お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

2011年7月24日 - 2011年7月30日に作成された記事

2011年7月28日 (木)

spモードメールアプリがアップデート、メッセージRに対応したが既にメールボックスがおかしくなってしまっている人は31日まで待つ必要有り(7月29日更新)

本日、Android向けのspモードメールアプリが4600から4700にアップデートされた。

例によってWindowsMobile向けは完全無視である。

主な変更点は以下の通り

メッセージR受信専用フォルダ/専用新着アイコンを用意

メール閲覧時のフリックアニメーションのON/OFFを設定できるように改善

添付されている画像と本文に挿入されている画像を区別しやすいようにアイコンを変更

全員返信時にマイアドレスを含めないように改善

メール着信音に、本体の着信音も設定できるように改善

一番大きな点はメッセージRに対応したこと。当面はドコモのマイインフォメールの配信のみだが、ゆくゆくは他のサービスも対応するそうで、時事通信のニュース速報の配信なども受信できるようになるのだろう。

他には、一応これまでの要望等が採用され良くなっているかのように思える。

ところが、このメッセージRの受信フォルダがくせものになっているようで、従来のバージョンで受信メールの振り分け等を行っていた人の中に、アプリを更新したところメッセージRのフォルダ内に受信メールが保存されてしまった人が結構いるようだ。

このメッセージRフォルダ内のメッセージは、iモードFOMAと同じく返信不可、他フォルダへの移動不可。

となっているらしく、もうどうすることもできなくなってしまうということらしい。

現状、この不具合を解消するにはいったんアプリをアンインストール、再インストールし直すということらしい。

つまり今回この不具合が発生してしまった人は、これまでのメールを削除するしかないようである。

受信メールとゴミ箱内のメッセージRフォルダ内に振り分けられてしまったメールを受信ボックスへ移動させる対処方法を31日の午前中に発表するそうなので、昨日のアップデートで不具合に見舞われてしまった人は31日までおとなしく待っていた方がいいかもしれない。

幸いにも自分は受信メールの振り分けを一切行っていなかったので、今回のような不具合は発生しなかったが、アップデートを行うたびに新たな不具合を発生させたり、過去のメールを削除せざるを得ないアプリなんて他に聞いたことがない。

本件不具合についてはドコモでも認知しているようで、そのうち対策を施したアップデートが行われると思われるが、まだアップデートをしていない人はアップデートしない方がいいかもしれない。

7月29日7時25分現在、既に対策された新しいバージョンVer4800がリリースされていることを確認。何でも夜中の2時に配信されだしたらしい。おそらく28日中にするはずが間に合わなかったんだろうけど、こんなにすぐに対策が取れるような不具合なら最初からしっかりとテストしてfixしておけよなぁ。

もしどうしてもという場合は、必ずSDカードへ既存メールをバックアップした後に行うことをおすすめする。

ドコモのspモードメールはアプリックスが開発しているというのは既に広く知られている(アプリックス自身が公表している)が、なんでこんなに不具合ばかり発生するのだろう。開発陣は自分で作ったアプリを使用したことがないのだろうか。またドコモも検証などを行っていないのだろうか。昨年来からさかんにスマートフォンを推進し、既存サービスをスマートフォン向けに移設し続けているが、一番利用が多いと思われる基幹サービスがこれでは安心して使い続けることが出来ない。

アプリックスだけに作らせるのではなく、仕様を公開し他社にも作らせてみてもいいのではないだろうか。

既存ユーザーのほとんどは高機能なものを望んでいるのではなく、とにかく普通に使える物を望んでいるのだから。

そもそも29日から始まったというメッセージRを実際に配信されたスマホユーザーは一体どれくらいいるのだろう?何故7月29日からスタートだったのだろう?もっと念入りにテストを行って8月1日の午前9時からサービス開始とかしてもよかったんじゃなかろうか?

2011年7月27日 (水)

Xperiaで2in1サービスの利用

先日、iPhoneからMNPで2in1のBナンバーへポートインした話を書いたがその続き。

ドコモの2in1サービスは1台の携帯電話機で2つの電話番号とメールアドレスを利用できるサービスだが、スマートフォンは正式には非対応となっている。

2in1契約をしている回線をスマートフォンで利用すると

発信は全てAナンバーとなりBナンバーでの発信は不可

着信はどちらの番号でも可能であるが、どちらの番号で着信しているかは不明

SMSはAナンバーのみの利用

メールアドレスについてもAナンバーでの送受信のみ

となってしまう。

実際にはBナンバーでの電話の発信というのは、電話機内の動作としては相手の電話番号の末尾にBナンバーからの発信であることを示すコードを付加しているだけであり、このコードさえ付加してやればスマートフォンはもちろん2in1サービスの非対応の他の電話機においてもBナンバーからの発信は可能である。

このコード付加を自動的にやってくれるアプリが公開されている。2in1発信対応アプリ ABPhone2in1 Dialerの2本のアプリである。

このアプリを使用することで発信時における発信元番号を選択することが可能となる。

メールの利用についてはまた次の機会に。

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー