お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006年6月4日 - 2006年6月10日に作成された記事

2006年6月10日 (土)

朝日新聞の見出し、ちょっとおかしいだろこれ

 朝日新聞というと、まぁとにかくいろいろ「公正さに欠ける」とか「事実を客観的に報道できない」とか「偏向報道」とか言われて、麻生外務大臣や石原都知事の記者会見の場なんかで記者が質問すると(またその質問内容が次元が異なるあほみたいでどうでもいいような事を聞いたりするからなのだが)「君は何処の報道?」と聞かれ「朝日新聞です」と自信を持って答えると「ふっ、朝日新聞ね」と鼻で笑われてしまっている全国新聞紙なのだが、その朝日新聞地元版の9日の記事の見出しより

駐車違反取り締まりの新制度がスタートして1週間経っての記事なのだが「市内の違反7割増」との見出しで記事が掲載されていた。

「ん?」と思って記事を読んでみるとステッカーを貼られた車両が7割増えたとの内容。これってあくまでも違反車両に貼ったステッカーの数が7割増えたのであって、駐車違反をする人が7割増加したわけではないだろが。

記事内には、これまで大量の駐車違反があった地点での違法駐車は激減とも書かれていた。

それなのに「市内の違反7割増」なんて見出し付けられたら、市民みんなが新制度が始まってから一気に駐車違反をし出したモラルのない市民ばかりの街みたいだ。気分わるー

こんな見出ししか書けないから、いろいろ言われるんだよ。仮にも全国紙なんだから気をつけて書けよなぁ。

2006年6月 6日 (火)

NHKのチャンネル削減について

先日、竹中総務相の私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」の松原聡座長(東洋大教授)が、これまでの議論をとりまとめた最終報告の座長案を公表した。

これによると、不祥事を起こしたスポーツ・娯楽部門は「公共性が必ずしも高いとは言えない」として、本体から分離、関連子会社と一体化した新たな子会社として民間企業と競争するよう提言した。

これはいい。しかしだ。

現在の国内8チャンネルは「明らかに多すぎる」と指摘し、衛星放送で1チャンネル減、ラジオを(現在のFM、AMのうち)1または2チャンネル減とし、最大3チャンネルを削減すべきだとした。

これはどういうことだ。NHKは現在地上波テレビ放送が総合、教育の2波、ラジオが中波第一、第二、FMの3波、衛星放送がBS第一とBS第二、BSハイビジョンの3波の8波放送を行っている。しかしこれって多いか?ま、確かにラジオ第二放送はあまり聞かないが、それ以外は結構利用している。

個人的には全く多いとは思わないのだが・・・。それに厳密に言うとアナログのBSハイビジョンはNHKだけのものじゃなかったんじゃなかったっけ?

NHKは放送法で、公共放送として日本国内あまねく放送を伝えなければならない使命を持っている。また非常災害時等における情報伝達手段としての使命も持っている。それ故に総合テレビにおいて通常放送終了後の未明から翌早朝にかけての深夜の時間帯などに、自然の風景などを垂れ流しているのである。あれは送信出力を押さえた減力放送で行っているそうだ。ちなみにNHK以外の民放では完全に停波状態になることが多く、いわゆる砂嵐状態になるが、NHKだけは絶対に砂嵐にしない。これは突発重要事案、大規模災害等が発生して、迅速にテロップを入れて放送を行わなければならない状態になった際に、立ち上がりが早いからだそうだ。完全停波状態から送信機を立ち上げて等とやっていると技術的に時間がかかるのだそうだ。

一見、限りある人類共有の資産である電波や、電気等の無駄遣いに思えるが、国民の生命・財産に関する重要放送を行わなければならないという使命感からなされている垂れ流し放送なのである。緊急警報放送だってラジオもテレビもNHKが行うではないか。

またNHKによって経営を圧迫されると言われる民放の人間でさえ、良質の音楽を提供してくれるとNHK-FM放送の存在を認めているし、いざという時には持てる電波を総動員して全ての放送をリンクしてでも、とにかく日本全国隅々まで大事な情報を伝えるNHKはやはり重要だと思うのである。

このリンクすることをサイマル放送と言い、受信者の手段を選ばずに確実な伝達を行う上でも有効なため、NHKでは基本的に震度6弱以上の地震、もしくは大津波警報・津波警報が出された場合には、通常の放送を全て中断して、災害に関する上を一斉にサイマル放送することになっているそうだ。

また民放中波ラジオの最大出力は在京キー局の100kWであるが、NHKは何と300kWや500kW局が数局存在している。これもひとえに日本全国隅々まで電波を届けなければならないためであろう。

個人的にはNHKにはもう一波、24時間ニュースばかり行う、報道専門チャンネルがあってもいいんではないかと思うくらいである。勿論キャスターは武田アナである。この春から武田アナがレギュラーの番組を持たなくなったのは、来るべき24時間ニュースチャンネルに備えてであると信じたい(笑)

民放がえらく反対しているみたいであるが、その民放はのきなみスカパー!において報道専門チャンネルを立ち上げているのに・・・

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー