お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年1月15日 - 2012年1月21日 »

2012年1月8日 - 2012年1月14日に作成された記事

2012年1月14日 (土)

iPhone4 8GBが機種変スパボ一括0円だったので貰ってきた

普段はほとんど中身など読まない家電量販店から定期的に送られてくるメール

ところが、なんとこのメールの中においしい情報があった。

2ちゃんねるのソフトバンクバリュー一括スレに書かれていて、自分宛のメールを読み返してみたらそれは書かれていた。

★ケイタイお得情報

○ソフトバンクiPhone4 8GBがお買い得!

他社からお乗り換え新スーパーボーナス一括\0

ここまではこれまでにも他店で見かけた内容だが、問題は次の行にあった

更になんと機種変更も新スーパーボーナス一括\0

なんと、機種変も一括0円、キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!

新規0円やMNP0円は結構あるが、機種変更0円は珍しい。SBMの機種変0円といえば最近では003SH、005SHを見かけるが001HTからあえて機種変するメリットはあまりないのでスルーしていた。

以前iPhone4Sが出たときにiPhoneには全然興味ないと書いたが、実質0円ではなく一括0円となれば話は別だ。とりあえず店に行って様子を見てこようと、早速最寄りの店舗に行ってみる。

ところがPOPも何もなし。やってないのかと思い、店員に声をかけてメールを見せたら在庫確認をしてくれて、最後の一台のホワイトモデルのみだった。

条件は、Wホワイトと基本パック、あんしん保証パックの加入、後日外してOKとのこと。よくあるフォトビジョンとか見守りとかのいわゆるゴミも無し。

1月15日追記 Wホワイトを早速外してやろうとMySoftbankへログインしたら、Wホワイトが設定されていない。昨日の申込内容確認書を読み返すと、Wホワイトが申し込まれてなかった。店員の設定ミス?手間が省けた。

特段大きなデメリットはない。無料ならば貰っておかなければ。iPhoneをメインに使う人ならば8GBモデルでは容量が少ないのかもしれないが、この機種で音楽や映像を楽しむことはほとんどないので十分だ。

というわけで貰ってきたw 昨日手持ちのスマホをまとめて写真に撮っていたが、いきなり増えてしまった。

何故かずーっと以前から買ってあったmicroSIM変換アダプタ(謎)がこれで有効になる。

なお、SIMカードも専用に変わることもあってか、機種変の際には機種変する回線の番号を伝えるだけで済んでしまった。そういや免許証での本人確認もなかった。というより申込書って書いた記憶がない。ソフトバンクモバイルの機種変更って初めてなんだけど、こんなんなのか?docomoやKDDIの回線は住所、氏名等を書類に記載したぞ。これでは番号がソフトバンクモバイルの回線の電話番号で回線名義人がわかってしまえば、他人の回線でも機種変更できちゃう気がするんだけど。

申込内容確認書という書類が手元にあるんだが、これには

「ソフトバンクモバイル取扱店では、オプションサービス加入の強要や、商品のご購入者に別の商品の購入を強制する、「抱き合わせ販売」は行っておりません。また別々の利用料金又は解約の際に解除料が発生する商品・サービスを、その旨の説明をせず、プレゼント等と称して提供することはございません。」

って書いてある。え~っ

なおメールによると19日までで一人一台、在庫限りだそうで、ヤマダデンキからのメールを受信している人は、もう一度読み返してみて、欲しくなった人は行ってみては?

過去にソフトバンクを買う際に見守りケイタイを抱き合わせで契約させられている人、一ヶ月以上経っていればその回線からiPhone4に無料機種変更できるのだから、これはドコモバリュー一括0円に次ぐ祭りになるかもしれない。

ただ注意すべき点がある。月月割は0円である。例えば学割で5円運用している人は、パケットプランについても基本料金とともに、学割の場合は割引が継続されるので0円~となるが、Sベの315円についての負担が生じてくる。

学割のない一般ユーザーについては、ホワイトプラン980円+Sベ315円+パケ放題Sforスマホが390円が最低維持費になる模様

ちなみに、OSは最初からiOS5がインストールされていた。iOS5(5.0.1)のiPhone4ってJailbreak&SIMロック解除ってできるんだっけ?

我が家のスマートフォン勢揃い

Sp

6年程前に、我が家のThinkPad勢揃いと題して家にあるThinkPadとその兄弟機を全て並べて写真に撮ったことがあったが、今回は自宅内にあったいわゆるスマートフォン(自分の物じゃないのもあるし、もちろん今は全く使っていない物もあるけど)をかき集めてみた。

2012年1月13日 (金)

SIMフリー機でspモードメールが使える?

先日、いろいろなブログを見ていて見つけたのがここのブログ

【小ネタ】DesireZにSPモードメールを移植してみる

内容はDesireZにspモードメールを移植するというもの

spモード自体は一昨年のサービスイン初日を除き、IMEIを見ているらしくdocomoから発売された端末による接続しか受け付けない仕様となっている。

グレーというか黒い話になってしまうが、IMEIを書き換えることが出来てしまうメーカーの端末であれば、docomo端末と同じIMEIを書いてしまえば、3G回線を使ってのspモードによる接続が出来てしまうらしい。ネットを見ていると、実際にDesireHDのIMEIを書き換えてspモードのapnに接続している人もいるようだ。
でも先にも書いたようにこれはやっちゃだめ。

IMEIの書き換えってどうやってやるんだろ?何かツールとか有るんだろうか。

話は戻ってspモードのapnには通常SIMフリー機では接続することが出来ない。接続が出来ない以上spモードメールを使うこともできない。ところがspモードメールは無線LAN回線での送受信は可能である。しかしspモードメールサーバーへアクセスする際にはspモードメールアプリがマイアドレスを記憶している状態でなければアクセスできず、マイアドレスを記憶させるには3G回線でspモードapnに接続して認証させることが必須となっているため、これができないので無線LAN環境からの使用が出来ないという状態になっている。

上記に紹介したブログでは、いったんdocomo端末でマイアドレスの認証を行い、アプリに記憶させた状態でTitaniumでバックアップを取ってしまう。バックアップしたアプリを他機のSDカードにコピー。docomo機からFOMAカードを差し替え(認証を行ったサイト同じカードを他機に挿入)てから、Titaniumでspモードメールアプリを復元する。

こうすると、マイアドレスが記憶された状態で復元され、無線LAN回線を使ってのspモードメールアプリが使えるようになるということらしい。

あれ?spモードメールアプリもインストールはできても使用できる機種をどこかで判断してなかったっけか?

というわけで、とりあえず実際にやってみた。

まずXperia rayのspモードメールアプリをマイアドレスの認証を行った状態でバックアップ。バックアップしたアプリを手持ちのSIMアンロックを行ったDesireHD(001HT)にコピー、rayのFOMAカードをDHDに差し替えてアプリの復元。

ところが、spモードメールアプリを選択して復元操作を行っても「何をリストアしますか?」というメッセージが表示されるだけでspモードメールアプリをDHD上に復元することが出来ず、失敗に終わってしまった。

誰か追加検証して!




2012年1月11日 (水)

L-07C、アップデート後のroot化

年末からのバリュー一括祭りで格安で出回っているL-07C、このブログでもここ最近L-07Cについて書いた記事へのアクセスが非常に多い状態となっている。

このL-07C、実は昨年の11月7日に不具合解消のためのアップデートが出ている。

もちろん、販売されている物はこのアップデートが未適用状態であり、アップデート作業はユーザーが行わなければならない。

そこでroot化を既に実行している端末の場合、いくつかの懸念事項が出てくる。

まず、root化されている状態でアップデートできるのか。

次に、アップデートすることによりrootedな環境はどうなるのか。元に戻ってしまった場合、再度root化できるのか。

同じドコモのN-04Cなどはそもそもroot化しているとアップデート自体ができず、最悪の場合文鎮化する場合もあるし、その他の端末でもアップデートが終わった時点でunroot化され、再root化できなくなてしまっているもの等がある。

この辺が心配でアップデートをためらっていた人もそれなりにいるのではないだろうか。

というわけでL-07Cについてどうなるのかやってみた。

結論から言うと、root化環境でもアップデートは可能。アップデートが終わるとrootedな環境は元に戻ってしまうが、SuperOneClickを使い再root化可能である。

前回のroot化の記事の補足になるが、ツールを実行するとしばらくしてSDカードがアンマウントされ、本体のUSB接続が切断されるが、そのまましばらく待っていると再度自動でUSB接続が行われ、root化が完了する。

今回は、rooted端末をアップデートして再root化が可能であったが、root化してプリインアプリを削除していたりといった作業を行っていたりした場合についての動作は未確認であるので、もしrooted端末をアップデートして再root化をしようと思っても、自分と同じように成功するとは断言できない。N-04Cの場合などと同じように最悪文鎮化してしまうこともあり得る。

いつも書くように、あくまでも自己責任であるので、作業する人はその覚悟で!

« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年1月15日 - 2012年1月21日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー