お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

2006年3月19日 - 2006年3月25日に作成された記事

2006年3月25日 (土)

HDDビデオレコーダーが欲しい

地デジ対応液晶テレビを使っているので、そろそろビデオデッキを買い換えたい。現在はせっかくのハイビジョン放送なんかもVHS録画だ。

しかし、自分の満足する機能を満たしているのがなかなか見つからない。

地デジのダブルチューナー搭載で、インターネット経由で携帯電話などからでも録画予約ができるDVD搭載HDDビデオってどこからも出てないんだよね。

東芝のRD-X6が地デジダブルチューナーを搭載していれば文句ないんだけどなぁ。LAN接続したPCからも見られるしね。シャープや日立はダブルチューナーだけどネット予約が出来ないし・・・

これらを満たしたやつ、テレビがWECA使ってるからSONYから出してくれれば文句なしに買うのに・・・

WinnyってLinux上でも動くやん

Linux上でも何と少し工夫すればWinnyは動いてしまう。

これではいくらいろんな検索ツール等を使ってもWinnyの発見や、Antinnyの発見・駆除はできないじゃん。

ちなみにAntinnyはLinux上で動作するのだろうか。何でもklezなんかは動いちゃうらしいけど。

もしAntinnyはうまく動作しないというのなら、つまり・・・

まぁ別のシステムの脆弱性とかは出てくるだろうけど。

2006年3月24日 (金)

Fedora Core 5をインストール

Fedora Core 5がリリースされたと知って早速インストールしてみた。現在メインのPCにはTurbo Linux 10が入っているので別PCで実施。

とりあえずDVDのisoイメージをダウンロードしてきて、DVDを作成。WindowsXPとFC4のデュアルブート環境のデスクトップ機にインストール。難なくインストールは終了して起動を確認。

調子に乗ってDellのノートPCにもインストールしてやることにした。しかし、このDell機はCD-ROMドライブ機。DVDメディアを読むことは出来ない。USBで外付けのマルチドライブをつないでみたけれど、USB接続のドライブからの起動は無理。これまでもWindowsXPとFC4のデュアルブート環境(正確にはPC DOS 2000も切り替えて起動できるのでトリプルブート環境)を構築していたのだが、はて、どうやってインストールしたんだったっけ?

インストールCDのイメージをダウンロードしようと思ったら何と5枚もあるでやんの。これは手間がかかる。そういやLinuxにはFDでブーとしてネットワークインストールするって方法があったなと思いつき、DVDの中を探してみるものの、ブートディスクのイメージが無い!ずっと調べてみたらFC4とか前のバージョンにもないのね。で、見つけたのがFC1だったかな。これの中には起動フロッピーのイメージとかがある。そこでこいつで起動させて、インストール元のftpディレクトリをFC5の分に指定してやればうまくいくんじゃないの。何て素人考えで試行錯誤したんだけど、やっぱり無理。

今のご時世、とうとうLinuxもフロッピードライブから起動してのインストールとかは無くなったのか。DVDとかCDとかも付いてて当たり前だもんなぁ。とか思ったんだが、実は最近のFedora CoreはレスキューCDから起動してネットワークインストールできるように変わってたんだね。まぁどっちにしろフロッピー起動してというのは無理なのかもしれないけど。

で、http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/5/i386/iso/からFC-5-i386-rescuecd.isoってのをダウンロードしてきて起動CDを作成した。これならDell機からでも起動できるし、後はネットワークインストールできちゃう。

いざCDから起動したら、ん?USB Storageがどうたらこうたらメッセージが出たよ。って事でKernelが読み込まれるときにその辺のモジュールも読み込んでる?みたいで、USB接続のマルチドライブもしっかり認識していたので、ネットワークインストールは中止し、そのままDVDからインストールを続行し、無事終了。

起動と同時にそのままsystem update。これも今までのFCやRHと違って感覚的にはよりWindowsUpdateに近くなったかな。

まだインストールしただけなので、これから使ってみないとわからないが、どうだろうFC4よりは軽いのかなぁ。

ネット上の情報でも軽くなったという人もいれば重くなった人もいたりするし・・・

2006年3月22日 (水)

日本人としての愛国心

王貞治、誰もが知る世界のホームランキング。世界でもっとも名前を知られている日本人の一人である。

実は王監督のお父さんは中国大陸出身で、監督自身は生まれも育ちも日本だが台湾籍である。そのために甲子園の優勝投手となったときも国体に出場できなかった。ホームランで世界一になったときも国籍が原因で勲章だったが授与できない&その他の政治的な背景から国民栄誉賞が制定されたとか。

そして、横綱朝青龍、彼も言わずと知れた外国籍である。しかし今回朝青龍は「日の丸を振って応援に行きたかった」と話したと聞いて、王監督は「彼は高校から日本にいるんだったかな?オレもそうだけど純粋な日本人でない方が、かえって愛国心があるんじゃないか」と語ったという。

あほな記者が会見で国籍について質問したときも「日本で生まれて日本で教育を受け、日本で野球を覚えた。自分は日本人的な人間だと思っている。」と言い切ったそうだ。

王監督、朝青龍、あなた達は立派な日本人です。法務省は認めてないかもしれませんが、日本国民は日本人として歓迎しますよ。少なくとも自分は日本が世界に胸をはって誇れる日本人としてあなた達の名前を挙げたいです。

今や、日本の野球選手から見てもイチローはあこがれの存在であろう。あの清原でさえそう言うのだから。そのイチローが愛国心を謳い、奮発して試合に臨むという。これで他の選手の士気が上がらないわけがない。

それから、王監督、日本人は勿論、外国の野球選手から見ても神様のような存在だ。海外の野球選手の中には「王監督に会うために日本語を勉強している」選手がいるらしい。今や世界のスーパースターのイチローに、「日本代表の中で一番サインを求められるのはきっと王監督。それを見て日本人として誇りに思うでしょうし、王監督の偉大さを強く感じると思う。王監督に恥をかかせるわけにはいかない。」と言わせてしまうのはこの人しかいない。そんな二人が日本のために日の丸を背負って戦ったのだ。負けるわけがない。

現役時代からそうだったのかもしれないが、長嶋茂雄の陰に隠れてしまいがちだったかもしれない。しかし地味でもこつこつと自分の信念を持って努力を続けて世界の頂点を極めた人なのである。努力とか忍耐とか、汗くさくて汚い、古いとか言う人がいるかもしれない。しかしこれこそが日本人がずっと持ち続けてきた美しさなのだ。巨人の星の星一徹もそういう事を言っていた。日本人として、王貞治という偉大な野球人がいる事をもっと誇りにしなければいけない。

今の世の中、愛国心があるということが何か悪いことのような風潮があり、すぐに右翼的思想だとかどうとか言われてしまう。実際自分が通っていた高校でもそれはそれはすごかった。しかし自分の住む国を好きに思い、大事に思う、人間として本来当たり前の感情だと思う。国というまとまりの中で生活している以上、当然だと思うのだが、何かこの国はおかしい。

しかし、今回王監督やイチローが、あんなに堂々と愛国心ということを全国民の前で堂々と発言した。これで今まで国というものを意識したことがなかった人が何か感じてくれれば嬉しい。

王監督、次のオリンピックの監督は辞退したらしい。「いつまでもONにすがってるようでは駄目だ。」と言ったとか。王監督は星野さんを推薦しているとか。確かに長嶋さん、もうそっとしておいてあげようよ。でも王監督、2年後ならおそらくまだホークスの監督をやってるでしょう。孫さんがまだまだ離さないでしょ。個人的にはオリンピックでも王監督で臨んで欲しい。そして星野さん、この人の人間くさいところ、選手にかましを入れる代わりに、監督自ら選手のために食い下がる。選手だけでなく、裏方のスタッフの家族にまで気配りのできる星野さんも大好きなのだ。日本シリーズで星野VS王となるとどちらを応援するか困ってしまうのだけれど、星野さんの球界への思いもすごいものがある。個人的には北京では王監督、星野ヘッドコーチでもう一度感動を与えて欲しいところだ。

日の丸を背負う重み

今回のWBC、日本チームの誰もが「日の丸を背負う重み」を感じて戦っていた。勿論他の国も同じだろう。

日本チームの誰一人も笑顔で「楽しんできます」とは言わなかった。日の丸を背負うからには国を代表し、全力で真剣勝負をする。彼らはプロなんだから当たり前と言ってしまえばそこまでかも知れない。しかし王監督はこう言っている「我々は、野球選手として戦った。アマやプロではなく野球選手は野球選手なんだ

国を代表して勝負する世界にアマチュアだのプロだの無いのである。そこにはその競技の選手として出場しているのだ。国を代表する選手として出場しているのだから、真剣勝負をするのはやはり当然なのだ。

今回のWBC日本チームの頑張りを見て、自分は一体どうだったのだと自問自答して欲しいオリンピック選手(誰とは言わないが)、次の機会が訪れたらこの日本チームの戦いぶりを思い返して欲しいものである。

そういや官房長官が記者会見で「久しぶりに(国が)ひとつとなって応援した」みたいなコメントをしていた。トリノはついこの前の話であるが、官房長官は「久しぶりに」と言った。って事はトリノオリンピックは日本中が一つになって応援できなかったということだ。やはりこの冬季オリンピックは日本にとっては失敗だったのだなぁとつくづく思った。

しかし、真剣勝負の世界に生きる男はかっこいい。

あ~、久しぶりに巨人の星がじっくりと読みたくなってきた。

2006年3月21日 (火)

王貞治、監督としても世界一

WBC決勝で日本がキューバに勝利、世界一になった。

アテネオリンピックでは長嶋監督の下、シーズン中にもかかわらず、プロ選手のみで結成された最強軍団で挑みながらも銅メダルだった。

現役時代、ホームランで世界の頂点に立った王さんは、今回全日本を率いる監督として世界の頂点に立った。

巨人軍監督を辞めさせられ、ダイエーの監督に就任したときは、あまりの負けっぷりにダイエーファンからも生卵を投げつけられたり、罵声浴びたりしてたけど、ずっと耐えて、頑張ってダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)を常勝チームに育て上げて、そうして今回は全日本の監督として世界一である。「名選手必ずしも名監督ならず」なんて言われたりするが、王さんは両方で世界を極めたのである、素晴らしい!

シーズン開幕直前の大事な大事な時期に監督がチームをひと月近くも離れる。これからも王監督の決意がわかる。本当は監督としてではなく現役時代に選手として参加したかったに違いない。その思いを選手に託していたんだと思う。それがわかるからこそ、あのクールなイメージのイチローが「五輪はアマの世界一だけど、WBCは本当の世界一を決めるもの。その大会の歴史を作る第一歩ですからね」「日本代表の中で一番サインを求められるのはきっと王監督。それを見て日本人として誇りに思うでしょうし、王監督の偉大さを強く感じると思う。王監督に恥をかかせるわけにはいかない。目標?もちろん優勝、世界一ですよ」と公言してきたのだろう。こういうの聞くと同じ日本人として嬉しくなるねぇ。しかも普段は自分のために野球やってるイメージが非常に強いイチローの口からこういう言葉が出てきたのが嬉しい。今までイチローのクールさが嫌いだった人も、きっと今回のWBCでイチローが好きになったに違いない。

王監督は「世界の本塁打王」として世界中の野球選手から尊敬されている。そしてWBCは現在のスター選手が集う。そんなスターたちが初めて参加する大会では、王監督は日本野球を代表する顔なのだ。そりゃ選手もきっと他の誰が監督をしていた場合よりも気合いが入っていたに違いない。

アテネオリンピックでは長嶋監督の下、シーズン中にもかかわらず、プロ選手のみで結成された最強軍団で挑みながらも銅メダルだった。

今回のWBCではアメリカや各国の選手がのきなみ大リーガーであることを見れば、MLBこそが一番であることを誇示するための大会と言える。クラシックという言葉には古典以外に最高峰とか一流という意味があるらしい。オールスターをミッドサマークラシック、ワールドシリーズをフォールクラシックと言うが、WBCもまたMLBの祭典とも言えるらしい。そんな中で日本が栄えある第一回目の王者となった事は素晴らしい。

この試合、当初代表として考えられていた松井、井口はどう思っているのだろう。確かにプロ選手としてシーズン全体を考えるのも大事だと思うけど、自分の存在、日本球界、そして日本代表というものをどう考えているのだろう。

野球をやれているのは自分だけの力じゃない。もちろん団体競技としてのチームもそうだが、サポートしているいろいろな人たちが居るからこそできるのである。そういう人たちに何も思いはなかったのだろうか。

シーズンが大事?イチローは清原選手との会話で「シーズン大丈夫」と聞かれて、「もしシーズンが駄目になったら、自分はそれだけの選手だったということだ」とサラリと返答したという。サラリと返答しても、結果が全ての世界だ。陰では松井や井口以上に練習して、素晴らしい結果を今年も残してくれるに違いない。何か義というものを感じてしまった。

トリノオリンピックでは荒川静香以外盛り上がりに欠けてしまったが、WBCで再び日本を強く意識することが出来たよ。

宮川泰さん亡くなる

今、NHKニュースで知ったのだが作曲家の宮川泰さんが亡くなった。

宮川泰といえば、年末の紅白での「蛍の光」の指揮者であり、マツケンサンバIIで有名になった作曲家・編曲家の宮川彬良の父親である。

しかし、自分にとって一番大きいのは、あの宇宙戦艦ヤマトの作曲家ということだ。

宇宙戦艦ヤマトが果たした功績はアニメーションの世界で計り知れない物があるが、音楽がアニメーションにおいて大きな役割を果たすことを証明したのが宇宙戦艦ヤマトだったと思う。何せアニメでオーケストラを採用したのだから。

ヤマトのその後の人気は誰もが知ることだが、ヤマトのすごいところは更に音楽だけでNHK交響楽団によるコンサートまでやっちゃったくらいである。

自分もエターナルエディションを全部買って何度も何度も聞いているが、ヤマトの音楽は映像無しでも立派に音楽だけでもやっていけるくらい素晴らしい。あの音楽にどれだけ力づけられたことか。

今頃きっと富山敬さんと一緒にヤマトの昔話でもされているに違いない。

合掌

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー