お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« スマホ収納にラック購入 | トップページ | Windows8 優待購入プログラムで32bitから64bitへの移行は? »

2012年10月25日 (木)

ThinkPad X121eにメモリ増設を行ってみた。

先日購入したThinkPad X121eのメモリはDDR3 PC3-10600の2GBが搭載されている。

このマシンのカタログスペック上のメモリ上限は8GB、ところがハードウェアの仕様上は16GBいけるはずなので、思い切って増設してみた。

今インストールされているWindows7は32bit版なのであまり意味はないのだが、26日から発売になるWindows8にアップグレードするにあたり64bit版を考えているので、メモリはあればあるにこしたことはない。といってもそんなにメモリを使うような使い道は考えていないのだけどw

Corei7で使っているデスクトップ機がWindows7の64bitでメモリ6GB搭載なのにノートに32bitOSでメモリ16GBってなんて無駄なことをしているんだろう。

まぁメモリもずいぶん安くなったもので、今回は8GBx2本で約5,000円ほどだった。

16gb

買ったメモリはこちらのシリコンパワー製である。

それでは実際に取り付けてみる。

Tp121e1

まずTP121eの電池を外し、3本のネジを外し裏蓋をあげる。

Tp121e2

蓋を開けるとこの状態。右下に刺さっているのが2GBのメモリであり、その上にもう1スロット空きが見えるので、静電気に注意し、慎重にこのメモリを取り外し、今回購入した2枚のメモリに交換する。

Tp121e3

メモリを確実に挿入したら、元通り蓋をしてネジを締めて完了。

電源を投入し、Windows7のマイコンピュータのプロパティで無事16GBが認識されているのが確認できた。

とはいっても実際に32ビットOSが認識するのは3GBで10GB以上が無駄になってしまっている。

これについてはツールを使ってramdiskを作成し、キャッシュやテンポラリに使用すればレスポンスの向上につながるはず。

というわけで、カタログ仕様上は最大メモリ8GBのX121eであるが、無事16GBまで使えることが判明した。おそらくX220等でも同じだろうと思われる。

« スマホ収納にラック購入 | トップページ | Windows8 優待購入プログラムで32bitから64bitへの移行は? »

ThinkPad」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166122/55971032

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X121eにメモリ増設を行ってみた。:

« スマホ収納にラック購入 | トップページ | Windows8 優待購入プログラムで32bitから64bitへの移行は? »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー