お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

2006年10月15日 - 2006年10月21日に作成された記事

2006年10月17日 (火)

Winnyユーザーはプーさん?

Black Hat Japan 2006 - Winnyの暴露ウイルスは検出できず - 情報漏えいを特定するためには という記事より

セキュリティイベントBlack Hat Japanでネットエージェントの杉浦社長の講演があった。杉浦氏の講演では「現在のWinnyユーザーは1日あたり40~45万人程度。平日は40万人ほどだが、休日には平日より5万人多い45万人まで増えることから「全体の10%以上が(平日は)働いている人ではないか」と予想する」とのこと。

って事は、少なくとも10%は働いている人。裏を返せば最大90%の人が働いていない人って事だ。Winnyは無職御用達アプリなのか。

ちなみに流通している全コンテンツの3%程度が、ウイルス感染して流出させられている情報だそうだ。mixiの株価を急落させ、話題になっている「ケツ毛バーガー」もそのひとつになる。

ウイルスは非常に亜種が多く、そのあまりの多さにダウンロードしている人もいなくて、そのためセキュリティベンダーにも検体が届けられていないものがあり、そうなると各種ウイルス対策ソフトでも全く検出できないことになってしまう。

そんなウイルスはなかなかダウンロードすることも稀なのだろうが、万が一入手して感染してしまった場合には発病してしまうことになるので要注意。

そんなWinnyであるが、情報漏洩の場合、実際にそのユーザーから漏洩しているのかどうかの判断基準の一つとして、ウイルスが作成するZIPファイルの作成日時とそのファイルのアクセス時間によって確認することができるとしている。

作成日時とアクセス時間が同じであればアップロードされておらず、ZIPファイル作成後Winnyを起動していないことになり、アクセス時間がWinny起動時刻と同じであれば、Winnyを起動したもののアップロードはされなかった状態。この時間がずれていた場合にアップロードされてしまう可能性がある。しかし、感染に気づいたユーザーがウイルス対策ソフトでチェックを行うとアクセス日時が変わり、本当にそのユーザーから漏えいしたのかどうかの証拠保全は難しくなるのだそうだ。

でもレジストリをごにょごにょすれば、アクセス日時そのものを全く更新しないようになるので、そういう仕様になっているシステム上で疑いがあった場合には調べることも出来ない。

さて、ここで問題なのがアクセス日時を調べる方法。普通にファイルを右クリックしていては、今現在の時刻になってしまう。対象ファイルのアクセス日時を更新しないように、ライトプロテクト装置などを経由して接続した状態で調べる必要があるのは言うまでもない。

NHKにも出演しているガチャピン

次から次へといろんな事にチャレンジしてしまうガチャピン。

そのガチャピンがNHKの番組に出演したことがある事を知っている人はどれくらいいるんだろう?

「ガチャピンってフジテレビ、ポンキッキのガチャピンでしょ?なんでNHKに出るんよ?」なかなか信じてもらえないのだが、実は過去にたった一度だけ「おかあさんといっしょ」に出演したことがあるのである。

それは92年の話、5月5日のファミリーコンサート会場での話。今や「おかあさんといっしょ」の人気キャラクターはぐーチョコランタンのスプーとその仲間アネム、ズズ、ジャコビ達であるが、当時は「にこにこ、ぷん」のじゃじゃ丸、ピッコロ、ぽろり達である。

ところがそのコンサート会場に、突如ガチャピンとムックが現れたのである。何でもガチャピンとじゃじゃ丸は親友だったらしい。

当時の人気を二分する大スターの共演に、会場のちびっ子達は大喜びで、この時の様子はMBSの深夜番組「テレビのつぼ」でも2ちゃんねる君により紹介されたのだった。

ちなみにこの時の映像はソフト化されていてポニーキャニオンからビデオが出ているらしいのだが、現在では入手不可能。オークションだとかレンタル屋を地道に探すしかない。貴重な映像なのでぜひDVD化して再販して欲しいのだが・・・

って言うかスプーと共演してくれればそれでもいいけどね

ところで、我が家では「おかあさんといっしょ」よりも前にやっている「ピタゴラスイッチミニ」とか「いないいないばぁ」の放送時間はだいたい毎日テレビが付いてるのだが、あの「いつも元気なワンワン」の中の人は、本当にあの声の人が中に入っているんだってね。

で、一部の視聴者の間ではどうして「うーたん」はあんなに嫌われているんだろ?

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー