お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« pubrom RAMHack版を更にカスタマイズ | トップページ | HT-03AのカスタムROMにAndroid2.3登場 »

2010年12月12日 (日)

やっぱり動かなかったspモードメールアプリ

11月27日の記事で

spモードメールアプリはずっと以前に検証したように、ブラウザのUserAgent等とは別のところから端末情報をdocomo側に送っていると思う。

pubromはrom作成時点で、元々HTC Magicとなっている機種情報をHT-03Aに変更して作り直されている。この機種名変更のところをXperiaやGalaxyと偽装してromを作成してしまえばspモードメールアプリの送受信時の機種判定をスルーできそうな気がするんだけどどうなんだろう?

なんてことを書いたが、その後いろいろ調べてみると、端末情報に表示される機種情報は、「/systen」内の「build.sapphire.prop」とか「build.prop」を参照しているらしいと言うことがわかったので、早速このファイルの中に書かれてある「HT-03A」の文字列を変更、Xperiaになりすましてみたが世の中そう甘くはなかった。それならせめてもと、iモード.netメールアプリもトライ、インストールは無事すんだが、iモード.netの設定段階ではねられてしまい動作させることはできなかった。

そう簡単に動作させられるなら、既に誰かがやってるよなぁ。

« pubrom RAMHack版を更にカスタマイズ | トップページ | HT-03AのカスタムROMにAndroid2.3登場 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり動かなかったspモードメールアプリ:

« pubrom RAMHack版を更にカスタマイズ | トップページ | HT-03AのカスタムROMにAndroid2.3登場 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー