お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月13日 - 2012年5月19日に作成された記事

2012年5月17日 (木)

週刊プレイボーイの記事でまたもや携帯電話維持費の記事

今年に入ってから、ちょこちょこと携帯電話関連の記事を掲載している週刊プレイボーイ

まずは3月5日発売の10号では「フツーに買うより5万円トクする!?春の「ケータイ&スマホ」超激安活用術!!」と題して、auのMNP高額キャッシュバックでコストダウン、月々サポート増額中のドコモでコストダウン、SBMのみまもりケータイで月々5円運用でコストダウンという内容を紹介、プリペイドからの転出という手法を公にバラしてしまい、その後各社からのプリペイドの規約改悪だとか、販売店でのプリペイドからのMNPの場合のCB廃止などを引き起こした。

15号では、「”ケータイ転がし成金”の実態」として、格安機種を大量に機種変更し、端末を転売する乞食稼業を紹介

19/20号では、「ケータイ”2年縛り"でユーザーはボラれている!」として2年縛り契約と端末価格が結びついている現在の販売方法に疑問を投げかけている。

そして今週号は、「ドコモのスマホが月200円で使い放題って、マジ!?」ということで、MNPによる月々サポートの増額+プラスXi割を使い毎月の維持費をダウンさせるという内容を記事にしている。

でも、記事には端末購入については、MNPで購入することは書かれてあり、弾が無ければ、SBMのプリモバイルを用意し、3000円分のチャージと転出料、契約解除料が必要とは書かれてあるけど、肝心の端末購入に係る費用が全く欠けていて、普通に分割で買ってしまうと、分割支払い分の端末代金は月々サポートの対象外ということは一切書かれていなくて、これまでの一連の記事と同じく、「にわかな人」が真似すると、記事通りの維持費にはならない。

ちなみに、Xi割については既存回線保持者にも適用されるが、その点についても紹介されておらず、新たに購入する必要があると思ってしまう人がほとんどだと思われる。

記事が紹介されたのは5月15日発売号、今回のdocomoの施策はMNP増額は今月いっぱい。あと二週間しか利用できないかもしれない。MNP増額キャンペーンは続くのか?

いったいどれだけの人が、この記事を読んで真似をするんだろう?

2012年5月16日 (水)

手持ちの新旧のモデルでベンチマークを測ってみた

昨日のKDDI(au)、今日のdocomoの新製品発表会。

共通しているのはクラウドサービス、マルチデバイスといったところだろうか。

どちらも映像、音楽といったコンテンツ提供サービスのさらなる充実を発表していた。

いつもは山田社長の「エルテーイー」発音が話題になるけれど、今回は田中社長の「マルチディバイス」が気になったかも。

山田社長は「ドコモクラウド」については、全てのスマートフォンで利用できるようになる。と言っていた。全て?HT-03Aは?T-01Aは?spモード対応機だけどSH-10Bは?T-01Bは?SC-01Bは?BlackBerryシリーズは?

KDDIからもGALAXY Noteが出るとかいう噂もあったけど、結局出ることなく、docomoからはフィーチャーフォンは出ずにらくらくホンまでもがスマホになってしまった。ただらくらくホンはGoogleアカウントも使わず、PLAYストアからのアプリインストール等Googleのサービスを使うことも出来ないとか。ただ単にらくらくホンをAndroidプラットフォームで作ったってだけじゃないのかと。

今回の発表では、とうとうスマートフォンもクアッドコアCPUの時代に突入。PCがクアッドコアになったのが、Windows7のちょっと前、日本で初のAndroidスマホHT-03Aが出たのが2009年7月なのに、スマホの進化はPCのそれ以上に早い。

ってことで、手持ちのスマホ何台かでどれくらいアップしているのかベンチマークを測ってみた。

さすがに我が家にあるAndroid機全機種でやるのは大変なので、今回はHT-03A、手持ちのシングルコアのスマホで一番新しいIS12F、デュアルコアのSO-02D、手持ちで最新のSC-05D、それからAndroidプラットフォームの象徴的フラッグシップかつ開発者向けリファレンス端末としてのGALAXY Nexus(SC-04D)を選択。

アプリはQuadrant Standard Editionを使った。とりあえず各端末二回ずつ測定した結果は以下の通り (1回目/2回目)

HT-03A(但しOSは2.3のカスタムROMをインストール)

Total:278/274

CPU:411/436

Mem:200/197

I/O:393/409

2D:162/97

3D:226/232

ARROWS ES(IS12F)

Total:1419/1414

CPU:2700/2692

Mem:1394/1354

I/O:1281/1150

2D:376/330

3D:1345/1542

XPERIA NX(SO-02D)

Total:2975/2915

CPU:5725/5879

Mem:2660/2215

I/O:4424/4407

2D:370/338

3D:1697/1737

GALAXY Note(SC-05D)

Total:1667/1923

CPU:3102/3054

Mem:503/1479

I/O:2998/3314

2D:355/360

3D:1375/1415

GALAXY Nexus(SC-04D)

Total:2034/2036

CPU:5852/5793

Mem:1795/1903

I/O:1035/1038

2D:186/193

3D:1301/1250

以上の結果となった。シングルコア1.4GHz機のIS12FでもHT-03Aと比べるとすごいのにデュアルコア機はどれもがすごい、最高値ではTotal数値だけで見れば、10倍にもなっている。SC-05Dはやはりグローバル機と比べ国内向けカスタマイズが行われているからか若干低め。たぶんグローバル機のGALAXY Noteだともっと高い数値なんだろうと思う。

しかしクアッドコア機だと、いったいいくらくらいのスコアをたたき出すんだろう?

まだ各機についてじっくりと見てないけれど、やっぱりXPERIA、GALAXYといった機種に目がいってしまう。ARROWSとかREGZAとか大丈夫なのか?

XPERIA rayは女子向けスマホとして宣伝して失敗しているけれど、docomoはどうも反省してない雰囲気が・・・。

ネットで拾ってきたdocomo夏モデルのスペックの噂

本日開催されるdocomoの夏モデルの発表会に出てくるらしい各機種のスペックの噂とやらを2ちゃんねるから抜粋してみた。

SH-07D AQUOS PHONE st 6月下旬予定

OS Android4.0
CPU ?
RAM 1GB
ROM 4GB(システム/メディアで2GB/2GB)
カメラ画素 800万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

SH-09D AQUOS PHONE ZETA 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 16GB(システム/メディアで3GB/13GB)
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつないで
カメラ画素 1210万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

SH-09D AQUOS PHONE SV 8月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつないで
カメラ画素 1210万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV対応
電池パックの取り外し 不可
miniUIM

T-02D REGZA Phone 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB(システム/メディアで3GB/5GB)
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつないで
カメラ画素 1310万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

F-09D ANTEPRIMA 6月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.4GHz
RAM 1GB
ROM 4GB(システム/メディアで2GB/2GB)
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつないで
カメラ画素 810万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

F-10D ARROWZ X 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz クアッドコア
RAM 1GB
ROM 16GB(システム/メディアで3GB/13GB)
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつないで
カメラ画素 1310万 フォトライト
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

F-11D AROOWZ Me 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.0GHz
RAM 1GB
ROM 4GB(システム/メディアで2GB/2GB)
カメラ画素 500万
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

F-12D らくらくスマートフォン

OS Android4.0
カメラ画素 810万
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM
グーグルアカウントの登録がいらないそうな。
要するにPlayストアからのダウンロードなんてさせねーよってこと。

P-06D ELUGA V 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB
カメラ画素 1320万 フラッシュ搭載
防水 ワンセグ おサイフ 赤外線付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

P-07D ELUGA Power 8月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB
カメラ画素 810万 フォトライト対応
防水 おサイフ 付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

P-08D ELUGA Live 8月ごろ予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 16GB
カメラ画素 130万インカメのみ
防水 ワンセグ 付き
NOTTV対応
電池パックの取り外し 不可
miniUIM

N-07D MEDIAS X 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB(システム/メディアで3GB/5GB
カメラ画素 810万 フォトライト対応
防水 ワンセグ 赤外線 おサイフ 付き
NOTTV対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

L-05D optimus it 6月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 8GB
カメラ画素 820万 フォトライト対応
防水 ワンセグ 赤外線 おサイフ 付き
NOTTV非対応
電池パックの取り外し 可
miniUIM

L-06D optimus Vu 7月頃発売予定

OS Android4.0
CPU 1.5GHz デュアルコア
RAM 1GB
ROM 32GB
カメラ画素 800万
HDMIはmicroUSBに変換アダプタつけて
防水 ワンセグ 赤外線 おサイフ 付き
NOTTV対応
電池パックの取り外し 不可
miniUIM
ジョジョの奇妙な冒険とコラボ下L-06D JOJOとやらが出る模様

XPERIAについてはSONYから既に公式に発表されているので省略

なんとらくらくフォンまでスマホにする意味がわからん。Google PLAYストアにも対応してないらしいし、ただ単にOSをAndroidにすることで開発コストを下げたかっただけ?

さて、どれだけあってるんだろうか。答えは後10時間後のお楽しみ

2012年5月15日 (火)

SH-06DとNOTTV

我が家にSH-06Dがやってきた。

Sh06d_2

先日、SC-05DとN-06Dを買って当分の間おとなしくすることになるって書いたばかりなのに・・・

でもこれは、また買ったってわけじゃないし、0円でもらってきたのでもない。

実はNOTTVのモニターキャンペーンに応募したのが今日送られてきたもの。

NOTTV対応端末、先日N-06Dを入手したやん。って言う人もいるかもしれないけど、実はN-06Dではまだ一度も受信してない。

NOTTVモニターは、端末一式貸出なのだが、返却時には附属の16GBのmicroSDカードはユーザーの責任で処分しないといけない。つまり16GBのmicroSDカードがタダでもらえるのである。言うなればモニターの謝礼ってところだろうか。今時16GBのmicroSDカードなんて安くなったけれど、それでもタダでもらえるというのだからもらっておこうかと。

本体ディスプレイの左上には「ドコモ貸出品」という刻印が、ショップのホットモックの様に刻まれている。(ホットモックの場合はたしかドコモ管理品という刻印)

N-06Dは手元にあるので、今回はもう一台のSH-06Dを借りてみた。

NOTTVは、SPモードへの接続が必須なので本モニター機にもデータ回線のXiのSIMカードが挿入されていて、NOTTV視聴時に必要なパケット通信やWEBサイトへのアクセスが可能になっている。

で、早速弄ろうかと思ったら、なんと機能制限が施してあり、NOTTV視聴に関連するようなアプリ以外は全く使えないようになっている。

通知で、アプリのアップデートとかも出ているけれどユーザーがインストールすることはできない。

まぁ機能制限しとかないと、モニター機でテザリングする奴とか、いろいろ目的外使用もされてしまうだろうしなぁ。

この機能制限のためのロックも当初簡単に突破できてしまい、インターネット上に公開されてしまったので現在は変更されている。

といっても、外そうと思えばなんとでもなるわけだけど。後がこわいのでやってないけど。モニターの規約でも禁止されているし、やっぱり所有権を有していない借り物に手を出したらいかんぜよ。

明日からじっくりと二週間ほどNOTTVのモニターをする予定なんだけど、あれれNOTTVって電波弱い?

旧アナログVHF Hiの10~12ch、生駒からの25kW送信だよなぁ。うちって大阪市内、生駒から直線見通しなのになぁ。

とりあえず、明日から持ち歩いてみよう。(また一台増えるんかい!)

2012年5月13日 (日)

SC-05Dをroot化

先日MNP一括0円で入手してきたGALAXY Note(SC-05D)

インターネット上を見ていると、東海地区ではF-05DやL-01Dが一括0円で出ているらしいけれど、SC-05Dについては関東も東海もまだまだ安い店でも2万以上するのが普通らしい。そういや11日から月々サポートの額が増額になったんだとか。MNPでの月々サポート増額施策は一応今月いっぱいまでの予定になっているけれど、いつまで続くんだろう。

東京ではIS04FVの機種変更が1円で出ているとか。IS04FVだと毎月割りが大きいので今の回線維持費が安くなる、大阪でもやってくれないかなぁ。>系列店

さて、話は変わってSC-05Dをroot化した。

詳細はググるといろいろとまとめてくださっている人たちのブログが見つかるので割愛。

簡単に書くと、リカバリープログラムを入れ換えて、Superuserをインストール。

これだけでもroot化された状態になるのだが、この後にリカバリーを元に戻すことで完全形となる。

当初はSC-05Dを二台用意する必要があったのだが、SC-05DのオリジナルROMイメージが公開されたことから、その中から純正のリカバリーを取り出し、書き戻すことが出来るようになり一台でも作業を完結させることが出来るようになった。

必要なツール(SAMSUNGユーザーにはおなじみのOdin)とファイルさえ揃えば作業自体は10分もかからない。

先日root化したNEXUSはroot化作業に伴い全てのデータが初期化されるけれど、こちらはそのままこれまでの環境はキープされる。

XPERIAの様にワンクリックでというわけにはいかないが、注意して作業さえ間違えなければ失敗することもなく誰でもできる。

ただ、いつも書いているようにroot化することによるデメリットももちろんある。

このブログや他のサイトを見て理解できないような人は興味半分で作業しないこと。それからもし万が一失敗した時には絶対にドコモショップには駆け込まないこと。

あくまでも自己責任で!

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー