お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

2011年3月27日 - 2011年4月2日に作成された記事

2011年3月31日 (木)

NHK BS2が放送終了

今日3月31日は、平成22年度最後の日。

政府のグリーン家電普及促進事業エコポイントの終了日。

それからNHK 衛星第二放送が24時をもって終了となる。

1986年12月25日より約24年間放送されてきたが、NHK衛星放送の統廃合により終了。

これまでNHKの衛星放送は第1、第2、ハイビジョンの3ch放送だったのが、4月1日の6時からは、BS1とBSプレミアムの2ch放送に生まれ変わり、2チャンネルともハイビジョン放送となる。

デジタル放送のBS2(102ch)は明日から空きチャンネルとなる。アナログのBS2(11ch)については、明日より暫定的にBSプレミアムの放送に使われる。

NHKの衛星放送はもともとは地上波の難視聴地域解消が目的でBS1が総合、BS2が教育テレビの内容を中心として放送されるはずだったのが、放送衛星の事故などを経て、独立したチャンネルとなっていった経緯がある。

現在は地上デジタルの難視聴地域解消のため、在京の地上波が衛星でサイマル送信されており、条件が揃えば視聴可能である。そういう意味ではようやく元々の役割を果たすようになったとも言えるのかも。

今後はよりオリジナルの放送が行われるとのこと。なお大河ドラマはBS2とBS-hiの両方で放送されていたが、来週からは夜10時の放送はなくなる。BS-hiで録画していた人はこれまでと変わらないが、BS2(デジタル)で録画していた人は放送時間とチャンネルが変わるし、BS2アナログで録画・視聴していた人は放送時間が変わるので要注意である。

spモードのコンテンツ決済サービスがAndroidマーケットに対応

2月の発表時に3月に対応させると言われながら、いつになるのかずっと待ち続けたAndroidマーケットへのspモードコンテンツ決済サービスが、本日ギリギリに3月中という公約通り対応された。これでドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3キャリアが出揃った。

日本円で価格がついているアプリに限り、一ヶ月1万円以内のアプリ購入時の代金がドコモの携帯電話料金と一緒に支払いできるようになった。

ただし、spモードに契約し、アプリダウンロード時にもspモードによる3G接続の場合のみという条件がある。

月々の料金と一緒に支払えるので便利と言えば便利だが、どっちみち事前にGoogleチケットアウトへのクレジットカード情報の登録をしておかないとspモードコンテンツ決済も利用できないようなので、今までクレジットカードを持たなかった人が、電話料金と一緒に口座振替とか窓口支払いでアプリ代金を払うことはできないっぽい。

それからspモードコンテンツ決済での購入だと、いったん購入したアプリのキャンセルとかはどうなるんだろう?

2011年3月30日 (水)

大阪市内でGALAXY Tabの周辺グッズを買える店

昨年12月29日にも少し書いたが、今日は仕事が終わってから梅田まで足を伸ばし、ラジオショックとヨドバシカメラへ行ってきた。

今日のメインの買い物は、単一電池の代わりに単三電池を使うことができるアダプター。こんなもん百均でも売ってると思うかもしれないが、ラジオショックに売っているものは、何と単三電池を2本並列に入れることができるので、容量も二倍で使えるという優れもの。

今やこの辺りでも単一乾電池がのきなみ売り切れで入手できないが、これを使えば単三電池で単一電池の代わりに使うことができる。ちなみに1個150円だが4個買うと50円引き

それから以前の記事を書いたときにも買ったがHT-03A用のクリアケース。実は前回買っていたのを落として、爪が破損してしまっていたので買い直し。このケースのおかげで自転車走行中に落としたHT-03Aも無傷だった。こちらが380円。

以前GALAXY Tabの充電アダプタ製作の記事を書いたが、ラジオショックでUSB充電・データ通信切替アダプタが売られていた。ブログにはGALAXY Tabでの動作確認が出来ていないと書かれていたが、別にT-01BやXPERIAで使えそうだったので購入してきた。これがあればデータ通信用のUSBケーブルが有れば、本アダプタをつなぐことにより充電ケーブルとしても使うことができる。これまでは充電用ケーブルと通信用ケーブルをそれぞれ持ち歩いていたが、その必要が無くなる。

で、肝心のGALAXY Tabであるが、残念ながらスイッチを切り替えても動作は変わらず。おそらくこのアダプタは+Dと-Dをショートさせるかしないかを切り替えているだけっぽい。GALAXY Tabの充電についてはショートさせた上でケーブルを33kΩでVcc、10kΩでGNDに接続、反対側のUSBの+Dと-Dは切断して開放のままにしておく必要があるので、そこら辺りの処理はなされていない模様である。(GALAXY TabのUSBケーブルはそのままでは全く充電できないというわけではないが、専用充電器を使用しないと充電時間が倍ほどかかってしまう)

ついでにGALAXY Tabのイヤフォンマイクのジャックは普段使わないので、蓋をしておこうとiPhone4用のジャックカバーを買ったのだが、ピンの長さが邪魔してかGALAXY Tabには挿入できなかった、残念。まぁ80円だしいいか。

なお、GALAXY Tabに使えるものとしては、他にもUSBケーブルが売られている。以前尋ねた時には無かったのだが、入れてくれていた。残念ながら自分は、その後ヨドバシで純正を買ってしまったのだが、こちらだと長さも二種類選べ、価格も半分以下で購入することができるので、予備が欲しい人にはちょうどいいかも。

他にはシガーライターアダプタ、液晶保護シートも売られているし、専用ケースも何種類か売られている。シリコンジャケットやハードタイプのジャケット、レザーケース等々、こちらも500円から1500円くらいの範囲で売られていた。お隣のヨドバシカメラ1階にもGALAXY Tab用ケースや液晶保護シートが売られているが、こちらの方が安い。ヨドバシに売っている価格は倍近い値段であるが、品物的にそんなに差があるようには全然見えない。

店の入り口付近には車載用のアダプタが980円で売られていたので、Googleマップを使って7インチのカーナビとして使用可能。

その他にはXPERIA X10用の外装パネルが売られていた。docomoロゴの無いワールドワイドバージョンなのでドコモSO-01Bのドコモロゴが要らない人にもいいかも。

梅田だとラジオショックが今書いたような品揃えであるが、日本橋ではサンコーレアモノショップがこの手の商品が充実している。おそらくスタンド機能付きのGALAXY Tab用ケースとかは同じ物じゃないのかなぁ。この店もラジオショック同様、以前に行ったときと比べてかなりGALAXY Tab用の商品が充実していた。だいたいラジオショックと同じような品揃えだったように思う。

GALAXY Tab用の周辺機器を探している人、オンラインで売っている店はいくらでもあるが、やはり現物を見て確認できるメリットは大きいと思うので、近場の人は覗いてみてもいいのではないだろうか。

ちなみにラジオショックもサンコーレアモノショップもGALAXY Tab用商品以外にも面白い商品がいっぱい売られていて、価格が安いこともあって、ついつい要らないものまで買ってしまいそうになるので、意志の弱い人は要注意。

2011年3月28日 (月)

ドコモのパケット料金をダブルからフラットへ変更

今日は、帰宅途中で近所のドコモショップへ立ち寄り、パケット割引サービスをこれまでのパケ・ホーダイダブルからパケ・ホーダイフラットへ変更してきた。

現在パケ・ホーダイダブルを契約しているがパケ・ホーダイダブルは使わなければ390円、上限まで使うと5,985円となる。来月から始まるパケ・ホーダイフラットは使っても使わなくても毎月5,460円のプラン。

実際には、毎月確実に上限まで使い切っているので、それなら上限金額が安いプランに変更した方が維持費が削減できる。

これで毎月あたり525円、年間にすると6,300円の削減につながる。

ついでにフィーチャーフォン時代に契約したままになっていた、iコンシェルとケータイデータお預かりサービスについても解約。

これはAndroidスマートフォンに変更してしまえば無用のサービスになる。ほぼ同じような機能はGoogleのサービスやアプリで置き換えが可能。

というわけで、こちらも各100円の節約、1年間で2,400円。全てあわせると年間8,700円の節約につながる。

ちなみにiコンシェルとお預かりサービスは今日付で解約となったが、パケ・ホーダイについては来月1日からの適用となる。また3月31日23時59分から日が変わるときにまたがって3Gパケット通信を行っていると、プラン変更がうまくいかないんだとか。「日が変わる前に通信を切断してください。」と注意があったので、自分以外にもパケ・ホーダイフラットに切り替える人は要注意。

XPERIA X10にAndroid 2.3.3へのアップデートが来る!

先週末の滋賀への帰省に続き、今週末は和歌山へ帰省していたので、祭りの波に乗り遅れてしまった。

2ちゃんねるのSO-01Bスレがものすごい勢いで伸びているので何事かと思ったら、なんとXPERIA X10にAndroid 2.3.3へのアップデートが行われることが決まったのだという。

ソースは

http://blogs.sonyericsson.com/products/2011/03/25/update-on-xperia%E2%84%A2-x10/

http://juggly.cn/archives/23804.html#more-23804

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/25/news121.html

等々

2月に「XPERIA X10は2.1で打ち止め」という発表をしていたソニー・エリクソンが、なんと方針を撤回し、第二四半期末から第三四半期はじめに2.3.3へのアップデートを行うと発表した。

先日発売されたXPERIA arc等への開発の成果からX10へのアップデートが可能になったためだということらしい。

X10は日本ではXPERIA(SO-01B)として昨年4月にAndroid 1.6で発売された端末で、国内ではこれまでにもspモード対応へのアップデート、1.6から2.1へのアップデート、そしてまさかのマルチタッチへの対応とアップデートが行われてきて、ついに製造が終了したと言われていたところだが、まさかまさかの2.3への更新が行われるのかもしれない。

キャリア向けにカスタマイズされたバージョンについてはどうなるかまだ未定ということであるが、X10は昨年末までに国内で60万台を売っていて、日本は最も売れた国らしいという話をどこかで目にしたことがある。たとえメーカーがアップデートを作ってもキャリアが配布しないというHT-03Aのパターンも無いとは言えないが、XPERIAに関してはアップデートファイルのダウンロードもメーカーサイトから行うこともあるし、先の販売台数の件もあるので、おそらくドコモバージョンでもアップデートされるのではと思うのだが・・・現にマルチタッチ対応は日本が一番最初だったし。

仮に国内向けに提供されずとも、XPERIAシリーズは簡単にワールドワイドのROMをインストールすることが可能だし、既にカスタムROMでspモードの自動受信ができるパッチも作られているので、すぐにSO-01Bでも問題なく使えるようになるのではと思う。

おそらく国産の現行モデルでAndroid 2.1の端末は今年夏頃までに2.2にアップデートされてそれで終わりとなるんじゃないだろうか。もっとも1.6で販売され半年も経たないうちにアップデートは行わないと発表された機種もあるくらいだ。XPERIAは1.6で発売され2.3にまでアップデートするという。今までこんなに手厚いサポートが行われた機種って他には聞いたことがない。

HT-03Aもまだまだ遊べる機種だが、XPERIAもまだまだ当分の間使い続けられる端末になりそうだ。

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー