お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

2012年10月14日 - 2012年10月20日に作成された記事

2012年10月19日 (金)

ThinkPad X121eにUbuntuをインストール

ThinkPad X121eを使用しだして一週間ちょっとが経ったが、今回はUbuntuをインストールし、Windows 7とのデュアルブート環境にしてみた。

以前は、HDDのパーティションを分けてデュアルブート環境を作っていたのだが、今回は面倒なのでWindows用NTFS領域の中に仮想的にUbuntu用領域を作り、デュアルブート環境にすることにした。

以前のUbuntuには、Windows内からインストーラーを実行して、HDD内に仮想的なLinux用パーティションを作り、Ubuntuをインストール、デュアルブート環境まで勝手に作ってくれるWindows インストーラーが入っていたのだが、最近の日本語バージョンには入っていないので、Ubuntuの本家サイトにいってWindowsインストーラーをダウンロードし、実行することにする。

ここにアクセスすると「Get the Windows installer」というのがある。これをクリックするとWubiというツールがダウンロードできるので、そのまま実行するとWindows内から簡単にUbuntuのインストールが可能となる。

Ubuntuの領域を作成するドライブと容量を指定すると、NTFS内にubuntuというディレクトリが作成され、その中に指定したサイズと同じ大きさのroot.diskというファイル他が作られる。

このroot.diskというファイルの中がUbuntuがインストールされる仮想領域となる。

あとはインストールが進み、自動的にデュアルブート環境が作られる。

一度再起動し、デュアルブートメニューからUbuntuを起動すると最終セットアップが動き、ネットワーク等の環境設定をして完了。

本当に簡単にデュアルブート環境構築までできてしまう。もうHDDのフォーマットがどうとか、ブートローダーがどうとかいった知識も不要である。

元のWindowsだけの環境に戻したい場合は、Windowsのコントロールパネル内から他のWindows用プログラムをアンインストールするときと同じようにUbuntuをアンインストールできる。

Ubuntu自体ひとつのOSであるが、Windowsの1アプリケーションと同じ間隔でインストール/アンインストールが可能である。

Windowsとはまた違った環境が無料で簡単に作成することができるので、興味がある人は一度チャンレンジしてみてはどうだろう。

2012年10月16日 (火)

仮面ライダー X 仮面ライダー ウィザード&フォーゼのゲストキャラ

東映が誇る、二大スーパーヒーローと言えば、仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズ。

どちらも石ノ森章太郎が生み出したスーパーヒーローである。

仮面ライダーディケイドでは、過去の昭和ライダー、平成ライダー全てが登場、海賊戦隊ゴーカイジャーではゴレンジャー以降の全ての戦隊が登場。さらに映画では、これらのヒーローの全てが一本の作品に登場してしまった。

さらには、ゴーカイジャーの映画では宇宙刑事ギャバン、現在テレビ放映中のゴーバスターズでもギャバン、更に仮面ライダーフォーゼの映画では、宇宙鉄人キョーダインや大鉄人17が敵キャラとして登場。

もう何でもありって感じになってきているのだが、次の冬休み映画として12月8日から公開されるMOVIE大戦最新作では、同じ石ノ森章太郎が生み出したイナズマンや美少女仮面ポワトリンまでもが登場するんだとか。

同一作者の他の作品のキャラクターが登場するといえば、松本零士の描く世界がいろいろな作品でつながっていて有名だが、どうも石ノ森章太郎作品もつながっていそうだ。まぁギャバンは石ノ森作品じゃないけど。

松本作品が遠く時の輪の接するところで交わっているのに比べ、こちらはもう少し狭い身近な距離でつながっているようだ。

もう何が何だかわからない。そのうちロボット刑事とかキカイダーだとか、ひょっとすると星の子チョビンだとか、「姉さん事件です」でおなじみのホテルプラトンの赤川一平なんかも出演するようになるかもしれない。

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー