お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 9月1日、SPモード使用までの流れ | トップページ | spモードメールアプリのアップデートがある? »

2010年9月 1日 (水)

SPモード、現在までに判明した事実(随時更新)

SPモードの接続にはID、Passwordは不要。(回線に紐付いてるみたい)

SPモードメールの設定等に必要なパスワードの初期値は0000、iモードパスワードとは異なるので注意。

なんだかんだ言っても携帯電話のメールサービスであるので、携帯電話の回線でのみ送受信可能。無線LAN使用時には着信通知のみ。これは携帯電話のWAP Pushの仕組みを使っているから。

HT-03AでのSPモードメールはアプリのインストールと起動までは可能だが、通信を行う時点で機種判定ではねられる。そのうち対応アプリを作ってくれる人が出てきそうな予感。

ってかさっきのWAP Pushは使っている機種に関係なく送られてきているっぽいので、WAP Pushを検知してメールを見に行くような仕組みを作れば、HT-03AだけでなくドコモのSPモードメールアプリが対応していない他の機種やSIMフリー機、iPhoneでもPush受信可能なアプリができるんじゃないだろうか。

ちなみにSPモードは現時点IMEIのチェックをしていないのでSIMフリー機でも接続は可能。

※9月2日追記

9月1日だけだった模様。現在はSIMフリーiPhone等からは接続不可能になっているらしいです。HT-03Aからの接続は可能です。

なお、SPモードで接続した際、端末にはプライベートIPアドレスが付与される。

FOMA回線を二回線所有しているときに、A回線をSPモードで接続している際に、B回線のメールをiモード.netメールアプリを使って送受信することは可能。つまりスマートフォン1台で2回線のメールのPush受信が可能となる。

SPモードの契約と同時にiモードを解約して、アドレス移行をしている人が多いようだが、こうするとFOMAカードをガラケーに戻した際には音声通話しか利用できなくなる。iモード契約を残したままSPモード契約をすると、SPモードサイトから双方のメールアドレスを入れ換えることが可能なので、どちらの端末にFOMAカードを挿入しても同一アドレスで使用可能となる。どうせ最大半年間はSPモードは無料で利用できるし、その後もISP割があるので、あせってiモードを解約する必要はないと思われる。

上記契約をしていれば、HT-03AでSPモードを契約してもメールアドレスをガラケー側に置いておけばiモード.netを使いメール送受信が可能。しかも芋煮が最新版でPushに対応したので、HT-03Aでもほぼリアルタイム受信ができる。

自分のように2回線でガラケー2台とT-01B、HT-03Aを使っている場合、T-01Bで使う場合はメールアドレスを入れ換えてSPモードメール+ガラケーBのメールをiモード.netアプリで受信(ガラケーB宛メールはどちらの端末でも送受信可能)。HT-03Aで使う場合はメールアドレスをガラケーAに戻した後でHT-03Aで芋煮を使い、戻したアドレスをiモード.netで受信、もう一回線の方はもう一台のガラケーBでそのまま使用すればOKということになる。

9月4日追記

なお、SPモード契約により新たに付与されたもう一つのメールアドレスについては、ドコモwebメールのアドレスを取得(無料)しておいてガラケーからiモードメール自動保存を行うようにしておけば、リアルタイムではないし、ドメインが変わってしまうものの、webブラウザーから送受信が可能となる。ドメインを変えずdocomo.ne.jpドメインそのままで使いたい場合は、iモード.netの契約を行えばwebメールとして送受信可能になる。

moperaUスタンダードプランを契約していて、moperaメールを使っていた場合は、APNをspmode.ne.jpに変更してSPモードで接続していてもmoperaメールの送受信は従来通り可能(勿論受信に関してはPush配信がかかる)

A回線のmoperaUライトプランは使わなければ基本料金も発生しないので、あえて解約する必要もなく、そのまま継続でよし。

« 9月1日、SPモード使用までの流れ | トップページ | spモードメールアプリのアップデートがある? »

DoCoMo」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166122/49318411

この記事へのトラックバック一覧です: SPモード、現在までに判明した事実(随時更新):

» 日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS | [アマゾン探検隊]
JUGEMテーマ:パソコン 日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MSSIMフリー時代のSimpleな通信、誕生。あなたのデバイスに最適な通信を。デバイスを選んだ後は、通信を選ぶ。もうSIMフリーの時代は始まっています。◆SIMフリー端末を含むNTTドコモFOMAネットワーク使用端末で使えるスマートフォンやPC、そして電子書籍リーダーなど急速に広がりを見せる携帯網の利用。 b-mobileSIMは通信だけを提供し、あなたのデバイスに組み合... [続きを読む]

« 9月1日、SPモード使用までの流れ | トップページ | spモードメールアプリのアップデートがある? »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー