太陽黒点 / Sunspot

お天気ブログパーツ

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« ドコモのパケホーダイ拡大(?) | トップページ | MSのブルースクリーン スクリーンセーバー »

2007年1月28日 (日)

VirtualPCで無料のXPを使う

マイクロソフトがInternet Explorer 6 Application Compatibility VPC Imageというのを公開している。

これはVirtualPC上で使うXPSP2英語版のイメージファイルである。これを使うと合法的に無料でWindowsXPの環境がもうひとつ構築できる。IEBlogによるとIE6とIE7の互換性テスト用で一台のPCの中でInternetExplorerの6と7を併用したい場合に使うための物で3月31日まで使用できるのである。

というわけで、これが公開された当初からインストールしてあったのだが、ずっと放置してあったので最近久々に触ってみた。

まず、日本語のWEBサイトを表示させることにより、システムに日本語フォントをインストールし、更にキーボードドライバ等足りないファイル2つを持ってくれば、メニューこそ英語だが日本語の入力と表示が出来るようになる。

更にstartmenuからexplorereを起動させアドレス欄に各ドライブレターを入力すれば表示されないドライブ全体が見えるようになるので、その時点でデスクトップ上にショートカットを作成しておけば、普段とそう変わらない感じで使用可能になる。

なお、アプリケーションをインストールしてもスタートメニューに登録されない物がある。
Documents and settings内のAll Usereディレクトリ内のスタートメニューにショートカットがあるものは普通全ユーザー共通でメニューに出てくるはずなのだがこの環境では何故か出てこないので、同じショートカットをIE6Userディレクトリ内のスタートメニューにコピペしてやることで、利用できるようになる。

それからシステムの更新やIEの6から7へのアップデートをかけてみると、何故か正規品の認証が通らずアップデートできない物とできる物がある。

何でだろ?

なお、この投稿も今回書いたVirtualPCで動作させているXPSP2英語版環境からの投稿である。

« ドコモのパケホーダイ拡大(?) | トップページ | MSのブルースクリーン スクリーンセーバー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPCで無料のXPを使う:

« ドコモのパケホーダイ拡大(?) | トップページ | MSのブルースクリーン スクリーンセーバー »

facebook

#XPERIAアンバサダー