お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

2012年1月22日 - 2012年1月28日に作成された記事

2012年1月23日 (月)

iOS5に保存される位置情報履歴?

昨年の4月頃にiOS 4 以上の iPhone や iPad 3G が位置情報の履歴を端末内やPCに保存していたということが問題になった。当ブログでもこことかここで取り上げている。

この問題が騒ぎになってからアップルでは

一年近くの長期間位置情報を記録していたのはバグ

ユーザーが位置情報サービスを無効にしていても記録を取っていたのはバグ

位置情報をオフにした場合はキャッシュをクリアする

iTunesでPCに位置情報の履歴がバックアップされるのはバグ

次のiOSメジャーリリースでは端末内に保存される位置情報履歴も暗号化する

と発表し(ソースはここ)、iOS4.3.3でこれらの問題を修正しているらしい。

次のiOSメジャーリリースってiOS5のことだよなぁ。

修正前のiOS4では

/private/var/root/Library/Cache/locationd/consolidated.db

/var/root/Library/Cache/locationd/consolidated.db

この2ファイル内をSQLiteのブラウザ等で覗いてやると基地局情報の履歴等が保存されていた。

iOS5ではどうなったのかと、少し探してみると、iOS4の時と同じ名前のファイルが存在したが、「CellLocation」等といったテーブルそのものが無くなっており、暗号化とか言う以前にこのファイルには記録されていないようだ。

ところが、同じディレクトリ内に

cache_encryptedA.db

というファイルがある。

このファイルをSQLiteのブラウザで開いてやると、consolidated.dbと同じように「CellLocation」、「WifiLocation」等々といったテーブルがあり、同じように、MCC、MNC、LAC、CI、Timestamp、Latitude、Longitude等々といったデータがそのまま記録されているのがわかる。

まだ詳しくは見ていないので、どれくらいの期間保存されているのかとかどういったタイミングで記録されているのかとか、どのテーブルが何のデータを記録しているのか等々の詳細はわからないが、記録されている緯度経度を見てみると、自宅の最寄りの基地局の位置や、先週出張で行った東京方面の位置、自宅の無線LANのMACアドレスなどが確認できた。

暗号化されてるようには思えないんだけど・・・

ちなみにこのデータは「iOS 5:位置情報サービスについて」の「クラウドベースのWi-Fi と基地局位置サービス」にある

「位置情報サービス」がオンの場合、デバイスは、公衆 Wi-Fi アクセスポイントとモバイル通信網の基地局の位置情報のクラウドソースデータベースを補強するために、近くの公衆 Wi-Fi アクセスポイントとモバイル通信網の基地局のジオタグ付きの位置情報を、匿名の暗号化された形式で Apple に送信します。さらに、物理的に移動 (車で旅行など) しているときに「位置情報サービス」がオンになっている場合、GSP が有効になっている iOS デバイスは、クラウドソースの道路交通情報データベースを構築するため、GPS の位置情報と走行速度の情報も、匿名で暗号化された形式で Apple に定期的に送信します。Apple が収集するクラウドソースの位置情報データは、個人を特定しない形式で収集されます。

で使用するためだと思われる。昨年の問題発覚以降こういう説明を出すようになったらしい。

2012年1月22日 (日)

P-01Dが機種変更一括0円

2ちゃんねるの携帯板、西日本docomo買増スレに書き込まれていた情報で、ケーズデンキ奈良本店でこの土日新規機種変全機種1万円引き、通常ケーズで機種変一括9500円として売られているP-01Dが0円になっているという情報があった。

P-01Dといえば、Panasonicの出している小型のAndroidスマートフォン、コンパクトで使いやすいMyFitスマートフォンというコピーで売られているが、言葉とは裏腹に非常に駄目駄目なことで知られるスマートフォンである。

もともと定価も他機の半額近い値段であるが、とにかく使いにくかったりバグが多かったりでどうしようもない機種。こんな機種を日本を代表する携帯電話機メーカーが出していること自体がどうしようもない状況で、こんな機種を出しておいてよく海外展開なんて考えるなってレベルで、このサイトではワーストバイとまで言われている。

別件で近所のケーズデンキに行ったところ、こちらでも一括0円で売られていることを発見。

駄目駄目機種でも月々サポートの対象機種ではある。自分のメイン回線と妻の回線は、月々サポートの対象外機種をこれまで使用しているが、このP-01Dに変更すれば月々サポートの適用で毎月840円の値引きが受けられる。

店員に条件を確認したが特に大きな条件は無く、代理店が開設しているサイトのアプリを一つだけインストールすることと、現在の使用機種を半年以上使っていることだったが、こちらについては交渉してみたところ4ヶ月でもOKとなった。

現在使用中の機種が電池切れをおこした際の対策として、予備電池を買うことも検討していたが、電池代もそれなりに出費が必要。P-01dならそう邪魔にもならないコンパクトさ。

というわけで、予備電池を調達する代わりに自分のメイン回線と妻の2回線をP-01Dに変更。

他のキャリア分も含めて店内が非常に混雑していたからか、当初言われていたサイトアプリのインストールも実際には行われることなく発着信履歴のテストだけが行われた状態で手渡された。

昨年夏の機種変バリュー一括祭りや年末から行われているL-07C一括祭りで機種変更を行っている人や、端末購入サポートのしばりを受けている人の機種変更としてお薦めであるとは思う。

追記:アクセス急増で調べたら2ちゃんねるのP-01Dスレッドにリンクが張られてた。月々サポートを受けるためにってのはホントだけど、本体ゴミ箱行きはしてないし、転売もしてなければその予定もない。リンク張った奴、ちゃんと読めよなぁ。

« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー