お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006年12月17日 - 2006年12月23日に作成された記事

2006年12月23日 (土)

リチウムイオン電池の特性

先日DSにて申し込んでおいたDoCoMoプレミアクラブの電池パック無料サービスのP505i用の電池がクロネコメール便で到着した。

元々使用していた電池は電池パックP014だが、その後この電池パックはP016へとモデルチェンジを行っている。これは電池容量が680mAhから720mAhへと増量されている。で、今回送られてきたのはもちろんP016。ちなみにP252i、P504i、P504iS、P505i、P505iSが同じ電池パックを使用するようである。って事はうちにある解約済みのP504iの電池もそのまま使えたのかぁ。

最近は複数のモデルで同じ電池パックを使えるように設計しているメーカーが増えてきているので、同一メーカー製で買い増しや機種変を行うと電池パックもそのまま使えることが多く、なかなか嬉しい設計になっている。

さて、リチウムイオン電池と言うと、ニッカド電池などに比べ、放電しきらずに充電すると充電容量が減ってしまう「メモリー効果」がほとんど無く、継ぎ足し充電を頻繁に行なう携帯電話などに向いていると言われている。またその反面、満充電状態で保存すると急激に劣化し、充電容量が大幅に減ってしったり、極端な過充電や過放電により電極が不安定な状態になり激しく発熱し、破裂したり発火したりする危険性がある。

で、DoCoMoが「携帯電話の電池パックに関してのお知らせ」というのを発表した。これによると「電池パックは劣化に伴い膨らむ場合がございます。これはリチウムイオン電池の特性であり、誤った使用をされない限り、安全上に問題はございません。電池パックの寿命は、ご使用形態などによっても異なりますが、『使用開始から1年』を目安としております。」となっている。

これはわかる。確かに自分のP902iの電池も多少膨らんできている。いわゆる「ご懐妊の兆候が見られる」って状態。でも使用開始から1年が寿命なのかぁ。毎日充電してても500回には遠いけどなぁ。

そして次、「充電するときは、携帯電話の電池残量表示が1本になってから充電することをおすすめします。」

あれ?メモリー効果がないから継ぎ足し充電できるのがリチウムイオン電池の特徴じゃなかったっけ?

「ACアダプタなどに接続して、充電しながら携帯電話を使用し続けたり、電池を使い切らないうちに、頻繁に充電を繰り返すと電池パックの寿命が短くなることがございます。」「良くない例・携帯電話を使用するたび卓上ホルダに置いて充電を行うなど頻繁に充電/放電を繰り返す。」というのも書いてある。

ん?DoCoMoって純正で車載ハンズフリーキットって出てたよなぁ。あれってマイカーにも前のモデルが付いてるけど、常時電源供給してるよ。どういうこと??

利用者に注意を促す一方で、そのやってはいけない事を助長するような物も販売してるの?

ところで「車載用FOMA接続アダプタ01」というmova接続ができるカーナビにFOMAを接続するための変換コネクタみたいなのが出てるのね。

これを使うとmova接続専用カーナビのハンズフリー通話機能が、FOMAで使用できるらしい。車載用FOMA接続アダプタ 01を、カーナビとFOMAにつなげるだけで、すぐにハンズフリー通話が可能と言うことで、コネクタ部分の音声ラインを通してるだけなのかな?それともあえてカーナビ用ってなってるって事はデータ通信にも対応してるんだろうか?アンテナはさすがにコネクタの配線がしてないだろうけど、ひょっとしてmova時代の専用車載アダプタなんかもこれを使えばFOMAで使用できるようになるとかって無いのかなぁ?

いくらするのかわかんないけど、ちょっと欲しいなぁ。

2006年12月18日 (月)

ワンセグ携帯を車内で使うには

せっかく入手したワンセグ携帯端末P901iTV、思ったよりも使い勝手がいいのと、走行中にフェーディングがなく鮮明に受信できる利点をそのまま携帯使用するだけなのはもったいなく、これを車載できないか考えてみた。

要は、車内固定用の携帯電話ホルダーがいいのがあればいいだけの話なのだが・・・

エアコン取り付けタイプは端から却下。機械に悪いし、それよりもスカイラインのエアコン吹き出し口には携帯電話ホルダーやドリンクホルダーといった重みのある物は一切取り付けが出来ない。

据え置きできるようなもので、できれば横向けに保持できる物が有ればなおいい。まぁP901iTVの視聴スタイルは本体を立てて液晶ディスプレイだけ横向ける方法も可能なので、特にこだわらない。

こういう条件でいろいろ探してみると、カシムラから出ているKD-23、KD-24といったホルダーがワンセグ携帯用として販売されていて、角度調整のパーツも付いていることがわかったので早速探して買ってきた。

仮設置してみると、確かに電話機を横向けにホールドできる。パッケージ写真ではW41Hを取り付けているがいい感じだ。しかしP901iTVがP902iのように側面に充電コネクタがあるタイプならば、逆にこのカシムラのスタンドを使えば充電しながら横向け固定もできるのだが、このスタンドは両サイドから支えるタイプの物なので、P901iTVを横向けると充電できなくなってしまうのだ。

まぁいいかと車内に設置場所を探す。さすがにこれだけいろいろ付いている車内に設置場所は見つからない。

唯一見つけたのが、ポップアップしてくるカーナビディスプレイのパネル上側。ここならポップアップしていても収納していてもワンセグ視聴が可能。早速設置してみるといい感じ。

しかし!

P901iTVを設置すると、本体の重みに耐えられず角度調整パネルが折りたたまれてしまい、画面が下向いてしまいこれでは視聴できない。

せっかくいい方法だと思ったのに・・・

W41Hの場合は、純正のスタンドで角度も調整できるし、セットしただけでTVが起動できるようにもでき、なおかつ充電もできるので、このスタンドだけ追加で買ってくれば文句なしなのだが、P901iTVの卓上スタンドはそうもいかない。仮に車内設置したところで、端末はただもたれて乗っかってるだけなので、簡単に落ちてしまうだろう。

バネ式アームで上下から挟めるようなスタンドが有ればいけそうなのだが、なんかいいものないかなぁ。

P901iTVとW-ZERO3ワンセグ比較

P901iTVとW-ZERO3+ワンセグチューナーセットを比較してみた。

まず手軽さ、当然一体型のP901iTVの方が手軽である。W-ZERO3はいちいちUSB接続をしないといけないし、接続した後も一体ではあるが、コネクタ部分の出っ張りがちょっと邪魔。しかもW-ZERO3は常時USBに給電するようで、チューナーを使わずとも電池の減りが早い早い。

受信チャンネル設定もP901iTVの方が早い。つまりスキャン速度が速いのだ。プリセットできる数もP901iTVの方が多い。

受信感度もP901iTVの方が上。屋内にてP901iTVがかろうじて受信できるような状態だが、W-ZERO3の方は無理。もっともW-ZERO3の方は附属USBケーブルで延長するなどして、一番受信状態がよくなるようにセッティングできる。

P901iTVはデータ放送にも対応。アナログチューナーも搭載。

P901iTVは本体内にのみ録画も可能。W-ZERO3の方は今後のソフトのバージョンアップで対応か?

等々、どうみてもP901iTVの方ができがいいように見えてしまうが、ディスプレイのサイズはP901iTVが2.5インチに比べW-ZERO3の方が2.8インチVGAと大きく、しかもシャープ製ということかかなり見やすい。これは並べてみるとかなり違う。

なお、FOMAカード、W-SIMを抜いた状態でもそれぞれ視聴可能だった。

ちなみに車外ダイバーシティアンテナ+ブースターで受信しているカーTVと車内ロッドアンテナのワンセグではワンセグの方が乱れのない鮮明な受信が可能であった。カー用品店に行くと、ワンセグ携帯用なのか横向きに設置できる携帯電話ホルダーなんかが売られている。これを購入すれば小さい画面ながら車内ワンセグテレビになるなぁ。

そういやワンセグ受信画像を外部出力できるP903iTVがJATEを通過したようだ。この時期のJATEなら2月末から3月頭くらいに発売になりそうかな。

ところでNHKのワンセグ放送って関西では地元のNHKが独自のローカル番組を放送していても、ワンセグは大阪放送局の送出番組を送信しているみたいで、完全なサイマル放送じゃないんだね。

2006年12月17日 (日)

P901iTV入手

@Freedをサービス開始日と同時に使い始めて44ヶ月、とうとう解約する日がやってきた。

DoCoMoはPHSサービスの終了に伴うFOMAへの移行を勧めていて、PHSを解約と同時にFOMAを契約する場合は今までの継続利用期間をそのまま延長、契約事務手数料無料、電話機代金2万円引き、過去1年間のPHS請求額に応じたドコモポイントプレゼント、番号末尾4桁を好きな番号にとかいろいろ特典をもうけて客をそのまま離さないようにしている。また新規契約しない場合でも解約と同時に今使っている携帯電話を機種変更するのに手数料無料、代金2万円引きってのをやっているが、FOMA買い増しの場合そもそも手数料っていらないので2万円引きしか特典にならない。

そこで、前者の特典を利用することにし、いつものドコモショップへ。PHSからFOMAへの移行を告げ、希望機種を伝える。幸いにしてP901iTVの黒は在庫があった模様。でも帰るときにはもう在庫無しになっていたのでどうも最後の一台だったみたいだ。

P901iTVの新規契約価格は\19.8k。FOMA回線を複数持ってても仕方ないので、本当はとっとと解約したのだが、いちねん割引付きの条件での価格で、いちねん割引をしないと端末台定価というとんでもない価格になるらしい。まぁいちねん割引解約が\3kなのでそれくらいなら解約金払ってもいいかと思って契約。

ワンセグ受信するのにあった方が便利かなとオプションに卓上ホルダを付ける。これってでかいねぇ。端末代金と卓上ホルダの価格が税抜きで2万円に少し足りない程度なので、最大2万円引きということで今回の代金支払いは無し。てっきり2万円引きクーポンは本体だけだと思ってたのに・・・それならもう少しオプションを追加して、2万円を出た超過分だけ払ってもよかったかも。

更にプレミアムクラブ特典の電池無料サービスを使いDNW用P505iの電池がへたっているので新品を申し込む。

なおこのショップでは16日から31日まで歳末売り出しの抽選会をやっていて、契約や機種変とかした人はくじを引くことができる。抽選箱に子供の手を入れさせたら、うまい具合に一枚だけつかんだのでそれを見てみると4等でminiSDカード64MBが当選。ちなみに1等はPSP(1名)、2等は折りたたみ自転車(2名)、3等はホットプレート(3名)、5等はお菓子(棒とかスナックとか)詰め合わせだったので、よくやったって感じだ。ADTECの64MBだったが、だいたい2~3kくらいの物かな。これは10名だそうだ。

あーだこうだ1時間くらいかかって全手続きを終了。全然金も払わずに、いろいろな注文をする手間のかかる客に1時間も付き合ってくれてありがとう。

これでW-ZERO3[es]に続いてワンセグ受信機が2台になった。比較してみての感想等は後日アップ予定。

まぁちょっと触った感じでは、P901iTVの方がきびきび動くし、受信感度も良さそうだ。

ThinkPad X31復活

先日Fan errorで修理に出していたThinkPad X31、こちらも無事に修理が完了して返ってきた。

結局ファンの交換だったらしい。更に自分でもすっかり忘れていて、修理依頼の際にも言い忘れていたCFスロットが認識されない問題も向こうで確認をしてくれて気づいてもらって修理された。これはシステムボードの内部破損って事で、交換。更にRTCバッテリーの接触が悪くなっていたので交換。

これで各種機能テスト、ハードウェアの診断テストで正常動作を確認してもらったようだ。しかも「システムボードが交換されているからLANのMACアドレスも変更になっているのでご了承の程、宜しくお願い致します。」とまで報告書に記載されている。MACアドレスが変わってしまうと、なかにはネットワークにつながらなくなる人とかもいるだろう。しかもこういう事ってうっかり見落としてなかなか気がつかないかもしれない。このひと言があるだけで全然違う。

自分でもすっかり忘れていた障害を、何も言わずとも発見してくれて修理してくるIBMはやはりすごい。

このCFスロット、いつの頃からか認識しなくなっていて、最近ではP-in m@sterをわざわざCFアダプタを使ってPCカードスロットに挿入していたのだ。まぁせっかく使えるようになったのだが、メインにそこにあった@Freed端末は解約されてしまったのだが・・・

他のメーカーでは、ユーザーが申告した箇所の修理以外は一切知らん顔するところもあるらしいけど、こういう対応をしてくれるIBMは嬉しいね。レノボになっていつまでIBMのサポートが受けられるのかわからないけど、IBMのサポート体制が続く限りは安心して使えそう。

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー