お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011年11月6日 - 2011年11月12日に作成された記事

2011年11月10日 (木)

11月18日午前10時にspモードメールアプリのアップデート

本日発表があった「docomo with series REGZA Phone T-01D」の発売においてspモードメールの機能アップが明らかになった。

内容的には

デコメ絵文字pop/デコメピクチャpopの提供

デコメ絵文字やデコメピクチャの機能がさらに拡充

コンテンツが画面いっぱいに広がったり、2つ以上のコンテンツが連携して動いたり、文字に反応してコンテンツの動きが変わるなど、表現力が向上

とある。

Android2.2以上の機種が動作対象(L-04C、L-06C、SC-04Dは非対応)

2011年11月18日(金)午前10時から提供だそうだ。

こんな機能要らないからもっと軽快なアプリにするとか、受信メールをSDカード側に保存できるようにするとか、迷惑メール拒否を簡単にできるようにするとか、もう少し基本的なところを改善して欲しいと思うのは自分だけ?

2011年11月 7日 (月)

LYNX SH-03CのSIMロック解除?

ドコモから2011年4月以降に発売になっている機種については、手続きを経て公式にSIMロックを解除することができる。

シャープのLYNX SH-03Cは2010年12月に発売になった機種。もちろんドコモのSIMロック対象外の機種であり、公式にはSIMロックを外すことは出来ない。どこぞの解除業者とかでなら解除も可能かもしれないが、今のところ見たことはない。

ところが今日ふとしたことから見たこのサイト 、シャープのSH-03Cに関するFAQのページである。ものすごく気になる表記が!

OSのメジャーアップデートに関する質問とその回答。

なんと、SIMロック解除をしていた場合のアップデートについての説明が行われている。

これによるとOSのバージョンによって、アップデートの対応が異なるとメーカーは案内している。

これってどういうこと?

いつもよく見る「無線にゃん」のサイトを読むと、そもそも技術的にはSIMロック解除できない機種は無いとのことであるが、ユーザーに開放しているかどうかは別。開放していない機種については公式的にはSIMロック解除はできないということになっている。

ところが、このページではSH-03CがSIMロックを解除できることを認めてしまっている形になる。しかもOSのバージョンにより対応が異なるという案内までしているということは、おそらくメーカーでその検証を行っているのではないかとも言える。世に流通していないはずの端末のアップデート方法が案内されているなんて・・・。

SH-03Cについて今後SIMロックを解除するような動きでもあるんだろうか。

ドコモやシャープに問い合わせてしまってもいい?

Xperiaアップデート、本日のまとめ(エリアメール、root化)

本日20時より配信が告知されていたXperiaシリーズの機能アップデート。

実際にはPC向けの配信が1時間ほど前からダウンロード可能な状態になっており、Sony Ericsson Update Serviceを使ってのアップデートができるようになっていた。2ちゃんねるのXperia acroスレッドでは祭り状態になっている模様。

以前のSO-01Bのピンチイン対応アップデートの時は確か予定されていた20時を過ぎてもなかなか配信が開始されずに、みんながやきもきしていたと記憶しているが、今回は予定よりも早くフライング配信されたようだ。

さて、SO-01Bについては、エリアメール対応と「ブラウザで新しいページを表示する際に、まれに既に開かれているウィンドウが正常に動作しない場合がある」という現象への対応であるが、他にも公表されていない改善が行われているようで、レスポンスが向上しているとかいう情報もある。

また、ベースバンドのバージョンがこれまでの2.0.59からAndroid2.3が配信された海外版X10と同じ2.0.72にアップされているとか。これが本当ならこれまでベースバンドの更新がネックになっていて2.3カスタムROM等へのアップデートを躊躇していたユーザーでもXrecoveryだけで簡単に導入が出来るようになったということを意味している。

なお、root化については各機種とも従来通りの方法で取れるそうである。

ということは、エリアメールのアプリ抽出も可能であるし、カスタムROM向けのエリアメールインストール方法なんてのが紹介されるのは時間の問題だろう。ルートが取れるんだからTitanium Backupで取り出すことが出来るはず。あとはこのままインストールしたい機種のSDカードの然るべきディレクトリにコピーしてやってTitanium Backupで復元させるだけ。もしエリアメールがアプリのインストールだけで対応できるのであれば、これだけで完了だ。親切な人がXrecoveryでインストールできるようなパッケージを作ってくれるかもしれない。

23:32更新、そんな甘いものではなくapkだけ取り出しても動かないらしい。

ひょっとすると、先日root化の方法が判明したN-04Cなんかへもユーザーレベルでエリアメール対応させる方法なんてのが出てくるのかも。

なお、acroのテザリングについてもAPN固定という制限が無くなっているらしい。

ちなみに今回のアップデートは自分では実施しておらず、2ちゃんねるやTwitterで拾った情報だけでこの記事を書いているので、全く内容に責任は持てない。

2011年11月 6日 (日)

ドコモXPERIAシリーズ、7日20時よりアップデート配信開始

明日11月7日20時より、ドコモから発売されたXperiaシリーズに一気に機能アップが実施される。

製造元の告知はここ

販売元の告知はここ

以前からこのブログでも取り上げている、既存機種へのエリアメール対応をはじめとする機能アップである。

SO-01Bについては、ドコモの山田社長が4月に夏までに既存機種への対応をする旨話したときに「昨年発売したXperiaくらいはいけると思う。」と発言していた。

もうとっくに夏は終わり(まだ残暑が残る夏日になる日もあるけど)秋になってしまっているけど、ようやくXperiaシリーズが全機対応となった。その他のメーカー製ではシャープがSH-12CとSH-03Cに対応アップデートを配信したくらい。東芝、NEC等の他のメーカーでは全くそういう話が聞こえてこない。

エリアメールのアプリをインストールするだけではやはり動かないんだろうか。

Xperia各機でアップデートを適用するためには、rootedな人はいったん元に戻した方がいいのかも。SHARPやNECの様に塞いでこなければ既存ツールで再root化ができるだろうから、エリアメールのapkファイルだけ抽出されたり、既にGB化されてしまっているSO-01B用にエリアメール対応パッチみたいなものが作られるのは時間の問題だろうと思う。

ピンチイン対応アップデートの時は思いっきり人柱になって、すぐに適用した後に再root化可能なことを確認したりしていたが、今回はじっと他の人がやってくれるのを待ってみようと思う。

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー