太陽黒点 / Sunspot

お天気ブログパーツ

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« リチウムイオン電池の特性 | トップページ | CR960iの受信感度向上策 »

2006年12月31日 (日)

解約したP901iTVを車載する

先日来、いろいろとやっているワンセグ携帯電話を車載する方法について

Cimg0855

結局クリップ式のホルダーを買ってきて、エアコン操作パネルのところに貼り付けた。

Cimg0851 画面を90度回転させたスイッチスタイルだとこんな感じ

チャンネル変更などもやりやすいし2.5インチの画面をフルに活用できる。

Cimg0853

ノーマル状態だとこんな感じ。これだとデータ放送も一応表示可能

ちなみに、ためしに取り付けてみたらW-ZERO3[es]でも装着可能だったので、W-ZERO3でワンセグ受信も可能だ。

また、助手席のナビモニターの上に設置してあるのが前回買ってきたホルダーである。これでもいいといえばいいのだが、操作できないのと、角度的に見にくかったのである。これは助手席専用になってしまった。

なお、P901iTVはDSに持ち込み解約してきた。やっぱりFOMAを数回線持っていても仕方ない。維持費がかかるだけだったので年を越さないように解約。ねん割りの解約金が発生したけれどこれも次回請求時にまとめてだそうだ。また解約時にFOMAカードは返却するのだと思っていたのだが、その必要もなかった。今はアラジン側で操作するだけのようだ。

って事でこのP901iTVは灰ロム状態である。DoCoMoの方針が変わったのだろうか。WEBには今でも返却と書かれているのだが・・・FOMAカード返却しなくていいんなら、KDDIのワンセグ機と同じで903iTVシリーズでも解約してもワンセグ受信可能じゃないの? ちなみに〓の端末は例えUSIMカードが挿入されていても回線が解約されていれば視聴できないなんて話も見た記憶があるのだが、これってTV視聴の際も電話機側で何らかの送受信操作を行うって事なんだろうか。それだとセルフモード中も視聴できないし、圏外地域だとワンセグ受信も出来ないなんて事になってしまうはずだが、実際のところどうなの?

« リチウムイオン電池の特性 | トップページ | CR960iの受信感度向上策 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

DoCoMo」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解約したP901iTVを車載する:

« リチウムイオン電池の特性 | トップページ | CR960iの受信感度向上策 »

facebook

#XPERIAアンバサダー