お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

2011年4月3日 - 2011年4月9日に作成された記事

2011年4月 9日 (土)

大阪で計画停電!?それは無いだろ。

大阪市内にある法務局合同庁舎に昼間行ったところ、3基あるエレベータのうち2基が停止中。ちょうどお昼休みどきでエレベータの前には列が出来ていた。

エレベータの前には張り紙がしてあり、それを読んでみると、「電力不足による計画停電への政府の取り組みに協力してエレベータを停止」とかいったような主旨のことが書かれていた。

言うまでもなく大阪市内は関西電力の送電を受けている。

関西電力は現在中部電力等と協力し、東京電力に対し最大100万kwの電力融通を行っている。

関西電力は164の発電所を持ち、3,576万kwの発電力を誇る。これは電力消費が増える夏場の最大需要を想定し、更に余裕を持たせた発電力となっており、夏のピーク時に東電への電力融通を行ってもまだ余裕のある発電力となっている。

法務局合同庁舎の電気代は税金でまかなわれているので、無駄金を節約するとか、温暖化防止や省エネのための節電、エレベータ停止なら納得できる。

しかし、その理由が計画停電への協力のためというのはおかしい。国の機関がこんな理由で節電をしていれば、これでは関西電力にあっても計画停電を実施するのではと思う人がいても不思議ではない。

何度も言うが、決して節電をするのがおかしいと言っているのではない。が、しかしその理由が計画停電への協力というのはおかしいのである。単純に「節電のため」とだけ言っていればいいのに。

2011年4月 7日 (木)

大阪城公園の桜が満開

20110407_085550 少し前に大阪城公園のJR森ノ宮駅前の紅葉スモモが満開というのを書いたが、あれから2週間、久々に大阪城公園を通ってみたら、桜の花が満開になっていた。

これは大阪城公園の南側、中央大通りに並行している近くで西向きに撮影した写真。(ブログ掲載に当たりリサイズしている)

自転車で走りながら撮ったので少しぶれてるところがあるけれど、写真で見る以上に見事な桜のトンネルができている。

この写真の中央あたりには、約30人の見るからに真っ新なスーツを着た新社会人たちが、ブルーシートを敷いて花見の場所取りをしている最中である。

この写真を撮影したのは朝の9時前。こんな早い時間から30人もの社員を花見の場所取りに行かせるってどこの会社だよ。

仕事が終わって、今度は19時30分過ぎに再び大阪城公園を通ってみた。

20110407_193748

朝にはなかったのに、今日一日の間で露店は並び、桜の木の下では大勢の人が花見を楽しみながらいっぱいやっている。

今日はぽかぽかと暖かく、花見をするにはいい天気なのだろう。なかには発々を持ち込み、照明を付けながら楽しんでいるグループまでいた。

そしてもちろん、朝に30人で場所取りをしていたグループはそれ以上の人数にふくれあがり花見を楽しんでいたのである。

ひょっとして新社会人の彼らは今日は朝の9時前からずっとこの場所にいたんだろうか。

2011年4月 6日 (水)

Android 2.1でアプリをSDへインストールできるLink2SD

大震災の影響で、無期限延期と噂されていたIS03のAndroid2.3へのアップデートが4月14日午前10時から開始と発表された。

Androidが2.1から2.2へなると数字上はわずか0.1のバージョンアップに過ぎないが機能的には、Flashへの対応、アプリケーションの実行速度等の向上、microSDへのアプリケーション保存等の機能向上がはかれる。

メモリカードへのアプリケーション保存は、かなり大きなメリットとなるが、実はAndroid2.1以前でもメモリカードへのアプリケーション保存を可能にするアプリがある。

それがLink2SDである。rootを取っていないと使えないという条件はあるが、普通にAndroidマーケットからダウンロードできる。

まずSDカードに2つのパーティションを作る必要がある。第一領域をFAT(FAT32)、これは今まで通りの使われ方をする。第二領域がアプリケーションの領域でext2、ext3、ext4、FAT32などにする。(機種により認識できない場合がある)

通常SDカード等の領域を分けることはできないので、パーティション変更ツールなどを使い作成する必要がある。Androidアプリはそれほど大きくないので第二領域は1GBもあれば十分だと思う。

あとはLink2SDを起動し、移動したいアプリを選び「Create Link」を押すと、apkファイルとdalvik-cacheファイルがSDカードの第二領域に移動し、元の場所にシンボリックリンクを作成する。

元に戻す場合は移動したアプリを選び「Remove Link」を選べば本体に戻すことができる。

もし移動したアプリがマーケットのマイアプリに表示されなくなってしまったら「market fix」を実行することで表示されるようになるはず。

このアプリを使うことにより、本体のメモリを極力使用せずにSDカードにどんどんアプリをインストールすることが可能となる。

AngryBirdsシリーズをインストールすればそれだけで相当量のメモリを使ってしまうことになるが、これで本体メモリを気にせずインストール可能である。

ウィジェットで起動しているアプリや、バックグラウンドで勝手に通信をしているようなアプリ、システムアプリなどは移動しない方がいいし、移動することで正常に動作しないアプリも出てくるかもしれない。(システムアプリなどはそもそも移動できない)

またSDカードのアクセス速度の影響も受けるので、なるべくアクセス速度の速いカードの方がいいようにも思う。自分は付属してきたカードをそのまま使っているが。

FOMAカードの再発行

どうも最近XPERIAを使っていると、調子が悪い。

電源を入れた直後や再起動時にSIMカード(FOMAカード)を認識しないことがあったり、起動途中に再起動を繰り返してしまうことが多い。

XPERIAは、ドコモ純正ROMをベースにJITを有効にしたり、Link2SDを使い、アプリをmicroSDカードに逃がしたりしていて使っているので、原因がこちらかもしれない。

いろいろ切り分けをしてみると、どうもFOMAカードを抜いた状態で起動したときは正常に起動することがほとんどであることがわかってきた。さらにmicroSDも抜いておけばほぼ確実に起動することができる。

ということで、少し調べてみるとXPERAと緑色のFOMAカードの相性が悪いとかいう情報が掲載されているサイトがいくつか見受けられた。

幸い手元には契約中のFOMAカードや解約済みのカードが何枚かあるのでいろいろやってみると、やはり現在使用中のFOMAカードを使うときだけ起動できないことが多いことが判明。

というわけでDSに行ってFOMAカードの再発行をしてもらってきた。

今までのFOMAカードはFOMAを契約した際に発行してもらったものであるので、かれこれ8、9年ほど使用している大日本印刷製DN02、カード表面の印刷もかなりかすれて、またチップの接触面もかなり摩耗している。

今回再発行してもらったカードはジェムアルト製、DSで発行してもらったのでOTAではなくFOMAカードライタ用AX03、もちろん新ロゴ版である。

また、端末起動時に勝手に起動し通信を行うアプリに関しては、Link2SDによるmicroSDへの待避をやめ本体側にインストールするように変更。

これでエラー無く起動するようになった(はず)

なお、この契約回線ではiモード機のiアプリやFelicaなどとひも付いているものがあったので、再発行されたFOMAカードをiモード機に差し替えた際に支障が生じることがないのか確認をしたところ、問題なく使えるとのこと。(カードの固有情報等もコピーしている?)

ただ、FOMAカードの製造番号による認証を行っているものについては、支障が出るかもしれないとのことであった。

また、ダウンロードしたデータ等でも読めないものが出る可能性があるとのことで、旧のFOMAカードは手元に残されることとなった。

これで、同じ固有情報を持つFOMAカードが2枚になったことになる。(もちろん1枚は回線はつながらない)

これまでFelicaを使ったサービス(Edyやnanaco、Waon、ヨドバシのポイントカード等)を利用する場合に、いちいちXPERIAからP-01AにFOMAカードを差し替えて使っていたのだが、これからは旧のFOMAカードを挿しておけば、リアルタイムに3G回線で通信を行わないFelicaサービスについては、いちいちカードを差し替えずに使えそうである。もちろん通話等はできないので、都度差し替える必要があることには違いないが、スマホから抜いて差し替えることを考えれば相当手間が省けることになる。

というか今P-01Aに挿しているもう一枚のFOMAカードは別の電話機に挿しておけばこれまで通り使うことが可能となり、わざわざ入れ替える必要もなくなることになる。まぁ一台持ち歩く台数が増えるという問題は起こるわけだが・・・

音声の通話とiモードメールの利用に特化した薄くて小型の端末があればいいのだが、誰かいらない端末P706iμとかP-04Aとかあったらちょうだい。

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー