お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日に作成された記事

2011年8月11日 (木)

SO-01BのGingerBread化、今度はごろーさんスペシャルをインストール

今までWolf_GB_2.3_TWを使ってGingerBread化していたXPERIA(SO-01B)を1週間使ってきたわけだが、今度はごろーさんスペシャルを入れてみた。

インストール自体はXrecoveryを使うだけ。まずは現在の状態をBackup、その後WipeしてからROM本体、更にいくつかのFixをインストール。アプリのレストアについてはBackup and restoreからAdvanced Restoreを選択、直前にバックアップしたファイルを選びRestore dataを選べばほぼ全てのアプリと設定が復元できる。(アカウントの再設定は必要)

この方法を使えば、いくつかのROMの間を行ったり来たりするのにもとても便利。

インストールが終わった後で、更にブートアニメをdocomoオリジナルに戻し、バッテリー100段階表示を色つきに変更。

今日一日使ってみたが、バッテリーの持ちもWolf_GB_2.3_TWよりもいいような気がする。

しかし、SO-01Bに2.3を入れたときの今までからのパフォーマンスの違いはすごい。これだけサクサク動くようになるんならarcやrayに買い換える必要性があまりないというのもうなずける。おそらく他のスマホと比べてもかなりキビキビと動いているはず。

しばらくこの状態で様子を見ていくつもり。

ところで、ステータスバーにある3GとWi-Fiの電界強度表示に色を付けるにはどこをカスタマイズすればいいんだろう?

SO-01B Android2.3でアプリをSDに移動する

XPERIA(SO-01B)にAndroid2.3のWolf_GB_2.3_TWをインストールして使い出して1週間が経った。

実に快適な環境で使用しているのだが、少し不満点が出てきた。それは本体のメモリの空き容量不足。

Android2.2以上はアプリをSDカードへインストールすることができるので、試してみたのだが思ったよりも移動できるアプリが少ない。予め移動できるように作成されたアプリでないと移動できないそうだ。アプリ内のMANIFEST.MFだかに一行記述するだけで移動できるらしいのだが、それをしていないアプリが多いとか。

そこで思い出したのが、以前にもここで紹介したLink2SD。元々は2.1以前のバージョンでメモリカードにアプリを保存可能にするアプリ。

ググってみるとXPERIA arcで使っている人がいるみたいなので2.3でも使用できそうだ。早速SDメモリカードのパーティションを分割して使ってみると、なんとOSがSDカードを認識しない。2ndパーティションを認識できないというのではなく1stパーティションすら認識できずSDカードが全く利用できない状態である。更に調べてみるとXPERIAではカスタムROM 2.2の頃からLink2SDが使えていないようだ。

これでは本体メモリの空き不足は解消できない。何かいい方法はないのだろうかと探していたら、OSが移動できないアプリでもSDへ移動できるアプリをついに見つけた。

それはTitanium Backup、rootを取っているユーザーならほとんど全員が使っているのではと思われるバックアップソフトである。実はこのアプリはバックアップ/レストアだけでなくアプリのSDへの移動機能も有していたことを知った。

アプリを立ち上げメニューからバッチ処理を選択。でてきた項目を下の方へスクロールしていくとバックアップ、復元に続き移動/統合という項目がありそこに「移動:ユーザアプリをSDカードへ」というのがある。これを選択して実行するとユーザがインストールしたアプリの一覧が表示され全てが選択された状態になっている。これをいったんすべて選択解除してから、移動したいアプリにだけチェックを入れ、最後にバッチ処理を実行すると、それらのアプリがSDの方へ移動される。

Link2SDの様にSDカードのパーティションを分ける必要もない。

この機能を使えばOSの機能では移動できないようなアプリでも移動できる場合があり、メインメモリが約60MB程空いた。

ウィジェットを使うようなアプリは移動しない方がいいようだし、移動させることで動作におかしなところが出たりそもそも動かないようなアプリもあるかもしれないが、これを使えばかなりのアプリがSDへ移動できるのでrooted環境で本体メモリの空き不足に悩んでいる人はやってみる価値はあるのではないだろうか。

2011年8月 7日 (日)

ネタバレ 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

劇場版ゴーカイジャーとオーズを初日に息子と一緒に見てきた。

以下、ネタバレが多いので、まだ見てない人はそのつもりで。















今回の仮面ライダーオーズ、見所満載で大変楽しめた。

時系列的にはテレビシリーズで伊達さんが離脱する前の話っぽく、今回は伊達さんがバースに返信、後藤君は伊達さんのサポート役。

まずは映司がコアメダルを奪われてしまった後に江戸時代に行ってしまう。そこでオーズに変身できない映司が変身したのはまさかのバース。そしてその映司達を見つめる江戸の町人やめ組の人達に混じる一人の武士。

「俺は貧乏旗本の三男坊、徳田新之助だ」      キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

大政奉還を行って既に100年以上が経つ現代において、日本でも唯一将軍様(上様)と呼ばれている人、あの暴れん坊なお方の登場。何と今回の仮面ライダーオーズはかつての人気時代劇「暴れん坊将軍」と同じ世界観での話が進んでいく。

そして、オーズに変身できない映司の絶体絶命のピンチのその時、白馬にまたがり三つ葉葵の紋入り着物に身を包んだ上様の登場。

吉宗から徳川家に代々伝わるという3枚のメダルを受け取った映司は初登場のブラカワニに変身。そしてここであの菊池俊輔氏の暴れん坊将軍のテーマが流れ吉宗とオーズ二人による殺陣。もちろん吉宗が太刀を抜いた後は峰打ちにするために太刀を返す。「カチャ」という効果音と三つ葉葵が刻印されたハバキ部分のアップはお約束。襲いかかる敵を次々と倒していく吉宗とオーズ、最後は吉宗の「成敗!」の合図の元でオーズがとどめ。

他にもコンボが勢揃いするなど、見所はいっぱいあるけれどもやっぱり何をおいても上様である。

暴れん坊将軍のレギュラー放送が終わったのが2002年、2008年末にはスペシャルが放送されているがそれでも2年以上経過している。そんな中での暴れん坊将軍復活であった。

スクリーンで見る上様の殺陣は迫力満点

水戸黄門が今シリーズで打ち切りと言われている中、勧善懲悪ものの正統派時代劇として、今一度復活して欲しいものだ。

映画のテーマは絆、今の日本にぴったりのテーマだ。

なお、次の仮面ライダー映画は今冬だそうだ。

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー