お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月に作成された記事

2013年4月18日 (木)

P-05D ICSアップデート

昨年3月22日に発売開始、同26日にICSアップデートを8月以降アップデート予定と発表されたものの、その後12月20日に1月下旬から2月下旬へ延期。2月27日に4月以降へと延期が発表され、アップデート予定など無かったことにされてしまうのではと言われていた、Disney Mobile on docomo のP-0Dが8ヶ月遅れてようやくICSへのアップデートが実施された。

ほんと、何度も何度も延期にされて、更に製造元があんな状況で、もう絶対にないと思っていた。

手元のP-05Dも早速アップデートを実施した。ちなみにアップデートにはSIMカードは不要。WiFiのみで可能。(これは何気にうれしい) アップデートにかかる時間は約1時間弱。

ちなみにアップデート後のビルドは「09.0281」となる。いくつかのいらないアプリ追加の他に、サクサク感がよくなるなどの動作速度向上があるとのことで、早速ベンチマークを測定してみた。

使用したアプリはいつもと同じ、Quadrant Standard Edition

まずは、アップデート前の値を三度測定。

Total:1651/1694/1656

CPU:2148/2167/2148

Mem:2613/2646/2565

I/O:873/964/909

2D:435/485/485

3D:2184/2207/2172

次にアップデート後に三度測定

Total:2080/2037/2045

CPU:4787/4416/4492

Mem:2599/2642/2601

I/O:744/872/807

2D:269/256/265

3D:2000/1998/2061

となった。

ICSはデュアルコアに最適化されていると言うが、このベンチマークのCPUの測定結果を見ても明らかで、軽く倍以上のスコアをたたき出している。

ICSには、他にも不要なアプリやサービスを無効化させる機能などが追加されている。セキュリティ面から見ても機能面等からみてもユーザーはぜひアップデートしておくべきだと思われる。

とにかく、ドコモが予定していたICSへのアップデートはパナの3機種をもってすべて終了した。次はいよいよJBへのアップデートだ。

Xperia NXやGalaxy Noteの海外機などは既にJBが提供されている。更にXperia AXについても確かJB対応は予定があるとなっていたはず。

次はいったいどれだけの機種がJBへとアップデートされるんだろう。

2013年4月 8日 (月)

dtab カスタマイズ

先日、届いたdocomoのタブレットdtab。

XDAから落としたHOME画面がインストールできないと書いていたが、これはBattery Mixというアプリでステータスバーにバッテリー残量を表示しているのが原因だった。

いったん、バッテリー残量表示を解除してから無事にインストールできた。これでユーザーインターフェイスはXperia Tablet Zっぽくなった。

壁紙についても、XDAからダウンロードしたXperia Zの壁紙をインストール。たったこれだけでずいぶんイメージが変わった。

この調子でXperia Tablet Zもどきでも作るかw

dstickのリモコンアプリもdtabに入れなおして改めて登録し直し。更に任天堂DS用ポケモンキーボードについても登録。

これで、使いにくいdtabリモコンも多少は使いやすくなる。

2013年4月 5日 (金)

dtab 到着

先日注文していたdtab、配達予定日は6日だったのだが、3日にドコモオンラインショップから発送通知が来ていて、4日には最寄りの郵便局に届いた。

2日も郵便局に寝かせておくのもなんだったので、多くの人がやっているようにドコモオンラインショップに連絡して、前倒しで受領できるように手配してもらい、前倒しで入手した。

思ったよりもサクサク動く。OSのバージョンのおかげか。

docomo Palette UIのおかげか、まるでdマーケットの各サービスを使うための専用機みたいに見えてしまうが、中身は普通のアンドロイドタブレットなので、自由に使うことができる。

docomo Palette UI の画面は慣れないからか使いにくい。提供元不明アプリのインストールを許可にしてから、XDAから落としたXPERIA ZのHomeを入れようとしたのだが、何故かインストールボタンが押せない。何で?

とりあえず、ADWを入れてdocomo Palette UI と切り替えながら使っていくとする。

dtabの液晶サイズは10.1インチ、とりあえずセリアへ行って汎用の液晶保護シールの中で12.1インチTablet端末までというものを買ってきて、カットして使おうと思ったのだが、何と保護シールのほうが小さい!

12.1インチまで対応の保護シールが何で10.1インチに足りないんだ?

動画の再生については、とりあえずdビデオストアでアニメを一本視聴してみたが、ひっかかることもなく非常にきれいに視聴できた。

どこかよくわからない中華タブが1万円前後で売られていることを思えば、docomoのブランド名でサポートされるタブレット(これも中華だけど)がキャンペーン価格とはいえ1万円でお釣りがくる価格で売られていることは、非常にお得なんじゃないだろうか。



« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー