お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »

2012年12月30日 - 2013年1月5日に作成された記事

2013年1月 3日 (木)

iPhone5のノイズキャンセリング機能って別に目新しくもなんともないよなぁ

最近テレビでiPhone5のコマーシャルを見ていたら、ノイズキャンセリングについてを宣伝していた。

appleのサイトでも

さらにiPhone 5は、周囲の雑音を抑える新しいノイズキャンセリングテクノロジーも持っています。だから騒がしい部屋の中でも、iPhoneをあなたの耳に近づければ、あなたにとって一番重要な音、つまり電話の相手の声がしっかり聞こえます。

なんてことを書いていたりする。

これってそんなに目新しい技術でもなんでもなく、電話に関していえばアナログの固定電話(黒色のダイヤル式)時代からノイズキャンセリングは存在していた技術。

コイルを使ったり、もう少し進歩してくると、音声を拾うマイクとは別のマイクで周囲の音を拾い、位相を反転して合成することで、どちらのマイクからも入ってきている周囲音を打ち消してしまう。

この原理は先にも書いたアナログ電話だけでなく、無線通信などでも普通に使われてきた技術で、30年ほど前の「ラジオの製作」という雑誌なんかでは、確か自作の記事なんかもあったはず。知識とちょっとした指先の器用さがあれば簡単なものなら小学校高学年くらいでも製作できてしまうようなものだ。

一番簡単なのは、ステレオスピーカーのケーブルのマイナス側だけを外して、本体からの接続は左右それぞれのプラス端子だけにして、外したスピーカー側の左右のマイナスケーブル同士をつなぐ。

そうした状態で、ボーカル入り(なるべくエコー処理等のかかっていない)の曲を再生すると左右均等に近いレベルで録音されているセンターに位置するボーカルが位相反転で打ち消され、カラオケっぽくなる。これと同じようなことをしているのだ。ちなみにスピーカーを4本用意して、2本は普通に配線。残りの2本を上記のように配線して、これをリスニングポジションの後方に配置すると、簡易サラウンドのできあがり。

iPhoneではようやく採用されたのかもしれないが、実は他の機種にはずっと以前から当たり前のように搭載されていたりする。有名どころではXPERIAシリーズなんかは、arcの頃から代々この機能は付いていて、同じ場所で通話をしていてもXPERIAを使っている場合は明らかに音声がクリアに伝わってくるのがわかる。また音楽プレーヤーとしてみてもWALKMANなんかにはかなり前から搭載されている機能であり、機能をオンにしたときとオフにしたときの違いにはマジで驚かされる。特に地下鉄車内での違いはものすごい。ノイズキャンセラー機能付ウォークマンを買った時の話はここ。今から6年前の話である。

いろんな場所で使用される携帯電話機や音楽プレーヤーではこのノイズキャンセリング機能は非常に有用な機能であり、iPhone5が今この機能を大々的に宣伝してきていることについて、何をいまさらこんな当たり前の機能を謳っているいるんだ的な感じが非常に大きく、逆に、今までこんな機能もついてなかったのかと思っているところ。

しかしながら、素人的にはものすごい技術にうつるようで、「iPhoneってすごい」ってなっちゃうようだ。

何でもないことをすごいことであるように宣伝する、ある意味素人的な大胆さ。日本メーカーに製品には、本当にすごい機能が当たり前のように搭載されていて、ユーザーがそれを意識することなく当たり前のように使っている。

日本のメーカーも広告代理店も今一度宣伝の仕方というものを見直してみる必要があるんじゃないかなぁ。

2013年1月 2日 (水)

携帯電話初売りセールを見てきた。

何と今年の年末年始はずっと仕事なのだが、合間に梅田の初売りを覗きに行ってきた。

先日のお年玉箱ネット販売はなんと数分で完売してしまっていたのだが、実店舗ではどうなんだろう。

大みそかの夜中からのtwitter情報によればアキバや横浜などでは早くも行列ができているだとか、開店前に1500人ほど並んでいて、すでに完売したという情報もあったが、とりあえず行ってみた。

店についたのが開店から30数分後、店に近づくにつれ早くも赤い箱を持って帰路につく人がぞろぞろ。なかには一人で数個の箱を持っている人も。もう残っていないかなと思いながら店に行くとその時点で残っていたのはコンデジ、ブルーレイ、ビューティー家電、スーパーヒーロー等わずか。

タブレットはiPadだったらしいけどアンドロイドタブレット箱の中身は何だったんだろうなぁ。

とりあえず1Fの携帯電話売り場に行くと3キャリアそれぞれの売り場に初売りスマートフォンの箱があった。

自分で見たり聞いたりしたものと、2ちゃんねる等で収集した情報によれば、

ドコモはSH-06D、SC-05D、SH-01D、F-11Dが新規1円、機種変更9800円

auは、ISW11SC、iPhone4Sが新規1円、機種変更9800円。INFOBAR C01が新規1円、機種変更4,800円

SBMはiPhone4Sが新規1円、機種変更9,800円(ただし、SBMはごみ付きだとか?)

といった感じだったみたい。

一応、好きな箱を選んで一度だけ中身を確認させてくれるので、外れなら一か八か別の箱を選ぶことができる。

契約条件(オプコン)は不明だけど、auの場合は誰でも割とISNETだけくらいにしてくれるとかなんとか・・・

今日から一か月間フリーな身になるギャラタブ回線をと思っていたけど、結局手ぶらで帰ることに。

あれ、実はiPhone4S 9,800円ってかなり好条件なのかな?

ついでにもう一軒。守口市内の同一施設内に3箇所携帯電話を扱っている場所があるところの1番小さい売り場のところ。

ドコモのSH-10D、SH-07D、T-01D、F-03Dが機種変一括9,800円。F-05D、P-02Dが同じく19,800円。機種変がこの値段なので新規は0円だったんだと思う。ちなみに2台で4,000ポイント、3台で9,000ポイント、4台で16,000ポイント、5台で25,000ポイント。ポイントについてはドコモじゃなく他のキャリアでも、新規でも機種変でも可。

この辺の機種ってまだ月サポ機種じゃなかったっけ?ご愛顧割機種を探して機種変更するよりもお得じゃね?と思って調べるとSH-10Dなんて機種変で2,940円も月サポあるやん。

先月の機種変、早まったかなぁ。

2012年12月31日 (月)

今年入手したモバイル端末(2012年)

今年も早いものでもう終わり。

今年入手したモバイル端末というタイトルで記事を書くのも3度目となった。

今年のスタートは正月明けの初売りからスタート、まずはOptimus bright L-07C、昨年のご愛顧割機種入りに0~5000円程度でばらまかれだし、あっという間に大阪市近辺から姿を消してしまった端末だったが、和歌山の量販店で新春初売りで登場。初LG端末だったけど、評判通りのきれいな液晶で、root化とSIMロック解除を行った。ちょっとバッテリー持ちが悪いのが欠点。

さらに1月、iPhone4の機種変一括0円というばら撒きが一部量販店で開始されたことを知り早速もらいに。

1月はまだ続く。パナソニックのダメダメな子。P-01D機種変が通常一括9,500円で売られているのが週末特価で0円と知り、月々サポート目当てでもらいに。今思えばこのP-01Dの出来の悪さは、今のパナソニックを暗示していたのかも。

さらに1月は蚤の市でP-07B、mamorino2、biblio Leafをもらってきた。今電子書籍がホットだけど、みんなbiblio Leafのことも思い出してあげてw

次は2月、手持ちのau端末でプリペイドを契約しようとauショップへ行くと、なんと端末をくれるという。チャージもせずSIMだけ発行してもらうはずがK006が一緒についてきた。

SBMでは機種変が一か月と一日で可能になったということで、iPhone4をもう一度もらってくる。初めての同一機種間での機種変更。

次も2月、1月よりご愛顧割機種となったXPERIA arc(SO-01C)を購入。

3月に入ってからは、auのプリペイドからdocomoへMNPで発売されたばかりのXPERIA NX(SO-02D)を0円で入手。docomoの異常なほどの月々サポートのmnp優遇策で毎月の維持費は50円。

さらに同日別店舗でauのIS12FをSBMのプリペイドからのMNPで0円入手。

続いてiPhone4をもう一度おかわり。

3月の最後はGALAXY NEXUS(SC-04D)、ご愛顧入りしてからずっと探していたNEXUSをようやく入手。

4月は何も動きなしで5月の連休明け。再びauプリぺと2月に契約したIS12Fの2回線からdocomoへMNPで、GALAXY NOTE(SC-05D)、MEDIAS TAB(N-06)をそれぞれ0円、2,550円で入手。これはデータ契約に変更してXi割を併用。

しばらくおとなしくして次は8月。家族割が始まり、関西独自施策でCBがあることから、既にご愛顧割機種で0円でばらまかれていたP-01Dが再び脚光を。夏休みに探し回って何とか家族分と2回線変更。CBのおかげでこの先1年間程は維持費0円。

そして11月、XPERIA AX(SO-01E)、これは10年超え回線だと基本料金が2年間無料で、さらに月々サポートなし回線からの変更の場合、機種代を払ってもトータル維持費が安くなるという計算からまとめて2台購入したもの。

最後は12月。XPERIA AXで終わりと思われた機種変更だったけど、SH-06DとP-05Dの2台を家族割で機種変更して0円という条件を見つけてしまったので入手。

といった一年であった。他には家族回線でIS04FVとSH-12Cなんかもあったりして、トータルでは家族分を合わせて18機種24台!一昨年は5台、昨年は6台だったのに。

ちなみにP-07Bは手放した。P-01Dも1台だけ残して同様に。iPhone4については残ってたりする。おかげでiOS6の地図騒ぎの時も地図を見るためだけに一台アップデートすることが可能だった。

2年前の年末、端末購入サポート適用で一括0円でもらってきたGALAXY TAB(SC-01C)の回線が24ヶ月経って縛りが切れる。どこかに家族割無しで単独で機種変更一括0円は無いだろうか?とりあえず機種変更して(もらえるものはもらって)からMNPしたいのだが、どうもauの条件が最近あまりよくない。一括0円となるとHTCJとかacro HDあたりなのだが、維持費が今よりも高くなりそうな。mnpせずに2in1へ逃げてmnpの弾として温存するってのもあり?

さてさて来年は・・・

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー