お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年9月16日 - 2012年9月22日 | トップページ | 2012年9月30日 - 2012年10月6日 »

2012年9月23日 - 2012年9月29日に作成された記事

2012年9月28日 (金)

SIM抜きiPhone4とソフトバンクWi-Fiスポットへの接続(複数台同時接続)

先日から続けているSIM抜きiPhone4によるソフトバンクWi-Fiスポットへの接続

今回試したのは、同じSIMを使ってプロファイルの設定をしたiPhone4を複数台準備し、いずれの端末もSIMを抜いた状態で接続できるか否か。

先日から使用している2台のiPhone4、1台はiOS 5.0.1、もう1台はiOS6。この2台に対して同じSIMを使ってソフトバンクWi-Fiスポット用のプロファイルを設定後、どちらの端末からもSIMを抜いて、またまた近所のソフトバンクWi-Fiスポット(0001softbank)設置場所へ。

二台同時に電源を入れ、それぞれブラウザを起動してみると、何とというか、案の定というか、二台ともログイン処理を経て無事に接続可能。

う~ん、これいいんだろうか?

それではと、今度はAndroid機での挙動を調べてみる。

手持ちにDellのDesire HD (001HT)があるのでこれでソフトバンクWi-Fiスポットの設定を。

ところがやっぱりAndroid機の場合は有効なSIMが挿入されていないとだめっぽい。契約時の暗証番号が必要ときた。SIM内部のデータと暗証番号を使って認証するのか?

iPhone4で使っている有効な回線と同じ電番が入っている、機種変更前に使っていたSIMを挿入していたのだが、これだけではだめらしい。SIMロックを外していればiPhone4のSIMを挿入して設定はできるが、SIMを抜いたり別のSIMが入れられると設定ツールがエラーをはじく仕組みになっている。

ってかそもそも、ソフトバンクモバイルのAndroid機はSIMが入っていないと機内モードにしていない限り端末操作すらできない状態になってしまうのが普通。

ってことで、SIM抜きで接続できるのはiPhoneのみらしい。(いや、iPadもいけるかもしれないけど、これについては持ってないので確認しようがないので、誰か持ってる人にお願いしたい。)

今回の一連の検証は全てSSIDが0001softbankで行っている。ソフトバンクWi-Fiスポットには他にもいくつかのSSIDが存在するが、今のところ他のSSIDでは接続を確認していない。っていうか0002softbankとかって近くにあるのかな?

2012年9月25日 (火)

SIM抜きiPhone4とソフトバンクWi-Fiスポットへの接続(iOS5でも6でも可能)

前回の記事で、iOS6にアップデートしたiPhone4において、有効なSIMを挿入し、いったんソフトバンクWi-Fiに接続できるよう設定をしてしまえば、その後SIMカードを抜いてしまってもソフトバンクWi-Fiスポットへの接続が可能だったことを書いた。

その後、この件について追加検証を行ってみた。

今度は前回とは逆で、元々有効なSIMを挿入して使用していたiPhone4からSIMを抜き取った状態でソフトバンクWi-Fiスポットのエリア内に入ったら、iPhone4は接続が可能なのか?

今回のiPhone4はiOS5.0.1がインストールされ、ソフトバンクモバイルWi-Fiスポットの一括設定プロファイルがインストールされているもの。

このサイトで自宅近くのソフトバンクWi-Fiスポットを探してみると、数百メートル離れた近所にあることがわかったので、ぶらぶらと出向いて行って確認作業を実施した。

なお、このスポットのSSIDも0001softbankであった。

結果から書くと、SIMなし状態のiPhone4でも無事接続され使用することが確認できた。

つまり、iOS6になったからというわけではなさそうだということになる。

ついでに、4.2.1をインストールしてあるiPhone3Gでも同じ事をしてみようと、SIMのサイズを変換する下駄をはいて、動作させてみたのだが、プロファイルのインストール画面に進むことが出来ずうまくいかなかったので、こちらについては、後日改めてリトライしてみたい。

また、Android端末ではどうなるのか?こちらについても今後の確認事項としたい。

2012年9月24日 (月)

SIM抜きiPhone4とソフトバンクWi-Fiスポットへの接続

ソフトバンクWi-Fiスポットは、SIMの中のデータをIDとして利用しているので、他キャリアの端末はもちろんソフトバンクモバイルから発売された機種であっても有効なSIMカードが挿入されていない端末では使えないというのは、これまで知られていたことである。

実際に過去に解約された後のSIMを挿入したiPhone3Gや機種変更した後のDesire HD(SIM抜き)ではソフトバンクWi-Fiスポットでは使用することが出来なかった。

ところが、先日地図見たさにiOS6にアップデートしたiPhone4にいったん有効なSIMを挿入し、ソフトバンクWi-Fiスポットのプロファイルをインストールした後で再びSIMを抜いた状態にしたiPhone4が、本日たまたまソフトバンクWi-Fiスポットに接続されていることを確認した。

接続時の画面を見ている限りは、SIM有り端末とSIM無し端末での認証の違いはないように見える。ちなみに接続を確認したSSIDは0001softbankである。

iPhoneだけは別なのか、それともiOS6にアップデートしたことが関係あるのか、それともソフトバンクWi-Fiスポットのログイン認証に関する仕組みに何らかの変更があったのか、その辺は全く不明であるが、とにかく現在ログインできていることには間違いない。

今日は確認できていないが、iOS5のiPhone4での動作がどうなるのかを引き続き検証してみたい。

なお、この接続が確認されたときは、SIM有り端末、SIM無し端末、両方の端末とも認証が通って同時にログイン状態になっていたことを付け加えておく。

PS. なんでもSIMフリーのiPhone5にいったんSBMのSIMを挿入して、Wi-Fiスポットの設定をしてしまえば、その後docomoのSIMが挿入されていてもソフトバンクWi-Fiスポットに接続できてしまうとか。ソースはここ

« 2012年9月16日 - 2012年9月22日 | トップページ | 2012年9月30日 - 2012年10月6日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー