お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 久々のHARDOFFめぐり | トップページ | 大人げないなぁ »

2009年8月19日 (水)

新機種FT-270? マランツ製無線機修理受付終了

久々に純粋なアマチュア無線の話

バーテックススタンダードって元々は八重洲無線がスタンダードコミュニケーションズを日本マランツから買収して、その後に商号をバーテックススタンダードに変更したものである。

そのバーテックススタンダードが8月下旬から新しく発売する無線機3機種、この中に144MHz帯5W FMハンディトランシーバー FT-270という無線機がある。

あれ、FT-270ってかつて八重洲無線時代に144MHz帯のモービル機で使ってた型番だよね。昭和59年頃に発売された70シリーズというコンパクトなモービル機で受信改造すると144.00~153.99MHzまでの受信が可能になり、ハイパワー機にはFT-270Hっていうモデルがあり、姉妹機にはFT-770っていう430MHz帯のモービル機もあったはず。

さすがに古い無線機だけども、なかには未だ使用している人もいるんじゃないかなぁ。同じ型番で出したらややこしいやん。モービルのFT-270とかハンディのFT-270って言わないと、両FT-270を持ってたらどっちかわからんようになってしまう。

同じ型番を再利用しないと命名できる型番がないってわけでも無いのに、どうして同一型番で販売することになったんだろう?

この件って絶対ラジオライフの使用レポートの記事中で触れられるんだろうなぁ。

それともう一つ、日本マランツ時代の無線機については販売終了から6年が経過して保守部品の入手が困難になったために8月31日を持って、保守・修理サービスを終了だそうだ。対象はマランツ製のC型番、それから受信機AX-400/700、特定小電力トランシーバHX600シリーズだって

該当機種を保有し、調子が悪い人はとりあえず今月中に修理に持ち込まないと、今後メーカー修理は受け付けてくれないらしい。

気がついたら無線機はマランツ製品ばかり買ってたから、我が家や実家にはC120/150/450/500/311/160/460/520/550/701/5600/5900B、AX-400/700、HX610とかがゴロゴロしてるんだけど、何台かはやはり調子が悪くなって放置されている。

直しておきたいんだけれど、直したところで使うのかと言われると、たぶんほとんど使わないんだろうしなぁ。

« 久々のHARDOFFめぐり | トップページ | 大人げないなぁ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166122/45974562

この記事へのトラックバック一覧です: 新機種FT-270? マランツ製無線機修理受付終了:

« 久々のHARDOFFめぐり | トップページ | 大人げないなぁ »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー