お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2011年4月10日 - 2011年4月16日に作成された記事

2011年4月16日 (土)

NIFTY-Serve復活! #nifty25

2006年3月31日をもってサービスが終了したパソコン通信のNIFTY-Serve

NIFTY-Serveのサービスが開始されて25周年になる4月15日、今は無きNIFTY-Serveの体験をできる特設サイトが立ち上げられた。

このページにアクセスすると、懐かしいテキストベースの画面で、

FENICS-ROAD2

HOST NAME?
*C NIF

COM
Enter Connection-ID --->SVC
Enter User-ID --->

の画面が現れる。

FENICS-ROAD2、2400bpsでのアクセスポイントだ。たぶん再現されている画面の通信速度も2400bps。今や携帯電話でもMbps単位の通信速度、今では考えられない速度だ。アナログモデムでつなぐと「ピー、ギャギャギャ」と今ではFAXくらいでしか聞けないような音にデータを変換し、通信を確立させる。なれてくるとこのネゴシエーションをはる時の音で、接続時の通信速度がわかるようになる。

このあとログインすると

Enter Password --->

ようこそNIFTY-Serveへ
  Copyright(C)  1986-2011
by NIFTY Corporation
ALL Rights Reserved

前回LOG OUT 06/03/31  23:59:59

--メールが3通届いています(未読分3通)--

NIFTY-Serve  TOP
1. サービス案内・検索     2. 電子メール
3. 掲示板              4. CBシミュレーター
5. フォーラム            6. ニュース/スポーツ/天気予報
7. 企業/経済/人物/行政 8. 科学/技術/翻訳
9. 書籍/教育/就職      10. 趣味/旅行/生活
11. 占い/クイズ/ゲーム    12. ワープロ/コンピューター
13. ショッピング/ステーション 14. 海外データベース(INFOCUE)
15. コンピュサーブコーナー   16. ビギナーズコーナー
17. 他ネット接続サービス     e. 終了

のログイン直後の画面が表示される。

Copyright(C)の後が1986-2011となっていたり、前回LOG OUTがサービス終了の日時になっていたり芸が細かい。

さらにその後は、NIFTY-Serveユーザーにはおなじもの「GO」コマンドでFORUMなどへ入っていける。

試しにいつも入り浸っていた「FIBMNOTE」へ行ってみると

>GO FIBMNOTE
<IBM ThinkPad Users' Forum>   FIBMNOTE
1. お知らせ     2. 掲示板            3. 電子会議
4. データライブラリ  5. 会員情報     6. リアルタイム会議
7. SYSOP 宛メール  8. オプション        E. 終了

と当時の画面が再現された。

実に5年ぶりのNIFTY-Serveの画面。

今回の大震災でtwitter等のネットの有効性が改めて脚光を浴びているが、16年前の阪神・淡路大震災ではこのNIFTY-Serveをはじめとするパソコン通信による安否情報の発信などが行われていたり、その2ヶ月後に発生した地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の信者が自営のパソコン通信を使い連絡を取っていたことでパソコン通信というメディアが脚光を浴びていた。

日本でインターネットが身近になるのはこの年の末にWindows95が発売になり、さらにその後の話である。

今の自分がいるのはNIFTY-Serveのおかげとも言えるくらい、自分には大きな影響を与えたNIFTY-Serve。

NIFTY-Serveを知る人には、懐かしさに浸ってもらい、NIFTY-Serveを知らない人にもぜひ昔のパソコン通信とはこんなものだったのかと見てもらいたい。

NIFTY-Serveがフォーラムを廃止してから、mixi等が台頭してきたのではという気がする。特定のテーマによるコミュニティは、NIFTY-Serveのフォーラム。140文字という限られた文字数でつぶやくtwitterはCBやリアルタイム会議。

今はやりのmixiやtwitterの原点を見ることができるかも。

2011年4月13日 (水)

地震速報通知アプリの紹介

3月11日から早一ヶ月が経ったが、未だに余震が続き油断を許さない状態が続いている。

今回は、パソコンやスマートフォンで地震発生を知ることができるアプリの紹介。

まず個人向け緊急地震速報 The Last 10-Second、これはウェザーニュースの会員(月額315円)なら無料で使うことができる。常時接続環境のWindowsPCにインストールしておけば、地震の揺れを察知し、予測震度、到達秒数等を素早く知らせてくれるというもの。

次に、ストラテジーのSignalNow Express、これもWindowsPC用アプリで気象庁の高度利用者向け緊急地震速報を受信し、予測震度、到達秒数等を計算し、通知してくれるもの。利用は無料だが登録が必要。

この両アプリは更に受信した内容をメールで再配信することもできる。

3つめはP2P地震情報。これは元々はP2Pでつながっているピアが揺れを感じたら情報を発信し、リアルタイムに地震の発生を知ることができるというもの。震源より遠ければ自分の場所が揺れる前に受信ができるが、到達時間までは分からない。プラグインによりNHKラジオ第一放送で流される緊急地震速報の発表を知ることが可能。また津波に関する情報が出された際にも通知可能。

Linuxでは、Google Chrome用のアドインで緊急地震速報 by Extension - Google Chrome extension gallery というものがある。twitterを利用した地震速報で時刻と発生場所、震度、マグニチュードの情報を通知してくれる。Google ChromeのアドインなのでWindowsでも使用可能である。

次はスマートフォン用アプリ

一部の携帯電話機ではキャリアから一斉配信される仕組みがあるようだが、スマートフォンではまだまだKDDIの一部機種を除き対応されていない。

スマートフォン用アプリではAndoroidではなまず速報βがすばらしいできだと思う。実験的ながらプッシュ通知に対応しており、震度や距離等を設定しておけば自動的に表示してくれる。NHKの緊急地震速報などよりも早いこともあり、また電話機のスリープを解除したり、マナーモードを解除して通知音だけ出すことなども可能。通知音も自分で選択できるので、自分の場合はNHKの緊急地震速報の通知音を取り込んで利用している。

iPhone用では、ゆれくるコールというアプリがある。地震発生時に指定した予測地点に到達する時間と予想震度を通知してくれる。

残念ながら今のところWindowsMobile用アプリは無いようである。どうしてもWindowsMobileでという場合は、先に書いたWindowsPC用アプリを常時起動させ、WindowsMobile機のメールアドレス宛に配信させることで通知は可能となる。

ちなみにdocomoのスマートフォンでは冬モデルから正式にエリアメール(地震速報等)に対応するそうだ。

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー