合も配達は6日午前中となっているのだが、いつ届くんだろう?

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー