お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« GALAXY NEXUSをroot化、SIMロック解除 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第一話の感想 »

2012年4月 7日 (土)

塞がれるroot化とシステムメモリの空き容量

今我が家にあるAndroidスマートフォンでrootを取っていない状態のものは以下の通り

P-01D

IS12F

SO-02D

SH-03C

T-01C

IS04

この中でかつてはrootを取ってあったのが、P-01D、SH-03C

T-01CとIS04は自分の物では無いので弄っていない。

残りの物が取れないもの。

かつてrootが取れていた端末でもOSのアップデートによって塞がれてしまう例が最近多い。

P-01DやSH-03Cはrootを取っていたのが、最近のアップデートで塞がれてしまった。他にはXPERIAシリーズの多くが最近のアップデートで塞がれてしまったようで、我が家にあるarcやrayについてはアップデートをしないで使用している状況。(アップデートでの改善内容も特段通常使用に影響なかったし)

確かにセキュリティや不具合改善の点でOSのアップデートが実施され、セキュリティホールをふさぐということでroot化できないようにしてしまうのは、メーカー側からすれば当然の考え方でわかるのだが、root化する理由の一つに、不要なプリインストールアプリケーションを削除し、容量を空けるというものがある。

/system領域にプリインストールされている糞アプリについては、削除も出来なければSDカードに移行することもできず、使いもしないのに無駄に領域を消費している。

これは本当にどうにかならないもんだろうか。

IS12Fなんて特段大きなアプリを追加インストールしたわけでもないのに、システムメモリの空きが30MBしか残っていなくてプリインストールされているアプリ自体のアップデートすらできない状況になっている。同様にP-01Dについても、ちょっとアプリを入れただけで空きが50MBを切っている状態。何で楽天とかぐるなびのアプリがシステム領域にインストールされてるん?

スマートフォンの大きなメリットは、自分で必要なアプリをダウンロードして自分好みにカスタマイズできること。

メーカーから使いもしないアプリを押しつけられるという、PCと同じ状況の繰り返しはいい加減にどうにかして欲しい。

« GALAXY NEXUSをroot化、SIMロック解除 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第一話の感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塞がれるroot化とシステムメモリの空き容量:

« GALAXY NEXUSをroot化、SIMロック解除 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第一話の感想 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー