お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日に作成された記事

2011年4月28日 (木)

docomo、発売済みのスマートフォンを緊急地震速報対応

NTTドコモの2010年度決算の発表の場で山田社長が、これまでに発売したスマートフォンについて、今夏に緊急地震速報を配信する「エリアメール」サービスに対応すると表明した。記事はこちら

これまで、今年の冬に発売するスマートフォンからエリアメールに対応すると表明していたが、今夏に既存のスマートフォンでCBS(CellBroadcastService)方式によるエリアメール配信に対応するようにGoogle側でAndroidの改善が行われるとのこと。

囲み取材の中で山田社長は、Xperia(SO-01B)くらいから対応する旨の発言をしたそうで、先日のソニエリブログでのX10へのAndroid2.3対応の表明といい、Xperiaユーザーにはうれしい発表となった。

ちょっと気になるのがGoogle側でAndroidの改善が行われるという表現。これはどういう意味なんだろう。

先日発表されたSBMはソフトウェアのアップデートのみで対応させるということだったが、今回のdocomoの発表はSBMが言うソフトウェアのアップデートとは中身が違う?docomoとSBMでは同じCBSでも伝送するchが違うなど同一の仕組みでは無いようだし。

Androidの過去のバージョンにまで遡ってCBS対応のための改善が行われるということなんだろうか。各バージョン用にServicePackの様なものでも出るってこと?

Xperiaくらいから対応ってことは、やはりHT-03Aは忘れられた子?それともAndroid1.6を採用しているLYNX SH-10Bなども無理?

それともXperiaの2.3へのアップデート、T-01C等の2.2以降へのアップデートを夏に実施し、一気に対応させる?

いずれにせよXperiaユーザーにはうれしい話である。

なお、ドコモが提供しているエリアメールには2種類の方式、CBSとETWSがある。既存端末への配信はCBS方式、今冬以降の機種はETWS方式を使うとのこと。

なおiモード機については2010年冬モデルからETWS方式に対応している。

ETWS方式については、またの機会で説明しようかと思うが、こちらで詳しく解説されている。

2011年4月26日 (火)

au(KDDI)フェムトセルでも緊急地震速報へ対応

4月26日のKDDIの発表「「auフェムトセル」向け回線の追加等について」によると、KDDIが6月上旬から「緊急地震速報」「TV電話サービス」「EZニュースフラッシュ、EZニュースEX、EZチャンネルプラスの自動配信」について「auフェムトセル」経由でも利用できるようになるそうだ。

ちなみにドコモのフェムトセル(マイエリア)サービスはエリアメール(緊急地震速報)に対応している。

ソフトバンクはもちろん対応していない。

2011年4月25日 (月)

Internet Explorer 9(IE9) 日本語版いよいよ公開

大震災の影響で、日本国内のインターネットトラフィックの増大を防ぐために公開が延期されていたInternet Explorer 9 日本語版がいよいよこの後26日午前0時からマイクロソフトのサイトよりダウンロード提供される。

その後、ベータ版やRC版ユーザーへの自動更新、さらにその後でWindows Updateを通じて更新プログラムの通知が行われる。

新しいIE9の最大の特徴はIE8から約20倍に向上した動作速度、さらに大きく変わったユーザーインターフェース、次世代標準といわれるHTML5対応等々

動作環境はWindows Vista、7、Server 2008のそれぞれ32ビット、64ビット、残念ながらまだまだ多く使われているXPについては対象外。

しかし世の中にはWindowsXP以降でしか動かないソフトやドライバをWindows2000で動作させるべく頑張っている人達もいるので、ひょっとしたらIE9もXPで動くようになる可能性もないとは言えないかもしれない。

IE9のダウンロードはこちらから

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー