太陽黒点 / Sunspot

お天気ブログパーツ

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 量販店でアナログ放送、デジタル放送の画質比較を行っていたのだが・・・ | トップページ | NIFTYの中村メール »

2006年3月 5日 (日)

NIFTYの会員種別

実は@niftyの会員には大きく分けて2種類がある。

古くからのNIFTY SERVEからの会員と、infowebからの会員である。この両者には微妙なサービスの違いがあった。

@niftyになってからの新規会員は基本的にinfowebの会員種別とほぼ同じサービスが受けられ、NIFTY SERVEからの会員との一番の大きな違いはパソコン通信NIFTY SERVEのサービスが受けられるか否かであった。

既にNIFTY SERVEの大きな特徴であったフォーラムは廃止となり、現在はWEBフォーラムのサービスが新たに始まっているが、どうもなじめない。

NIFTY SERVEのサービスは無手順での接続であったので、それこそワープロ等でも簡単にアクセスできた。しかしWEBフォーラムはインターネット上のサービスであるので、TCP/IPをサポートし、ブラウザを使わないとアクセスできないのだ。

ちなみに無手順接続のサービスの方は今でもメールの送受信には利用できるので、未だに秀Termを使ってこちらにログインしてからメールの送受信を行っている。これは何故かというと、全てのメールをテキストデータで受信するために、htmlメールや添付ファイルを不用意に実行してしまったり、脆弱性をつかれウィルス感染する等の心配が全くないためである。これがあるがために、数年前にファミリーアカウントを追加したときに、わざわざNIFTY SERVE会員に会員種別を変更したくらいだ。これならDOSでもメールの送受信が可能なのだ。

しかしこれも3月31日を持って完全に終了するそうで、かなり前から会員種別をとっとと変更しやがれというメールが届いている。都内ではフォーラムの有志によって「さよならパソコン通信」というイベントも行われるらしいが、地方居住者ではとうてい参加できるわけもない。

会員種別は変更せずとも今月末をもって自動移行するそうなので、こうなりゃ最後の最後まで使ってやるのである。

それが自分を育ててくれたNIFTY SERVEに対するお礼だと思うから。

« 量販店でアナログ放送、デジタル放送の画質比較を行っていたのだが・・・ | トップページ | NIFTYの中村メール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NIFTYの会員種別:

« 量販店でアナログ放送、デジタル放送の画質比較を行っていたのだが・・・ | トップページ | NIFTYの中村メール »

facebook

#XPERIAアンバサダー