お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »

2012年9月30日 - 2012年10月6日に作成された記事

2012年10月 6日 (土)

10月5日はThinkPad生誕20周年、そして我が家には

10月5日は、IBM(当時)からノートパソコンThinkPadが発売されてちょうど20年の節目の日。

現在TninkPadを販売するlenovoやPC Watchのサイト等でいろいろ特集が組まれている。

自分とThinkPadのつきあいは約17年、これまでのThinkPadとの付き合いはここここここここ辺りで紹介しているが、これまでに新品、中古、ジャンクを含めて18台ほどのThinkPadファミリーを入手してきた。

18台所有しているThinkPadであるが、その中でもっとも新しい機種はX31、IBM時代に買った最後のThinkPad。

もう約10年間同じPCを使い続けているが、さすがにWindows7などは使えないがXPを使っている間はこれで十分と自分に言い聞かせてきた。

近々Windows8も発売になり、そろそろ新しいThinkPadが欲しいなと思っていたらなんと購入許可がおりた!

自分がThinkPadを買うなら、やはりXシリーズ以外は考えられない。持ち歩くわけでもないのに何でだろ?やはりこれまで使ってきたThinkPadが2**、5**、X*だったから。

というけで予算との兼ね合いもあり探し回った結果、10月5日に届いたのがこれ。

X121ebox

X121e1

記念すべき日に我が家にやってきた19台目のThinkPadはX121e(76J)

本当は、X220とかX230っていった型番が欲しいところだけど、先日冷蔵庫も買ったばかりだし、予算の都合上X121eで一番コスパが優れてそうなものを探したら76Jになった。

OSが7のPro(但し32bit版)、Office 2010付きで、指紋センサー付き、メモリが2Gだけどこれは数千円で増設できるし、後で増設した方が安上がり。

というわけで、早速セットアップ開始。

X121e2

X121eはかつてのウルトラモバイルシリーズよりも、さらにネットブック寄りな感じ。写真でチラッと見えている、左後方がX31、右がX24。

かつてのThinkPadは蓋を閉じていても状態がわかるような各種LEDインジケーターが付いてたけれど、今はそもそも無い。っていうかHDDアクセスランプすら付いてないのさすがにちょっと不便。

キー配列が若干変わっていて、これまでのThinkPadから移行した人には慣れるまでがちょっと不便かとも思うけど、キー入力のしやすさはやはりThinkPadl。X31より少し柔らかいかな。

ThinkPadオリジナルの各種ツールは10年前からあるものからずっと継承されているので、ソフトウェア的な使い心地は変わらない。

後はもう少し使っていけば、不便なところも出てくるだろうし、いいところも出てくるのだろう。

これから、今までX31で使っていたツールやデータ等を徐々に移行していこうと思う。

2012年10月 3日 (水)

GALAXY Tab (SC-01C)まさかのアップデートでroot化は?

昨年の大震災を受けて、NTTドコモの山田社長(当時)が昨年4月28日に、発売済みのスマートフォンを今夏(2011年)に緊急地震速報対応させると会見で発表してから1年半。参考記事はこちら

その後、XPERIA (SO-01B)を始め、LYNX 3D (SH-03C等々、続々とエリアメール対応のアップデートが行われたのだが、何故かGALAXY Tab (SC-01C)だけが取り残されていた。

同時期に発売され、中身もそれほど変わらなさそうなGALAXY S (SC-02B)については今年の1月19日に対応がなされたにもかかわらず、放置され続け、ユーザーの間の一部では無かったことにされている機種とまで言われかけていたのだが、先月26日に突如アップデートが発表された。

ドコモからのお知らせによるとアップデートの内容は

エリアメールの対応

英字フリック入力の削除

Wi-Fi利用時に再接続しようとしても、自動で再接続ができない場合がある事象の改善

microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損されることへの改善(SDXC対応するわけではない)

となっているが、実はOSのバージョンが2.3.3から2.3.6へと上がっている。

アップデートの方法はGALAXYシリーズでおなじみのPCを接続してSamsung Kiesというアプリを使用して行う方法と、端末単体で更新するOTA方式。

これでAndroid2.3.6にアップデートすることができる。

さて、従来のバージョンでroot化してある場合はアップデートすることでroot化が解除されてしまうのではないかという心配があるが、今回はrootedを維持したままアップデートする方法を紹介する。

まずはGoogle PlayからOTA Rootkeeperというアプリをダウンロードしてきてインストールする。

このアプリをインストールして現在のrooted環境をバックアップしておいてからOTAでアップデート、起動後にもう一度OTA Rootkeeperを起動し、root環境を復元することで、rootedを維持したままのアップデートが可能である。

アップデートしたいけど、root化が解除されてしまうのがいやな人は、この方法を使えば可能なのでやってみれはいかが?

ちなみにアップデート前はほとんど空きが無かった/system領域も、容量が小さくなっているようで、若干余裕が出来るようだ。

« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー