お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »

2011年6月5日 - 2011年6月11日に作成された記事

2011年6月 9日 (木)

SBM 001HT(Desire HD)で純正テザリング機能を使う

SBMから発売されている001HTと海外で発売されているDesire HDには大きな違いがある。

まずSIMロック。これはSBMの発行するスマートフォン用USIMカード(通称緑SIM)以外のカードを使えない(認識しない)ように制限がかけられていること。この制限により、docomo等他社のSIMカードはもちろんのことSBMが発行する他のUSIMカードでも差し替えて使うことも出来ない。

docomoではiモードFOMAとスマートフォンを1枚のFOMAカードで差し替えて使うことが可能であるが、SBMではそういう使い方すら許可されていない。

docomoの場合は、契約した時期等により何種類かのFOMAカードが存在するが、基本的にはどのカードをどの端末に入れても使うことが出来る。(一部除く)

SBMは契約の形態により5種類のUSIMカードが発行されているが、それぞれを入れ替えて使うことは基本的に出来ない。せめて自キャリアのカードくらい使えるようにしてもいいのにと思うのだが・・・。

次の違い、これがテザリング機能である。Android OS 2.2以降はOSの機能としてテザリング機能があるのだが、国内で発売されている多くのスマートフォンではこの機能が使えないようになっている。

001HTの場合も同様にテザリング機能は隠されていて、代わりに3Gデータ通信やWi-Fiに接続できないときにインターネットに接続されているPCを使いインターネットに接続することを可能とする「インターネットパススルー」機能が搭載されている。つまりインターネット接続されているPCをスマートフォンのモデムとして利用するという、テザリングとは全く正反対の機能である。

さて、国内盤のGalaxy Tabの場合も同じようにテザリング機能が隠されているが、機能自体がつぶされているのではなく、ただテザリングのメニューが表示されないようになっているだけであるので、直接テザリング機能を呼び出してさえやれば使用することができてしまう。

001HTの場合はどうなんだろうと、昼休みに確認していたら001HTでも同様に呼び出せば使えてしまうことが判明した。

方法は簡単、ホーム画面にテザリング機能を有効/無効に切り替えるためのウィジェットを配置してやるだけ。マーケットからTethering WidgetやWidetsoidをダウンロードしてきてホーム画面に設定して配置する。これだけでOSに備わっているテザリング機能を呼び出すことが出来る。

無事に起動できると、他の無線LAN端末で「HTC Portable Hotspot」というアクセスポイントが見えるはず。アクセスポイントはWPAで暗号化されているが、初期のキーは他の元々テザリングが使えるHTCスマートフォンと同じである。セキュリティ上ここで晒すのはやめるが、ちょっと調べたらすぐわかると思う。

これで問題なく他の無線LAN機器から接続可能である。なおSBMではテザリングを公式に認めていないので、実施する場合は通信料金等も含めて全て自己責任ということを忘れずに!

MarketにあるWirelessTether等のアプリを使ってテザリングを行うことも可能であるが、root権限が必要である。今回の場合はOSがもともと備えている機能でありroot権限は不要、OSの持つ機能ということで、安心感もある。GalaxyTabがunrootedな環境でも使えるので、当然DHDも使えるもんだと思っていたのだが、mirnさんからコメントをいただいたように無理なようである。rootedじゃないと駄目らしい。

SSIDやWAPキーについては、本来任意のものを設定できるはずなのだが、残念ながら設定メニューへ入る方法が見つからないので、変更が出来ない。

build.prpの記述や以前セルブロードキャストのメニューを表示させるのに使用した、直接Activitiを呼び出せるAnyCutで探して見たが、残念ながら設定画面へ入れなかった。

ちなみにXperia arcはなにやら方法があるようだ。

引き続き調べるつもりだが、誰か知っている人がいたらぜひ教えて欲しい。

表示方法が判明したので、こちらでやってみた。 

2011年6月 8日 (水)

docomoとSBMの公衆無線LANサービス

携帯電話事業者が行っている公衆無線LANサービスがある。

スマートフォン等の無線LAN対応端末で3G回線を使わずに高速インターネットが利用できるサービスである。

docomoの場合は、mzoneと呼ばれるサービス を展開している。アクセスポイントは全国3200エリア、6800アクセスポイント。FOMA契約者は月額840円で利用可能。

またmoperaユーザー、spモードユーザーは月額315円で利用可能。(キャンペーンにより無料期間あり)

SBMの場合は、ソフトバンクWi-Fiスポット を展開。SBMが独自に設置したアクセスポイント以外にもグループ会社ソフトバンクテレコムによるBBモバイルポイントが利用でき、月額490円で利用可能。(キャンペーンにより無料期間あり)

この両サービスの一番の違いは、使用できる端末の種類。

docomoのサービスは無線LAN機能を搭載したdocomoのスマートフォン、FOMA以外にもパソコン、PDA、携帯型ゲーム機など、要は無線LAN機能を搭載したものであれば必要な設定を行えば接続が可能である。つまりdocomo以外の事業者から発売されている携帯電話機でも設定さえしてやれば利用可能。もちろん我が家でもiPhoneや001HT、DSiに設定をしている。

片やSBMのサービスで接続が出来る端末は自社が発売するケータイWi-Fi対応携帯電話、iPhone、iPad、Softbankスマートフォンのみ。

試しにそれ以外の機器で設定を行っても、ログイン画面で端末が違うとはねられる仕組みとなっている。

ログイン画面でid、パスワードによる認証を行っているのだから、契約ユーザーかどうかはわかるはずで、別に端末制限を行う必要はないと思うのだが、Galaxy TabにmobilepointのSSID、WEPを設定して接続しに行き、id、パスワードを入力しても端末違いではねられてしまった。(iPhoneの設定から取ったから?、001HTの設定から取り出せば行ける?でもそれって約款上グレー、いや黒だよなぁ)

逆に端末さえ正しい端末ならSIMロックを解除して他社SIMを挿していてもログインできるらしい。

BBモバイルポイントを契約していれば、普通はいろんな端末からの接続はもちろん出来るのだが、SBMのWi-Fi契約でのBBモバイルポイントについてはできないみたい。

SBMには、ぜひとも”0001softbak”等のアクセスポイントに他の端末の接続も出来るようにしてほしいものである。

ちなみにau one netのモバイルオプションでBBモバイルポイントを使う場合は月額315円だそうだ。

twitterでつぶやいたら対応してもらえるかなぁ。

2011年6月 7日 (火)

Galaxy Tabのアップデートとroot化について?

まず、最初に断り。

Galaxy TabのAndroid2.3でのroot化の方法について、確実な方法は自分では確認できていない。

本日、docomoのGalaxy TabとGalaxy SのAndroid 2.3へのアップデートが配信された。

Galaxy Tabについて現時点で判明している点についてネット上で拾った情報を記しておきたいと思う。

ちなみに自分はまだ様子見である。つうか、そもそも何故かPCから認識できないし。

まず、root化については、前回のアップデートでz4rootによるroot化はふさがれていてできなくなっているが、SuperOneClickや他のAndroid2.3端末で有効なgingerbreakでもできない模様である。どうも国際版のカスタムカーネルを焼かないといけないっぽい。一件だけ未確認情報ではあるが、前回のアップデートをしていない状態で今回のアップデートを適用すればz4rootで可能との情報があったけど、真偽のほどは不明。他に情報が全くないから釣られたかな?これについてはガセネタと判明した。z4rootではやはり無理とのこと。

次にテザリングについては、2.2時代に隠されていたOS標準のテザリングについては、前回のアップデートでふさがれている。もちろん今回のアップデートでも開放されていない。

SIMロックの解除については、以前から知られているコマンドによる特定キャリアを指定してロックを解除する方法、これについては有効の模様である。

なおGalaxy Sについてはこれまでと同じ方法でroot化してテザリングも可能らしい。

と、まぁ現時点ではこれくらいの情報しかない。いずれも2ちゃんねるとTwitterから拾った未確認情報である。

これを元に試してみる人は、自己責任でお願い。

でもコメントで結果報告してもらえるとうれしいかも。

ちなみにこれまでノーマルで使用していた人にとっては、デメリットはほとんど無く、さらなる動作速度の向上などメリットの方が多いようであるので、おすすめ。

2011年6月 6日 (月)

docomoの障害で他社にまで影響が

本日の朝8時27分頃に発生したdocomoの通信障害。18時25分に音声通話のみ復旧したが19時30分現在再びつながりにくい状況が発生、パケット通信ともに最大172万人に影響が出るとのこと。

なお、今回の対象ユーザーが関東甲信越地域で契約したユーザーで現在の居場所には関係がない。

さらに関東甲信越地域で元々docomoで契約をしていたがMNPを利用して他社に同番移行した人についても影響が出る可能性があるとのこと。

これはどういうことかというと、元々携帯電話に限らず電気通信番号というのは電話会社が自由に決めている物ではなく、国(総務省)が割り当てを行っている

これで例えば「090-100-****」はdocomo、「090-110-****」はKDDIという風に決まっている。

各事業者はこれに基づき、自社に割り当てられた番号を更に社内で例えば地域単位等で細かく割当基準を作っている。

以前は携帯電話事業者が各地域ごとに分社化していて、それぞれの会社ごとに番号が指定されていたので、おおざっぱに言えば地域ごとにわけられていると言ってしまうと言い過ぎ?

電話をかけると、この番号割り当て規則に基づき交換機はそれぞれの会社宛に回線を接続しにいくのだが、MNPで移行してしまうと、元々docomoに割り当てられていた番号が現在はKDDIが使っているなんてことが、一回線ごとに発生する。

それらの情報を一回線ずつ全事業者に知らせて情報共有するのは大変なことなので、元々番号を割り当てられている事業者が電話番号のデータベースを持つ仕組みになっている。

実際に電話をかけると交換機はまずは国が決めた番号割り当てに基づいて元々番号を保有している事業者に照会をかけ、MNP移行していれば移行先を教えて改めて接続するという方法をとっている。

各事業者はMNPで転出されればされるほど、他社に行った客の電話番号を管理しないといけないという仕組みになっている。

で、今回のdocomoの障害は、どうもこの電話番号データベースに絡むところで障害が出てしまっているので、現在の使用事業者に関係なく、ある固まりの番号群に所属する移動機が全て使えない状態になってしまったというものらしい。

先日もsoftbankモバイルで30時間にも及ぶ通信障害が発生したばかりだが、「ネットワークトラブルが多いから、信頼性の高いdocomoへMNPした。」という人の場合は、その番号を使い続ける限り、元々の契約会社のトラブルの影響を受ける可能性があることになる。

どうしても携帯電話が使えないと困る人、危機管理の仕事をしている人、報道機関に勤める人等々、緊急時でも連絡が取れる態勢を取らなければいけないような人は、やはり複数キャリアの携帯電話を持つ、お互いに転送させる、携帯電話が使えない場合を考えて、固定回線からでも転送設定が出来る電話番号を把握しておく等の対策が必要だ。

ちなみにdocomoの転送電話、留守番電話の設定は「090-310-14**」へかけることで契約電話機以外からでも遠隔操作で可能である。

Android(DHD)でad-hocモード接続

Androidスマートフォンからは無線LANにおけるad-hocモードでの接続が出来ない。

XperiaをBarnacle Wifi Tetherを使いルーター化しても他のAndroid機からはつなぐことができない。

今回はHTC Desire HD(Softbank 001HT)でad-hocモード接続できるようにいじってみた。

基本的にずっと以前にGalaxy Tabをad-hocモードに対応させたのとやり方は一緒。

もちろんroot化、さらにS-OFF化が必要。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=866676 ここからad-hocに対応したwpa_supplicantの含まれたファイルをダウンロードする。(ダウンロードには登録が必要)

/system/bin/wpa_supplicantのバックアップを取ってからダウンロードしたファイルの中に含まれているwpa_supplicantを/system/binへコピーする。

wpa_supplicantのパーミッションを755に変更して再起動。

これでめでたくDHDがad-hocモードに対応となった。

もし失敗してもあせらずバックアップしたwpa_supplicantを書き戻すこと。

もちろん自己責任での作業となるので、これを読んで理解できない、やり方が分からない、検索して調べようとしない人などはやらない方がいい。これだけヒントを書いておけばちょっと調べればいくらでも具体的な方法が見つかるはず。

Galaxy TabもDesire HDも同じ方法だったので、おそらく他機種でも同じ方法で対応させられるとは思うのだけど、確認のしようがないので、試す人は必ずwpa_supplicantのバックアップを取ってから試して欲しい。

何度も言うけどあくまでも自己責任で!

« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー