お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月11日 - 2010年7月17日に作成された記事

2010年7月17日 (土)

SPモードについてドコモから回答がきた

SPモードに関してドコモに問い合わせていた回答があった。

回答はスマートフォン・ケアから。

それによると、HT-03Aについては2ちゃんねるでも報告されているとおりSPモードメールについては利用できないが、その他のインターネット接続、コンテンツ決済サービス、アクセス制限サービスは利用可能ということで、Xperia発売以前からことある毎にドコモがメディアを通じて言っていたiモードメール対応については無いそうである。

WIRELESS JAPAN の講演セッションでも「既存端末に加え、冬モデル以降の端末はすべてspモード対応としていきたい」」とか言ってるのにHT-03Aは無いんだと。

そういやドコモはSIMロック解除についても前向きな姿勢を打ち出しているけれど、SIMフリーの端末をドコモに持ち込んで契約する場合もSPモードメールについては利用できないという姿勢のままでいくのだろうか?

ちなみにHT-03Aの今後のOSアップデートについては、現在未定ということで、こちらもソフトウェアを更新することにより常に新しくできるといった旨の発言についても微妙な感じ。

また、SPモードでのメッセージR、メッセージFの受信に関しては未定だそうだ。

iモード機とスマートフォンの併用については、それぞれで別の「@docomo.ne.jp」アドレスを使うことになるので、元々のメールアドレスをiモード機とスマートフォンで併用は出来ないらしい。

現状では1枚のSIMを複数台のFOMAで差し替えて使っても、その時々の時点でSIMが挿入されているFOMAでメールが受信できるが、スマートフォンとの併用の場合はそれはできないということらしい。

iモードFOMAではiモードで契約したアドレス、スマートフォンではSPモードで作成したアドレスの利用となるとのこと。

なお、iモードを解約してSPモードを契約した際にはメールアドレスを引き継いでスマートフォンで使うことが可能で、この場合はiモード.netの契約も不要になるとのこと。

1枚のSIMを差し替えて使い、且つ元々使っていたiモードアドレスをスマートフォンで使う場合はiモード.netの契約が必要とのこと。

何か、まだよくわからんところがあるなぁ。itmediaの記事と違うところがあるような気がするので再照会するつもり

2010年7月15日 (木)

SPモードについてドコモへメール

昨夜書いたように、HT-03Aが見捨てられそうなので、ドコモへメールした。

同じ時期に発売されたT-01A、同じOSを使うXperiaが対応機種なのに何故HT-03Aが対象外なのか。

しかもiPhoneは2年経った3GもiOS4へのアップグレードが可能、HT-03Aはまだ発売後1年、2年縛りで購入している人も大勢いるはずなのに・・・

どんな返事が返ってくるんだろう

2010年7月13日 (火)

SPモード概要発表

ドコモが9月からサービス開始を予定しているスマートフォン向けISPサービスSPモードの概要が発表になった。

これを見てみると、これまでのiモードメールアドレスをpushで自動受信できる仕組みとコンテンツ決済サービス、インターネット接続サービスが提供されるということで、これまでのmoperaから契約を変更する必要がある模様

一番の注目点となるSPモードのメールサービスについては、専用アプリによる自動受信で、iメール最大10MB、アプリ上で絵文字、デコメール対応。

スマートフォンということで、最大10MBになったのかな。ところでメッセージRやFには対応しているんだろうか。

さらにオプションでメールウイルスチェックとアクセス制限サービスも無料提供だそうだ。

こちらの記事を読むとiモード解約と同時にSPモード契約でiモードメールのアドレスが引き継げるとのこと。また、iモード携帯とスマートフォンを1枚のFOMAカードで差し替えて使う場合は、iモード契約を残したままSPモード契約を追加することが可能で、その場合はメールアドレスが2つになるが、スマートフォンの専用アプリの設定で、どちらのアドレスをSPモードに割り当てるかが選択できるらしい。これって、従来から使っているiモードメールアドレスをiモードFOMA、スマートフォンどちらでも送受信できるということでいいのだろうか?

ちなみに専用アプリが提供される端末は、本日の時点でXperia SO-01B、LYNX SH-10B、dynapocket T-01B、T-01A(WM6.5にアップデートした機種のみ)、SC-01Bの5機種。あららHT-01A、02A、03Aは?HT-03AなんかXperiaとOSのバージョンも同じなんだし、リリースしてくれてもよさそうなのに・・・

HT-03Aユーザーはドコモに要望を出すべき!

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー