お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« W-ZERO3でもAndroidが動くそうな | トップページ | spモードメールアプリ、またまたアップデート? »

2010年11月22日 (月)

iモードとspモード併用時の2つのメールアドレスを1台で使用するには

10月29日に書いた「iモードとspモード、メールアドレスの入れ替えで入れ替わらないメール」で、iモードメールアドレスとspモードメールアドレスを相互に入れ替えても、入れ替わらないメールについて書いた。

どういうことかと言うと、spモードメールのアドレスとiモードメールのアドレスを入れ替えれば、従来iモード機で受信していたメールは全てspモードメールアドレス(つまりスマートフォン)で受信できなければならないのに、受信できずになぜか入れ替わってしまった元々のspモードメールアドレス宛に送られてきてしまっているものがあるという内容であった。

これについて、ドコモに質問をしようと思いつつ未だにできていないのだが、何とかならないか考えてみた。

ドコモのiモードメールに転送機能でもあれば何の問題もなく解決するのに、あいにくiモードメールには転送機能は無い。

ドコモのiモードメールをPCから送受信できるサービスとして「iモード.net」のサービスがある。このサービスを使えばiモードメールアドレスを使ってPCやスマートフォンからiモードメールの送受信ができるが、このサービスでは月額200円の料金が発生する。

実はドコモにはもうひとつブラウザを使ってメールを受信することができるサービスがある。「ドコモwebメール」である。

iモード機から設定さえしてやれば、送受信したiモードメールを最大2GBまで保存できるし、携帯電話機から削除してしまったメールなども読み返すこともできる。そして何より利用料が無料。

ブラウザによる受信でレイアウトも見にくいし、ドメインは「@dwmail.jp」になってしまうが、今のところ、メールの内容さえ確認できればいいので、そう問題にはならないと思う。設定で新着通知を任意のアドレスに通知することも可能なので、リアルタイムに受信したことの把握はできる。更にAndroid携帯だと、「ドコモwebメールビューワー」というアプリもあるので、新着通知が来ればそのアプリを立ち上げれば内容も確認できる。

これで、iモードとspモードを1回線で契約している場合の2つのメールアカウントが一応同時使用可能となる。

« W-ZERO3でもAndroidが動くそうな | トップページ | spモードメールアプリ、またまたアップデート? »

DoCoMo」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166122/50096307

この記事へのトラックバック一覧です: iモードとspモード併用時の2つのメールアドレスを1台で使用するには:

« W-ZERO3でもAndroidが動くそうな | トップページ | spモードメールアプリ、またまたアップデート? »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー