お天気ブログパーツ

XPERIAに関するお買い物はこちらから

Amazon

  • デジモノステーション増刊『SIM PERFECT BOOK 02』
  • はじめての格安SIMフリー入門
  • デジタル・フォレンジック概論~フォレンジックの基礎と活用ガイド~
  • 格安SIMカード マル秘 活用術 (ハッピーライフシリーズ)
  • “カワイイ"をシェアする写真術 (別冊ステレオサウンド) [ムック]
  • 携帯MNPで確実に稼ぐ合法テクニック  (MSムック ハッピーライフシリーズ)
  • All about ThinkPad 1991‐1998―History of the IBM ThinkPad notebook computers
  • アキバ署! 03 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 02 (アフタヌーンKC)
  • アキバ署! 01 (アフタヌーンKC)
  • ハイテク犯罪捜査入門―図解・実例からのアプローチ (基礎編)
  • ハイテク犯罪捜査入門 捜査実務編―図解・実例からのアプローチ
  • 図解・実例からのアプローチ サイバー犯罪捜査入門(ハイテク犯罪捜査入門)―捜査応用編 (ハッカー検事シリーズ Vol. 3)
  • 激ヤバ スマートフォン裏技バイブル
  • Androidスマートフォン自力バージョンアップガイド (白夜ムック)
  • サイバー犯罪とデジタル鑑識の最前線!

なかのひと

  • 無料アクセス解析
無料ブログはココログ

Google Analytics

« VMware Serverも無償公開 | トップページ | ThinkPadと世継ぎ問題 »

2006年2月13日 (月)

ThinkPad遍歴

今メインで使っているパソコンはIBMのThinkPad X31
初めてThinkPadを買ったのは95年の12月、もう10年の付き合いになる
そもそもThinkPadというパソコンを意識したのは更に1年遡り94年の8月である。
その年もアマチュア無線フェスティバル(通称ハムフェア)に参加して、2日目の土曜日は秋葉原に繰り出していた。
当時使用していたパソコンはNECのPC-9801NS/R、MS-DOSで使用するにはまだまだ98で不自由を感じなかったけど、そろそろWindows 3.1用にカラーノートできればAT互換機が欲しいなぁと思い始めていた。
で、そのハムフェア2日目、アキバはT-ZONEで出くわしたのが、ThinkPad330Cs。あのThinkPad史上唯一(でも無くなったが)黒くないグレー筐体で発売されたやつだ。そのTP330Csが大量に\49.8kで販売されていて山積みになっていた。当時ThinkPad自体はほとんど興味はなかったが、IBM製と言うことでド素人ながら「すげぇIBM製かぁ」とだけ思っていたが、そんなIBM製ノートPCがこの値段と言うことでかなりぐらぐらきた。また同じ価格でRolandのSC-55mkII付ミュー次郎の中古が販売されていて、この両者で迷ったあげく将来性を考えてTP330Csは見送った経緯がある。
この時T-ZONEの別フロアにてTP230Csを見て、そのコンパクトさに驚き、来年くらいにはこれが欲しいなぁと思っていたのだった。

年が変わって95年の夏頃、世間でWindows95がチラホラと話題になってきた頃、インストールするPCも無いくせに一般に出回ったWindows95PPを入手したりしていた。
その時、職場の先輩が買ってきたのがTP530CS、一年前にT-ZONEで見かけたTP230Csの後継機種である。これを見て一目で虜になってしまった。このTP530CSはその後CPUをパワーアップし、Windows95プリインストールモデルとなったのである。
世間ではWindows95が発売になり大ブーム、パソコンをさわったこともない人までもがブームに踊らされ、Windows95だけ買ったなんて話もあった。そんなブームのまっただ中12月23日、晴れてThinkPadオーナーになったのであった。
それからはThinkPadとそのファミリーばかりである

一年少したってTP530CSの液晶バックライトが故障、修理が9万かかると言われ、9万も出すならと買い直したのがThinkPad535、530のコンセプトを引き継ぎ、より強力なスペックになったモデルである。530の液晶はその後部品調達し、自己修理。
535を使用して一年になろうかとする直前、これも液晶バックライトが故障。このときは保証期間内で無償修理を行った。

このころモバイラーの間たちで密かにブームを起こしていたPCがある。その名は「チャンドラ」IBMとリコーの合弁会社ライオスが開発したマシンである。実はTP220、230Csはライオス設計のマシン。つまりはIBMのThinkPadの200番台型番の正統な後継機種なのである。見た目も色が黒くないという事以外はThinkPadそのものである。当時IBM社内ではライオス以外の自社開発マシンと言うことで530CSが発売されており、その後継機種を自社開発の535とライオスのチャンドラが競い、ボディ筐体の堅牢製等で535が発売された経緯があり、チャンドラはThinkPadになれなかったThinkPadであり、なんとライオスは自社販売や他社へのOEM供給でこのチャンドラを発売、注文開始と同時に売り切れたりし、幻のノートPCとしてブームになっていたのである。
チャンドラはその後ボディ筐体は同じサイズで頑丈にし、CPUや液晶サイズ等、基本性能を大きくアップしたチャンドラ2(別名クラビウス)となり、更に多くの会社からOEM供給される事になる。見た目の色以外はほとんどThinkPadでありながらも、黒い筐体と赤ポッチを身にまとうことは許されず、ユーザーはせめてとトラックポイントキャップだけはとIBMの赤色に変更したり、筐体を自分で黒くしたり、他のマシンからはがしたIBMバッジをはりつけたりしていた人もいた。そして遂にIBMは535の後継機種としてチャンドラ2をTP235として発売したのである。ThinkPadになれなかったThinkPadがついにThinkPadとしてIBMロゴ、黒い筐体に赤いトラックポイントをまとい世に出たのである。スペック的には全く同じである他社のチャンドラ2と比較するとあまり値引きされていないにも関わらず、TP235はまたたくまに品薄となった。

さて535を使い続けてそれから更に一年少し経過した時にまたまた液晶トラブルが再発。
そこで今度も買い換えを考えることとした。IBMからは上記235とほぼ同じスペックで535の純粋な後継機種535Xが同時に発売になっていたが、すっかりチャンドラの虜になっていた私は535Xには目もくれず雨の中日本橋を走り回り、遂に235ユーザーになったのである。
さすがに2機種続けて液晶トラブルに見舞われているので、今回は保守拡張サービス(EMS)に入り合計3年間の保証を受けることとした。
EMSサービスは何度か利用することになり、システムボード交換、液晶交換などを行い元を取っている。
ちなみに535に関してはその後ハムフェアで535の上半身を\0.5kで入手し、無事復活させている。

TP235は実に使いやすいPCであった。もうどこに行くにも持ち歩いていた気がする。
OSもWindows98から98SE、ME、2000と使ってきたが、さすがにXPは実用に耐えない。そんな時、鞄ごと1.5m程の高さから落下させ、筐体が少し破損してしまった。
そこで独身最後の買い物として購入したのがX24である。X24も拡張保守サービスを契約し何度かシステムボードの交換を行ったりして丸々2年半使用してきた。

X24は今でも十分に実用になるスペックだと思うのだが、何とIBMがレノボにPC部門を売却してしまった。今後どんなThinkPadが登場するもんかわかったもんじゃない。そこで半年保証期間が残っているにもかかわらず、最後にIBMとしてのThinkPadとして購入したのが現在使用中のX31なのである。

こうして新品で購入したThinPadは5台になるが、実は中古やジャンクで入手しているものが更に何台か存在する。
まずはTP530CS、NIFTY SERVEのFIBMTP1フォーラムの会議室で「フロッピードライブが欲しかったのでジャンク扱いの530を入手した。本体は不要なので誰かいらない?」というのに名乗り出て頂いたもの。Am5x86にCPUを換装したモデルであった。Sさんありがとう。

TP760EL、A4ファイルサイズの大型マシン。母親がパソコンの勉強がしたいと言ったので中古を買ってきたもの。ふたを開けるとチルトアップするキーボードなど、さすがにThinkPad700番台を名乗るだけの豪華な造りであるが、何故か使用中に突然電源が落ちたりしだし、遂にHDDもいってしまったので、現在は本棚の肥やしになっている。

TP701Cs、ふたを開けるとキーボードが左右に広がり、フルサイズキーになる画期的マシンでニューヨーク近代美術館にも展示されているほど。ハムフェアでジャンク扱いを買ってきたものであるが、最近キーボードが調子悪くなり、こちらも本棚の肥やし状態。

TP220、今のモバイルPCの基礎やモバイルPCとしてのThinkPadの地位を築いた記念すべきモデル。マグネシウム合金のボディというとVAIOが有名であるが、実はTP220が始まりである。これはNIFTY SERVEのFPCUPRO 夢の島会議室で頂いたもの。液晶が少し漏れているのだが、それ以外は問題なく使用できる。

TP230Cs、220のユーザーからの意見を取り入れ、更にスペックアップを図り、発売当時Windows3.1搭載カラーノートPCとしては世界最小で登場したモデル。後述PC110と共にFIBMTP1の会議室での知り合いからの押し売りメール(と書いてあった)で譲ってもらったもので、CPUをDX2からAm5x86に載せ替えてある。先日動作チェックを行ったら電源が入らなくなってしまっていた。

PC110、95年に登場したA6サイズのAT互換機。220の約半分のサイズから110と命名。当時の宣伝からウルトラマンPCと呼ばれている。こちらもクロックアップとかRAM増設とか改造が施されている。

日立チャンドラ2、TP530CSを頂いたSさんに譲って頂いたもので、かなりの美品であった。266MHzまでクロックアップしてTP235と同スペックにしてある。おまけに赤キャップに交換、グレー筐体に赤キャップも結構いい。

TP560、ハムフェアのジャンク市で購入してきたもの。しばらくは動いていたのだが、いつの頃からか電源を入れてもうんともすんとも言わなくなってしまった。

日立チャンドラ、アキバのTAOにて大量にジャンク扱いで販売されているという情報を2ちゃんねるで入手して、東京出張の同僚に買ってきてもらったもの。銘板等も全てはがされて怪しいのであるが、NP-20J相当であった。

TP560Z、昨年地元ヤマダ電機の中古売り場にて入手したもの。ノートPC史上最高のできと言われるキーボードが搭載されており、確かに今までにあつかったどのPCよりもキーボードは打ちやすい。見た目は上記TP560とほとんど変わらないにもかかわらず、キータッチから何まで全く別物である。ちなみにキーボードなどの部品の流用も効かず、使い回せるのは電池ケースくらいである。ちなみにこいつのLANやPCカードスロット付拡張ポートリプリケータが欲しくて探してるんだけど、なかなか見つからず。誰か\2~3kくらいで譲ってくれる人いません?

それから実は明日か明後日に日立チャンドラ(PR210T)が一台我が家になってくる予定である。

« VMware Serverも無償公開 | トップページ | ThinkPadと世継ぎ問題 »

ThinkPad」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166122/8648109

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad遍歴:

« VMware Serverも無償公開 | トップページ | ThinkPadと世継ぎ問題 »

facebook

twitter

#XPERIAアンバサダー