お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »

2006年10月22日 - 2006年10月28日に作成された記事

2006年10月28日 (土)

NTT西日本社長の謝罪会見について

先日のひかり電話の障害でNTT西日本の社長が謝罪会見をしたらしいのだが、

幹部の責任について、

「今回の障害は人知を超える 範囲だと考えている」

と突っぱねたらしい。

また、

「これだけ大規模のIP電話網をIPv6で設計・運用するのは最先端の取り組み。何が起こるか分からない」

と強調し、今回の障害発生の責任は、設計・運用などの見直しによって取っていくとしたんだと。

おいおい、毎秒140程度の同時通話に耐えられるよう設計していたはずが、実際には毎秒120程度までしか耐えられなかったことが人知を超える範囲なのか?大規模な災害や重要事件が起こったり、国民的な出来事があったわけでもなく、ごく普通の休み明けの週初めの平日のトラフィック増加が人知を超える範囲の出来事なのか。単なる需要予測ミスじゃないのか。

それにその程度で落ちるって事は、組織的に意図を持ってIP電話網で発信するだけで麻痺しちゃうって事でしょ。DOS攻撃も簡単にできちゃうんじゃないの?

そもそも「人知」とは「人間の知識・知恵」とかいった意味だ。それを超えるって事は神の領域。

NTT西日本は人知を超えた問題を持つようなものを実用化してサービス提供してるのかよ。それとも人知を超えた何が起こるかわからないような領域を扱う我々はすごいでしょ、我々は神だよと言いたいのか?

つまり、人知を超えた部分を担当している技術者は神だと?
社長がこんな発言をして、ひかり電話を使い続ける人は存在するのだろうか?

電話ってのは社会の重要インフラなんだよ。そういうものを提供しているという自覚が全くないんじゃないの?

これからは何かあっても「人知を超える範囲の出来事です。何が起こるかわからないですから、トラブルは避けられません。」って言ってしまえば何でも許されるのかよ!

社長がこんなことを平然と言ってしまうような製品を今後も売り込むんだろうか?
こんな事を言われてしまうようなひかり電話をこれからも使い続ける人はどれくらいいるんだろうか?

と思っていたら、案の定あの3日間で約3,700件の加入先が契約を解除したそうだ。

ところでひかり電話ってIPv6だったの?NTT西日本の技術情報「音声利用IP通信網サービス(第2種サービス メニュー2)のインタフェース -ひかり電話-第3.0版」見ると、

「IP電話はRFC791に規定されているIPv4を使用します」

って書いてあるんだけどなぁ。ここに書いてあるIP電話ってのは「ひかり電話」とは違うのかなぁ?

ワンセグ放送を体験してみた

身近にKDDIのワンセグ端末を持っている人がいて、車で移動中に試させてもらった。

一般道を流れに乗った速度で移動中に受信。アンテナ等は端末に内蔵のアンテナのままで特に外部アンテナ等は使用せず。

さすがに移動体向けの放送と言うだけあって、全く受信映像に乱れは出ない。同じ場所をダイバーシティアンテナを装備したマイカーで走行すると、やはり若干の受信映像の乱れが生じたりするのだが、車内で内蔵アンテナという条件にもかかわらず全く乱れないのには改めて感心した。

表示している画面が小さいこともあって画質の粗さなども気にならず。8インチ程度までの画面なら気にはならないだろうと思う。送られてくる画質よりも、安定した受信状況を確保できるというメリットの方が大きいだろう。

これでますますワンセグ端末が欲しくなった。

やはりP903iTVの発売を待つか。それとも巷で話題の東芝ポータブルナビ専用オプションのワンセグチューナーを入手して変換コネクタを自作するか・・・

自家用車専用なら後者の方がいいだろう。しかし携帯電話ならどこへでも持って行けるし、通話も可能(通話が本来の機能だって)。データ放送もOK。何よりも普段身につけているので、気軽に利用できる。

携帯電話でのTV受信は電池の持ちが気になるという人もいるが、自分の場合元々デュアルネットワーク契約で同一番号で切り替えて使用できるMOVAも一緒に持ち歩いていて、FOMAの圏外の場所や電池切れの時などではMOVAに切り替えて使用しているので何ら問題はない。腰のキャリングケースも二台収容できてかつそれほど邪魔にならない小型のものを使っているので、携帯性なども全く変わることもなくこれも全く問題にならない。

あとはP903iTVの発売時期と価格がどうなるかだなぁ。

2006年10月25日 (水)

新幹線人身事故の影響で駅で待たされている人たちについて

本日8時30分頃、東海道新幹線静岡駅にて下りののぞみ号が人をはねて緊急停車した。この事故により新幹線は上下線ともに一時運転を取りやめ、約2時間半後にようやく運転を再開したものの、後続列車が何本か運休したり、停車駅の変更、ダイヤの乱れが生じ、11万3千人の乗客に影響が出たという。

お昼のNHKニュースでも新大阪駅の様子を伝えていた。ニュースでは午前11時の時点での新大阪駅の様子を伝えていたのだが、名古屋に出張というサラリーマンがいた。

例え11時に運行再開したとしてもそれから通常速度で運転しても新幹線で1時間弱かかるからお昼着。当然通常速度での運転はできないからもっと遅れる。

名古屋なら2時間半もありゃ新幹線使わなくても行けるやん。近鉄なら難波から名古屋まで2時間ちょうど。JR在来線でも特急しなのでも乗れば2時間、特急を使わなくとも米原まで新快速を使えば2時間半あれば着けるのに・・・。事故の情報は9時前には報道されていた(自分が知ったのは8時53分)から、早めに対応を考えていたら、十分迂回路の利用が出来るはず。東京でも名古屋、大阪行きで待たされている人がいたが、飛行機利用も考えられる。現実に今日の東京大阪便の予約状況を見ると結構空きがあったようだ。

台風の時なんかでも東京大阪間の飛行機で欠航便が出たときなんかのニュースを見ると、午後になっても羽田で朝から空席待ちしているとかいう人がたまにいるけど、何で通常運行中の新幹線を使わないんだろ?新幹線使えば3時間あれば大阪まで行けるやん。何でこの人達は5時間も6時間もキャンセル待ちするん?

2006年10月23日 (月)

NTT西日本のひかり電話が障害中

NTT西日本のIP電話サービスひかり電話が本日9時35分から西日本の全域でかかりにくくなっている。NTT西日本の発表によると21時20分現在まだ復旧しておらず、報道によると過去最大級の障害だそうだ。また午前11時前から「ひかり電話」と「ひかり電話オフィスタイプ」に,最大約80%の通話制限をかけ始めたということで、当初は障害の影響がなかった「ひかり電話ビジネスタイプ」の一部ユーザーも電話がつながりにくい状況になっているということらしい。

西日本ではこういう大きな障害は2回目か3回目だと思うが、最近ちょくちょくこういう障害が起こっている。また府県別の故障情報を見ると、5分や10分程度の障害はそれこそ頻繁に発生しているようである。

大手家電販売店などに行くと、「フレッツ・光プレミアム」の宣伝をしょっちゅう行っているが、これだけ障害が多いと少し考えてしまう。電話回線といえば電気、ガス、水道に続く重要ライフラインである。110番や118番、119番といった人命に直結するようなサービスもあるだけにこの障害が長引くと心配である。(まぁ最近は携帯電話があるので、まず大丈夫だとは思うが)

NTTは固定電話回線を将来全てIP化したいらしいけど、これだけ不安定な回線で大丈夫なのかと思ってしまう。ひかり電話は従来の電話番号でIP電話というくらいなので、たぶんメタルの回線は撤去してしまうのだろうけれど、そうなると電話を使用するためには必ずVoIPアダプタが必要になる。VoIPアダプタは当然電源が必要であり、停電時には使用できないことになってしまう。確か先日の首都圏での大停電でもIP電話が使用不能になっていたと報道されていたはずである。

我が家はメタル回線のアナログ電話回線+Bフレッツによるインターネット接続に@niftyのIP電話サービスを使用している。これなら光回線がNGでも停電が起こっても電話回線だけは使用できる。もしメタル回線が障害になっても光が生きていればIP電話が使用できる。普段は電話機も留守番コードレスなので商用電源が必要であるが、もしもの時のために商用電源が不要なタイプの電話機も残してある。

商売やってるところなんかで、通信費の節約とかでメタルを撤廃して全てIP化したようなところのなんかもあるだろうけど、今回の障害で信用がた落ちだよね。「うちのせいじゃない、NTTが悪いんだ」なんて言い訳するかもしれないけど、それはおかしい。さっきも書いたように今年の3月にも同じ様な大規模な障害があったし、府県レベルでは小さい障害は頻発している。それなのに最近になってからIP電話だけに切り替えたってのはアホとしか言いようがない。危機管理が全く出来てない。

いろいろNTT側や国の施策の理由もあるのだろうけど、やっぱり最後の最後までメタル回線によるサービスは残しておかないとなぁと思う。

ちなみに今日は電信電話記念日、明治2年9月19日(新暦換算して10月23日)に東京横浜間の電信線の設置工事が始まったのを記念する日だそうだ。

学習リモコンRM-PL500Dを買った

現在メインで使用しているテレビのリモコン、SONYのWEGAの附属リモコンなのだが、最近どうも操作がしにくい。「決定」ボタンを押しても押せないときがある。最初電池切れかと思っていたのだが、違うようでジョイスティック様のボタンがまっすぐに押下できない時が多く、操作の確定ができなく非情に不便なので何とかしたいと思っていた。どうも子供が触ったりしゃぶりついたりしていておかしくなったような気がする。

このリモコン、まだ一年弱なのだがリモコンの場合は保証対象外だそうで、買い換えになるらしい。純正リモコンの値段を調べてみたら\4k程で売っている店があったのだが、他に何か無いかと探していたらSONYのRM-PL500Dというのが\3.98kで売られていたので買ってきた。

このリモコンテレビ1台+7台分の機器を制御できるということで、これなら今使っているビデオなどのリモコンもまとめられそうである。昔使っていたコーナンで買った学習リモコンを一度試してみたのだが、最近のAV機器等を操作するには機能不足で、返って使いにくかったのだ。まぁ基本的な操作をするだけならいいかもしれないが・・・

で、RM-PL500Dである。店には他にもビクターやオーディオテクニカの製品、SONYの他の製品もあったのだが、メインで使用するのがテレビであることを考えると、やっぱりSONY製品が使いやすいだろうとでこれにした。

テレビはそのまま初期設定で使えた。DXのスカパー!チューナーも松下とビクターのVHSデッキも東芝のDVDレコーダーもあらかじめ決められているメーカーコードの入力でいとも簡単に認識できた。おまけにメーカーコードの無いIOデータのネットワークメディアプレーヤーは学習機能を使い主要なキーを割り当てることが出来、当初の目的を達成することが出来た。リモコンの登録ポジションはあと2台空きがあるので、エアコンとか扇風機辺りを記憶させてもいいかも。

早速使っているのだが、純正リモコンにできない外部入力のダイレクト切替機能があって非常に便利である。現在ビデオ1にスカパー!、ビデオ2にビクターVHS、ビデオ3に松下VHS、コンポーネント1に東芝DVD/HDDレコーダー、コンポーネント2にネットワークメディアプレーヤー、PCにThinkPadが接続されており、純正リモコンでは順送りやメニューから切り替えしないといけなかったのが、2ボタンを同時の押す必要は有るもののダイレクト切替が可能になったのが非常に便利である。しかも赤外線の発光が強く、何処向けてても操作可能。

今まではテレビのリモコンでビデオも操作できるようにしたり、逆にビデオのリモコンにもテレビを操作できるように設定したりとかいろいろやってたのだが、どうも基本的な部分だけでそれぞれの機能を完全に操作できずにいたが、このリモコンを使うことにより、それぞれの操作性も統一され、ほとんどの機器がほぼ純正リモコンと同じ操作をできそうである。

« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー