お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

2007年1月14日 - 2007年1月20日に作成された記事

2007年1月20日 (土)

W-ZERO3[es]にP902iを接続した

W-ZERO3[es]のUSBコネクタ、先日のトラベルキーボードに続き今回はドコモの携帯電話をつないでみた。

ドコモの携帯電話FOMA P902iにはminiSDカードスロットがある。普段はもちろん携帯電話機本体から外部記録メディアとして認識されているのだが、P902iのメニューにてUSBモード設定を「通信モード」と「miniSDモード」を切り替える事により、データ通信ケーブルを用いて携帯電話とパソコンを接続したときにFOMA本体をUSB接続の外部モデム装置として認識させるかminiSDカードリーダーライターとして認識させるかを変更することができ、miniSDモードで接続しているときは、携帯電話機本体がUSB接続のminiSDカードリーダーライターとして使用できるようになるのだ。同機能はN900iで初めて採用された機能で、今ではNEC製とパナソニックモバイルコミュニケーションズ製の携帯電話なら他の機種でもできるやつがあるようだ。

そこで、今回はP902iのモードをminiSDモードに変更して、FOMAデータ通信ケーブルとW-ZERO3[es]用USBホストケーブルとを接続して相互に接続してみた。

結果、W-ZERO3[es]上にリムーバルディスクアイコンが出現。P902iのminiSDカードスロットに挿入されていた64MBのminiSDカードにアクセスすることが出来た。

この2本のケーブルさえ持ち歩いていれば、PC無しの環境でもminiSDカード同士のコピーや移動ができるということになる。

調子に乗って通信モードでも接続してみたが、WM5にはドライバがないのかFOMAを外部モデム装置としては認識できなかった。

そもそもそれ単体で定額で通信できるW-ZERO3[es]にわざわざFOMAを接続するってのもアホな話だけど・・・何やってんだか(苦笑)

2007年1月19日 (金)

Winny特別調査委員

久々のWinnyネタ。

セキュリティ関連企業のネットエージェントがP2Pファイル共有ソフトの利用履歴やウイルス感染歴をチェックするソフト「Winny特別調査委員」の販売を開始した。

このソフトは企業と社員がP2Pソフトウェア使用禁止に関する誓約書を交わした上でそれが守られているかどうかや、またAntinny系のウイルスの感染がないかを確認するというような利用方法を想定しているとか。

実行するとWinnyのインストール履歴、最終実行時、ウイルスの感染歴等が検知できるらしい。またWinny以外にShare(仮称)、Cabos、Limewireといった比較的メジャーなソフト以外にもBitCometやPerfect Dark(一瞬デフラグソフトかと思っちゃった)、Antinnyを検出するらしい。

でスラドや2chでは、配付されている体験版を解析した人がいたので、自分も同じようにダウンロードしてきて中身を見てみた。

体験版をダウンロードしてきてISOイメージを展開すると、実行ファイルp2ptest.exeがあるのがわかる。

自分はファイラーにWinFDを使っているんだけど、p2ptest.exeの上でリターンを押したら普通はファイルの中身が見えるんだけど、こいつの場合、実行形式のzip圧縮ファイルの様で更に中に入っているファイルの様子がわかった。

中にscriptというディレクトリがあり、その中にあるp2ptest.plというファイルがあった。これperlのファイルだが、この中にいろいろと書いてあった。

これを見ていると検出しているのはwinny.exe、winnyp.exe、Share.exe PERFECT DARK.EXE、cabos.exe、limewire.exe、BITTORRENT.EXE、BITCOMET.EXEというファイル名で探している。他にもkintamaとかもあったけど。

でこれらのファイルが実行されたことがあるかどうかの実行履歴と実行回数をレジストリの中から探し出してる模様。

このレジストリはプログラム名だけを記録しているので中身は何でもいいのでこれらと同名に変更して実行してももちろん検出しちゃうし、そもそもマイクロソフトのOSにはデフォルトでその名もshare.exeという実行ファイルがあるので、こいつもしっかりと検出してしまう。

また、このレジストリに実行記録を残すユーザー操作追跡機能ってのは、XPのスタートメニューをクラシック表示にしている人には全く不要な機能なので無効にしている人だっているだろうし、またその方法はチューニング系の技を紹介しているサイトや書籍に掲載されている。もちろん先ほどのperl文を見るとどこに記録されているかわかってしまうので、クラシック表示で使っている人はそもそも履歴が記録されていないし、XPスタイルで使っている人もそこのエントリを削除してしまえば検出されないって事になるのかな。

あれ、こんなんでいいの?

まぁ本当にやるやつは専用PC使ってたりとか他にもあんな手やこんな手を使うだろうし、そもそもそこまでやるやつは(それなりのスキルがあるので)そもそも感染する可能性も低いだろうし・・・

おもしろ半分にわけわかんないままやってみたっていう低レベル者の使用をさせないだけでも大きな効果があるってことなのかな。

今後Vistaが出てOffice2007が出たらP2Pでファイル共有する機能が付いてくるのはどうするんだ?

P2Pソフトは使いませんって言ってるところはこれらももちろん使えないし、そもそもLANによるファイル共有も出来ないって事よなぁ。

2007年1月17日 (水)

W-ZERO3[es]にThinkPad USBトラベルキーボードを接続

 W-ZERO3[es]はUSBホスト機能を有している。これによりUSBにいろいろな周辺機器を接続することが可能になっている。

 いろいろなサイトを回っていると、いろいろな周辺機器を接続している人たちが居て、それらをまとめているサイトもあるのだが、どうもまだあまり掲載されていない情報っぽいので掲載。ググってみたけど一件だけしか見つけられなかった。

 IBM(現レノボ)から発売されている「ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付」前は「ThinkPad USBトラベルキーボード ウルトラナビ付き」って名前だったけどいつの間にか名前が変わってた。

 見た目にはThinkPadのキーボード部だけをそのまま外付けキーボードにしたかのような製品である。何でもThinkPad T42だかのキーボードと同じ物を採用しているらしい。

 T42のキーボード自体はThinkPadのキーボードとしてはそんなに評価は良くないみたいだけれど、それでもそこはThinkPadのキーボード、他のキーに比べれば打ちやすい方だと自分では思うのだが・・・

 で、今回はこのUSBトラベルキーボードをW-ZERO3[es]に接続してみた。なおWindows Mobileではマウスポインターが表示されないらしいので、あらかじめUSB HID Driver Betaをインストール、レジストリを編集しておいてから接続してみた。

 結果は良好。何ら問題なくキー入力を受け付け、おまけにトラックポイントもきちんと働いている。

 これでW-ZERO3[es]でもThinkPadライクなキーボードからの入力が可能となった。なお、オプティカル・ホイール・マウス(ミニ)も問題なく動作した。

 これで外部キーボード&マウスによる入力、本体操作が可能になる。

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー